(54)【考案の名称】カレンダー

(73)【実用新案権者】日本テクノ株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図5

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、カレンダーに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来から、各月の日付情報などが印刷された複数のめくり面を有するカレンダーが存在している。当該カレンダーでは、上端部分で複数のめくり面が互いに連結されており、各めくり面の下端部分をつまんで一枚一枚めくることになる。
【0003】
また、上記のようなカレンダーを持ち運んだり、郵送したりする際には各めくり面がばらつかないようにカレンダー全体を丸めて筒型ケースに入れたり、そのまま封筒に入れたりすることが行われている。
【0004】
例えば、特許文献1においては、硬質性の紙製素材を筒状に一体形成してなる書類収納筒と、その一端若しくは両端に嵌め合わせられたキャップとからなる書類発送用具が開示されている。利用者は、当該書類発送用具本体の書類収納筒にカレンダー等を巻いて収納し、発送することになる。
【0005】

【効果】

【0008】
本考案によれば、複数のめくり面の開放端部が密着しているため、持ち運びの際などに開放端部がばらつくことがなく、筒や包装用紙、封筒などを必要としない。また、開放端部は引き剥がし可能なように密着しているため、ハサミなどを用いずに容易に、かつきれいにめくることが可能になる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】実施形態1のカレンダーの概要を示す図
【図2】各めくり面の表面に月単位の日付情報が印刷されたカレンダーの例を示した図
【図3】図2の状態からさらにカレンダーのめくり面をめくった状態を示す図
【図4】カレンダーの背面部が郵便用記載欄を有する構成の一例を示す図
【図5】実施形態2のカレンダーの概要を示す図
【図6】一のめくり面をカレンダー全体から分離した様子を示す図

【0010】
以下、本考案に係るカレンダーの実施形態について図面を参照しつつ説明する。各実施形態と各請求項の関係は以下の通りである。実施形態1は請求項1、4、5などに関する。また、実施形態2は請求項2、3などに関する。
【0011】
<<実施形態1>>
【0012】
<構成>
図1は、本実施形態のカレンダーの概要を示す図である。この図に示すように、本実施形態の「カレンダー」1は、複数の「めくり面」2を有するカレンダーであって、前記複数のめくり面の「下端部」21が引き剥がし可能なように密着していることを特徴とする。
【0013】
なお、「上端部」22においては複数のめくり面を連結した状態となっている。また、本明細書においてはめくり面の上端部、下端部、左端部、右端部とは、日付情報が印刷されている面を表面とした場合に上端、下端、左端、右端にくる部分のことをいう。
【0014】
ここで、複数のめくり面とは一枚一枚めくることが可能な面のことをいう。当該複数のめくり面は紙を素材とする構成が主として考えられるが、他のめくり面の端部と引き剥がし可能なように密着させることが可能なものであれば足りる。例えば、紙以外の部材として、ビニルや布などを用いることも考えられる。
【0015】
また、本明細書における「めくり面の開放端部」とはめくり操作を行う際に隣り合うめくり面と独立に動く端部のことをいう。また、「めくり面の連結端部」とはめくり操作を行う際に隣り合うめくり面と連結されたままの端部のことをいう。また、「めくり面の開放端部が引き剥がし可能である」とは、隣り合うめくり面の開放端部との密着状態を、ハサミなどの道具を使うことなしに、手によって解くことが可能であることをいう。
【0016】
一般的なカレンダーにおいては、開放端部は隣り合うめくり面とは密着していない。本実施形態のカレンダーにおいては、開放端部を引き剥がし可能なように隣り合うめくり面の開放端部と密着させる構成を有するため、カレンダーを持ち運んだり郵送したりする際に、複数のめくり面が勝手にめくれて折れてしまったり、汚れてしまったりすることを防ぐことが可能になる。
【0017】
ここで、複数のめくり面の開放端部を引き剥がし可能なように密着させる構成としては、例えば接着後も引き剥がし可能なアクリル樹脂エマルジョン接着剤・エーテル系セルロース接着剤・エチレン‐酢酸ビニル樹脂エマルジョン接着剤などを開放端部に塗布する。
【0018】
アクリル樹脂エマルジョン接着剤は、アクリル樹脂エマルジョンを主成分とする接着剤である。アクリル樹脂エマルジョン接着剤に用いられるアクリル酸エステルモノマーは再接着性をもたせることも可能であり、一のめくり面の開放端部を、隣り合うめくり面の開放端部から引き剥がした後に、再度密着させることが可能な構成とする場合に好適である。
【0019】
エーテル系セルロース接着剤は、エーテル系誘導体セルロースを主成分とする接着剤である。エーテル系誘導体セルロースとしては、例えばメチルセルロースやカルボキシメチルセルロースなどが挙げられる。エーテル系誘導体セルロースの水溶液は、塗布後硬化して弾力性のある皮膜を形成する。当該皮膜は、めくり面を引き剥がしていく際に切れて密着性が失われるため、再度の密着が必要のない場合に好適である。
【0020】
エチレン‐酢酸ビニル樹脂エマルジョン接着剤は、エチレンビニルアルコールと酢酸ビニルを供重合させた樹脂のエマルジョンを主成分とする接着剤である。当該接着剤は、耐水性や耐候性、耐アルカリ性を有し、接着速度にも優れるため本実施形態のカレンダーの接着剤として特に好適である。
【0021】
なお、その他の接着剤を用いることも当然に可能であり、各接着剤の接着強度等に応じて開放端部に塗布する量や幅を調整する。調整の目安としては、カレンダーの持ち運びや郵送の際にカレンダーのめくり面が勝手に引き剥がされてしまうことがなく、かつ、めくり面をめくる際に手によって密着状態を解くことが可能な程度とする。
【0022】
紙用として一般的に用いられている接着剤(アクリル樹脂エマルジョン接着剤・エーテル系セルロース接着剤・エチレン‐酢酸ビニル樹脂エマルジョン接着剤等)を使用する場合には、0.1〜5ミリ程度とすることが好ましい。塗布後に皮膜を形成するものに関しては、皮膜が開放端部の輪郭線に沿って形成される程度とすることが好ましい。
【0023】
複数のめくり面には、一般的なカレンダーと同様に、日単位又は週単位又は月単位のいずれかの日付情報が印刷されている。図2は、各めくり面の表面に月単位の日付情報が印刷されたカレンダーの例を示した図である。この図の例では、今月の日付情報の他に、前月と次月の日付情報がめくり面の余白に印刷されている。また、各めくり面の裏面には絵や写真などが印刷されている。
【0024】
また、所定のめくり面の開放端部と隣り合うめくり面の開放端部の密着構造(例えば、接着剤が硬化して形成される皮膜)は、他の複数のめくり面の開放端部同士の密着構造と独立した構成が好適である。図2の例の状態は、最初のめくり面2Aの下端部21Aを次のめくり面2Bの下端部21Bから引き剥がしてめくった状態であるが、めくり面2Bの下端部21Bとその他のめくり面の下端部は密着したままの状態となっている。よって、カレンダーを壁などにかける場合において、めくり面がばらついて折れてしまったり、汚れてしまったり、バタバタと音を立てたりすることを防ぐことが可能になる。
【0025】
図3は、図2の状態からさらにカレンダーのめくり面をめくった状態を示す図である。図3の状態にするために、めくり面2Bの下端部22Bをめくり面2Cの下端部21Cから引き剥がす。この図の例においては、めくり面2Bの裏面にはめくり面2Aと異なる絵や写真などが印刷されている。本実施形態のカレンダーでは各めくり面が当初密着している状態であるため、各めくり面の裏面に印刷された絵や写真などが汚れたり、傷が付いたりすることを防ぐことが可能であり、きれいな状態を維持しやすくなる。
【0026】
また、カレンダーの表紙部又は背面部が郵便用記載欄を有する構成とすることも可能である。図4は、カレンダーの背面部が郵便用記載欄を有する構成の一例を示す図である。この図の例では郵便用記載欄において、宛て先の住所及び氏名・名称、差出人・返還先の住所及び名称、カレンダーの発行元の住所及び名称、料金後納を示すスタンプが記載されているが、その他の記載とすることも当然に可能である。
【0027】
郵便用記載欄には、プリンターによって各記載を印刷することも可能であるし、記載付きのシールを付したりすることも可能である。また、手書きすることも当然に可能であり、記載の方法に関しては特に限定されるものではない。
【0028】
本実施形態のカレンダーは、複数のめくり面の開放端部が密着していることから郵送時において開放端部がばらつくことがないため、郵便用記載を加えることによってそのまま郵送することが可能になる。また、全体のサイズが所定以下であれば小冊子とみなすことも可能であり、小冊子用の郵送を行うことも可能になる。
【0029】
なお、上記の例では、引き剥がし可能なように密着している端部はめくり面の下端部のみであったが、この例に限定されるものではない。図1を用いて説明すると、めくり面の左端部23や右端部24も開放端部であり、当該部分も引き剥がし可能なように密着させておく構成が当然に可能である。当該構成とすることにより、めくられていない部分にゴミなどが入ってしまうことをさらに効率的に防ぐことが可能になる。
【0030】
また、上記の例では、めくり面の上端部が連結端部となっていたが、左右開きの場合はめくり面の左端部又は右端部が連結端部となるものであり、上記の例に限定されるものではない。
【0031】
<効果>
本考案によれば、複数のめくり面の開放端部が密着しているため、持ち運びの際などに開放端部がばらつくことがなく、筒や包装用紙、封筒などを必要としない。また、開放端部は引き剥がし可能なように密着しているため、ハサミなどを用いずに容易に、かつきれいにめくることが可能になる。
【0032】
<<実施形態2>>
【0033】
<構成>
図5は、本実施形態のカレンダーの概要を示す図である。この図に示すように、本実施形態の「カレンダー」1は基本的に実施形態1のカレンダーと同様であるが、各めくり面の開放端部(例えば、下端部21)だけでなく連結端部(例えば、上端部22)も引き剥がし可能なように密着していることを特徴とする。
【0034】
一般的なカレンダーでは各めくり面の連結端部は型紙や金具などの固定部材によって連結されており、一のめくり面をカレンダーから分離したい場合には、当該めくり面を連結部材を利用して切り離したり、ハサミなどで切ったりすることが多い。
【0035】
しかしながら、連結部材を利用して切り離したり、ハサミなどで切ったりすると真っ直ぐに切り取れなかったり、意図しない切り込みが複数入ったりする。また、めくり面の連結端部付近に切り取り線が入っている場合もあるが、当該切り取り線を利用して切り取ったとしても細かい切り欠きが発生してしまう。これらの場合、めくり面に描かれた絵や写真が気に入っていたとしても、そのまま捨ててしまうことが多かった。
【0036】
そこで、本実施形態のカレンダーにおいては、複数のめくり面の連結端部も引き剥がし可能なように密着させる構成とした。めくり面の連結端部も引き剥がし可能なように密着させることによって、カレンダーをめくる際にはめくり面を隣り合うめくり面から引き剥がせばよく、めくり面のきれいな状態が維持される。
【0037】
図6は、めくり面2Bの連結端部である上端部22Bを他のめくり面2A、2Cの連結端部である上端部22A、22Cから引き剥がしカレンダー全体から分離した様子を示す図である。本実施形態のカレンダーでは、上記の構成を複数のめくり面の連結端部も引き剥がし可能なように密着していることから、カレンダーと分離する際にめくり面に切り込みが入ったり、細かいスケールでジグザグ状になったりすることはない。
【0038】
よって、めくり面に描かれている絵や写真が気に入った場合などは、めくり面を引き剥がした後に壁に張ったり、大事に保管したりしやすくなる。
【0039】
ここで、複数のめくり面の連結端部も引き剥がし可能なように密着させるには、開放端部と同様に、接着後も引き剥がし可能なアクリル樹脂エマルジョン接着剤、エーテル系セルロース接着剤、エチレン‐酢酸ビニル樹脂エマルジョン接着剤、などの接着剤を連結端部に塗布する。
【0040】
なお、複数のめくり面の開放端部は連結端部よりも相対的に弱い強度で密着させることが好ましい。当該構成とすることによって、めくり面の開放端部を連結端部と比較して容易に引き剥がすことが可能になり、めくり面の開放端部を引き剥がす際に連結端部の一部が引き剥がされてしまう事態を防ぐことが可能になる。
【0041】
<効果>
本実施形態のカレンダーでは、めくり面の連結端部も引き剥がし可能なように密着しているため、カレンダーをめくる際にはめくり面をその下にあるめくり面から引き剥がせばよく、引き剥がされためくり面をきれいな状態で維持することができる。
【0042】
1…カレンダー、2…めくり面、21…下端部(開放端部)、22…上端部(連結端部)、23…左端部(開放端部)、24…右端部(開放端部)

(57)【要約】

【課題】複数のめくり面の開放端部が密着しているため、持ち運びの際などに開放端部がばらつくことがなく、筒や包装用紙、封筒などを必要としない。また、開放端部は引き剥がし可能なように密着しているため、ハサミなどを用いずに容易に、かつきれいにめくることが可能になるカレンダーを提供する。【解決手段】複数のめくり面2A、2B、2C等を有するカレンダー1において、前記複数のめくり面の開放端部21C等が引き剥がし可能なように密着させてカレンダーを構成する。さらに好ましくは、前記複数のめくり面の連結端部(例えば、上端部22A,22B,22C等)も引き剥がし可能なように密着する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):