(54)【考案の名称】左官用鏝板

(73)【実用新案権者】株式会社カネシカ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図6

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は漆喰、聚楽、珪藻土等の塗り壁材、モルタルあるいはパテなどの可塑化された材料(以下「壁材等」という)を塗る時に、専門職のみならず一般の人でも壁材等を鏝等の塗りつけ道具(以下「鏝等」という)で容易にすくうことを可能にする鏝板に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の鏝板は木、合成樹脂、金属の単一材料あるいはこれら材料の組み合わせによって形成されており、鏝板自体の強度・耐久性・軽量化あるいは壁材等の鏝板からの滑落防止に関する改良は成されているが、塗りつけ作業の容易性に関する改良は成されていなかった。
【0003】
【実用新案文献1】
実用新案登録3012024号
【実用新案文献2】
実用新案登録3128718号
【実用新案文献3】
実用新案登録3130769号
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
鏝等を用いて壁材等を例えば壁に塗りつける時には、鏝等の壁接触箇所と壁の間に壁材等を介在させて、前記壁材等を鏝等の壁接触箇所で軽く押し広げて塗りつける。
鏝等の壁接触箇所と壁の間に壁材等を介在させる方法として、鏝板の載置部に壁材等を載置し、鏝等の壁接触箇所で壁材等を軽く押さえつけながら、鏝等を手前から前方へ押し出しつつ、鏝等の壁接触箇所を上方へ向けることによって、鏝板から鏝等の壁接触箇所へ壁材等をすくい上げ、壁材等を壁に付着させる作業を行っている。
【0005】
近年、DIYの流行により一般の人が自ら壁材等を塗りつけて壁などを施工するケースが増加している。しかしながら、鏝等を手前から前方へ押し出しつつ、鏝等の壁接触箇所を上方へ向けて壁材等を鏝等の壁接触箇所にすくい上げる一連の動作は左官職人などの熟練した専門職にあっては容易であるが、鏝板の壁材等の載置部は平面形状のため、一般の人では壁材等をすくえず、鏝板の載置面から壁材等を落下させて周囲を汚したり、落下により壁材等を無駄にすることで施工コストの増に繋がっている。

【効果】

【0007】
鏝等を鏝板の載置部に沿わせて動かすだけで壁材等を鏝等の壁接触箇所にすくい上げる一連の動作を円滑にでき、一般の人でも容易に塗りつけ作業を行うことを可能にする。
【0008】
鏝板の載置部前端部を上方へ適宜の角度で折り曲げ、折り曲げた前端部(以下「折り曲げ部」という)終端が折り曲げ部始端より高くなるようにして、載置部の形態を、壁材等を鏝等の壁接触箇所にすくい上げる一連の動作を誘導する形態にする。
【0009】
通常のサイズの載置部に折り曲げ部を増設して大きなサイズの載置部にした場合、鏝板の重量が増加して作業性が悪化するので、通常のサイズの載置部前端部を上方へ適宜の角度で折り曲げることにより、鏝板の重量の増加を防ぐ。
【0010】
通常、壁材等は載置部中央に載置されるので、重量の配分をバランスよく保つために従来の鏝板の把持部は載置部下面中央に取り付けられている。本考案において折り曲げ部は壁材等をすくい上げる一連の動作を誘導する箇所であるので、折り曲げ部に壁材等が載置される状態は望ましくない。したがって壁材等は載置部中央から偏心した位置である平面箇所に載置されることになるので、重量配分をバランスよく保つために本考案では把持部を偏心した位置である平面箇所の下面中央に移設する。
【0011】
本考案を図において説明すると、図3および4に示すとおり、鏝板における載置部1の前端部2を上方へ適宜の角度で折り曲げ、折り曲げ部3の終端5が折り曲げ部3の始端4より高くなるようにするとともに、把持部6を偏心した位置である平面箇所の下面中央に移設する。
【0012】
図3において折り曲げ部は直線状であるが、別の実施例として図5に示すとおり、折り曲げ部を曲線状に折り曲げてあっても同様の効果が得られる。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】従来の鏝板の正面図である。
【図2】従来の鏝板の平面図である。
【図3】本考案の鏝板の正面図である。
【図4】本考案の鏝板の平面図である。
【図5】本考案の別の実施例を示す鏝板の平面図である。
【図6】本考案の鏝板の斜視図である。

【0014】
1 載置部
2 載置部1の前端部
3 折り曲げ部
4 折り曲げ部3の始端
5 折り曲げ部3の終端
6 把持部

(57)【要約】

【課題】壁材等を鏝等の塗りつけ道具で容易にすくうことができる鏝板を提供する。【解決手段】鏝板の載置部前端部を上方へ適宜の角度で折り曲げ、折り曲げ部終端が折り曲げ部始端より高くなる形態の載置部を有する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):