(54)【考案の名称】情報誌構造および情報誌

(73)【実用新案権者】企業組合青森総合企画

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は情報誌構造および情報誌に係り、特に、飲食店や商品等の情報を掲載したクーポン券付きの情報誌において、宣伝効果の向上を実現可能な情報誌構造および情報誌に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
情報誌を持参した顧客は特定のサービスを受けられる旨の店舗情報が掲載された情報誌については、従来複数の技術的提案がなされている。たとえば後掲特許文献1は、クーポン券の受け渡しの手間を省いた効率的な顧客サービス提供を目的として、顧客が店舗からサービスを受ける場合に必要な固有情報が記憶された切り取り可能な非接触ICタグが設けられた情報誌の考案を開示している。
【0003】
また特許文献2は、街頭で配布する際に受渡ししやすいコンパクトな情報誌の提供を目的として、シートの表面と裏面とに数多くの主情報を掲載し、横方向と縦方向とに縦折り線と横折り線を入れて奇数行と奇数列の折り片を形成し、各折り線に沿って順次折り畳むことによって短冊状に折り畳まれた情報誌の考案を開示している。
【0004】

【効果】

【0014】
本考案の情報誌構造および情報誌は上述のように構成されるため、これによれば、飲食店や商品等の情報を掲載したクーポン券付きの情報誌において、コストを抑えつつ宣伝効果の向上を実現することができる。すなわち本考案によれば、情報誌に1度掲載された広告を、そのレイアウトの工夫によって、従来よりも長期間に亘って何度も手にして見てもらうことができ、1冊の情報誌への掲載のみによって、経済的に広告・宣伝効果を高めることができる。
【0015】
さらに、版のサイズを小さくした本考案情報誌によれば、通常のハンドバッグ等に収納して携行してもらうことができるため、1度閲覧された情報誌がその後は放置されてしまう可能性を低くし、それによって情報誌に1度掲載された広告を、従来よりも長期間に亘って何度も手にして見てもらうことができ、1冊の情報誌への掲載のみによって、経済的に広告・宣伝効果を高めることができる。
【0016】
また本考案の情報誌構造および情報誌によれば、利用者がクーポン券を利用する場合にはさみを用いて切り取るのではなくミシン目に沿って切ればよいため、便利である。しかも版のサイズを小さくした本考案情報誌の場合には、ハンドバッグ等に収納して携行してもらえる可能性が高いため、サービス提供を受ける店舗にこれを携行し、その場でクーポン券を手で切り取って使用することができるため、利便性は一層高い。したがって、広告効果を一層高めることができる。
【図面の簡単な説明】
【0017】
【図1】本考案の情報誌構造の基本構成を示す、開いた状態での説明図である。
【図2】本考案の情報誌構造の別の構成を示す、開いた状態での説明図である。
【図3】本考案の情報誌構造のまた別の構成を示す、開いた状態での説明図である。
【図4】本考案の情報誌構造のまた別の構成を示す、開いた状態での説明図である。
【図5】券用シートの表裏面にクーポン券部を設けた情報誌構造のページ構成を示す説明図である。

【0018】
以下、図面により本考案を詳細に説明する。
図1は、本考案の情報誌構造の基本構成を示す、開いた状態での説明図である。図示するように本情報誌構造10は、広告情報とこれに対応する一もしくは二以上のクーポン券との組が複数組掲載された情報誌におけるものである。そして情報誌構造10は、複数のシート1A、1B、・・・等が綴じられて構成されており、クーポン券として機能するクーポン券部2の設けられた券用シート4A等が一または二以上あり、さらに券用シート4A等には、クーポン券部2と隣接して本情報誌の綴じ部9側に、クーポン券部2に対応する広告情報の記載された広告領域5が設けられており、そして、券用シート4A等からクーポン券部2を容易に分離できるように境界がミシン目3にて形成されていることを、主たる構成とする。
【0019】
かかる構成により本情報誌構造10においては、クーポン券部2の設けられた券用シート4A等に、クーポン券部2と隣接してこれに対応する広告情報の記載された広告領域5が設けられているため、相互に対応する広告内容およびサービス内容を一目瞭然に照合しやすい。つまり、ページをめくって広告内容とクーポン券にかかるサービス内容を照合する必要がないため、広告・宣伝およびサービスの内容を極めて明確に把握することができる。このことは、利用者(読者)にとって閲覧しやすく、利便性が高いため、利用者による繰り返し閲覧を促し、広告効果を高めることができる。
【0020】
さらに本情報誌構造10においては、クーポン券部2の境界がミシン目3にて形成されているため、はさみなどを用いることなく、券用シート4A等からクーポン券部2を手で容易に分離することができる。さらに、クーポン券部2は広告領域5と隣接しているため、クーポン券部2が分離された後には使用済みであることを示す空間が形成され、利用者は、いかなる広告・サービス情報について自分が既にクーポン券を使用したのかを、一目瞭然に知ることができる。
【0021】
図2は、本考案の情報誌構造の別の構成を示す、開いた状態での説明図である。図示するように本情報誌構造210は、クーポン券部221A、222A等の設けられたページP2A、およびこれに見開きで隣接するページP2Bに亘って、クーポン券部221A等に対応する広告領域251A、251B等が設けられるというレイアウト構成が、全情報誌構造210中の少なくとも一箇所以上において存在することを、主たる構成とする。
【0022】
つまり本情報誌構造210においては、見開き2ページのレイアウトが、情報誌中の少なくとも一箇所以上において、一方ページの端部にクーポン券部221A等が設けられるとともに、そこから他方ページの反対端部方向に向かって、クーポン券部221A等に対応する広告領域251A、251B等が設けられるため、クーポン券のサービス内容に対応する広告情報を、情報量多く掲載することができる。かかる構成は、実質的に全情報誌構造210の全ての見開きレイアウトに設けられてもよいし、また一部において設けられてもよい。
【0023】
図2に示すように本情報誌構造210は、券用シート24A等に、広告領域251A等に記載された広告情報、およびこれに対応する一もしくは二以上のクーポン券部221A等とからなる組が、複数組設けられたレイアウト構成とすることができる。なお図の例では、シート24Bの裏面ページには、別のクーポン券部22Bがミシン目23Bにより画されて設けられている構成である。
【0024】
図の例では、(広告領域,クーポン券部,クーポン券の数)の組として、(251A,221A,3)、(252A,222A,3)などである。1つの広告領域に対するクーポン券部の数は、図の例に関わらず、限定されない(これについては、後掲図5も参照)。
【0025】
かかる構成により、1つの広告情報に対して利用者が繰り返し特定のサービスを利用したい場合への対応が可能であり、そのことは、情報誌をそれだけ長い期間機能させられることにつながり、広告効果の向上を図ることができる。
【0026】
一方、組が1ページあたりでは1つのみとしてもでもよい。たとえば、
図3は、本考案の情報誌構造のまた別の構成を示す、開いた状態での説明図である。図示するように、(広告領域,クーポン券部,クーポン券の数)の組として、(35,32,4)の一組のみを設ける構成としてもよい。
【0027】
図4は、本考案の情報誌構造のまた別の構成を示す、開いた状態での説明図である。 図示するように、情報誌構造410中の少なくとも一箇所以上において、見開いた両ページのそれぞれに、クーポン券部421、423、427、・・・等が設けられた構成としてもよい。つまり図の例では、両ページの見開き状態においてその両端部に、クーポン券部421、427、・・・が存在するレイアウトとなる。すなわち、綴じ部49を軸とする線対称のレイアウトを呈し、特徴的な外観を有する情報誌を提供することができる。
【0028】
図5は、券用シートの表裏面にクーポン券部を設けた情報誌構造のページ構成を示す説明図である。図示するように本情報誌構造510は、一または二以上の券用シート54A等において、その一方ページP5fに設けられたクーポン券部521等の裏側のページP5rには、別のクーポン券として機能するクーポン券部525等が形成されたものであることを、特徴的な構成とするものである。
【0029】
つまり本情報誌構造510においては、ページP5fに設けられたクーポン券部521等の裏側のページP5rには別のクーポン券として機能するクーポン券部525等が形成されているというレイアウト構成の券用シート54A等が、全情報誌中に一または二以上設けられる。
【0030】
かかる構成により、1のページP5fに設けられた1つのクーポン券をクーポン券部521等から切り取ったとしても、その裏面のページP5rにおける広告領域などの情報記載領域を切り取ってしまうことがない。切り取られるのは、その裏面ページP5rにおけるクーポン券部525等だけである。
【0031】
すなわち、かかる構成の情報誌構造510は、広告領域551等における広告情報が、クーポン券の切り取りによっても損なわれないで残存するようにすることができる。これにより、クーポン券の切り取り使用によって情報の一部が損なわれてしまう場合と比較して、情報は切り取り前の状態のままで保存されるため、情報誌が利用者によってより長期に保持されやすくなり、広告効果を高めることができる。
【0032】
なお、本情報誌構造は、券用シートに隣接するシートにはクーポン券部が設けられていない構成とすることもできる。かかる構成とすることにより、全情報誌中のクーポン券部の量は少なくなるが、逆に広告領域など情報記載領域をより多く設けることができる。したがって、クーポン券と比較して広告情報により多くの誌面を充てたい場合に、かかるレイアウト構成はより有意義である。
【0033】
以上述べたいずれかの情報誌構造を備えた情報誌もまた、本考案の範囲内である。特に、版のサイズが20cm×15cm以下の情報誌とした場合は、通常のハンドバッグに十分に収納可能であるため、利用者に本情報誌を常時携帯してもらいやすくなり、一層広告効果を高めることができる。
【0034】
また、敢えて目次のページを設けない構成の情報誌としてもよい。目次を設けた場合、利用者は通常、目次を見て、自分に不要なページは飛ばして必要なページに即アクセスしてしまう行動をとる。
【0035】
しかし、本例の考案のように敢えて目次を設けないと、利用者は自分に必要なページを探す過程で、自分にとって必要ではなかったページをも見ることになり、それが新たに注意を喚起し、新たなニーズを掘り起こし、購買意欲やサービス利用意欲を惹起することになる。そうすると、情報誌全体として広告効果を一層高めることができる。
【0036】
なお、いくつかの図面を用いつつ本考案を説明したが、ここで説明した以外の情報誌構造および情報誌の具体的な体裁は、一切限定されない。すなわち、以上説明した各考案のいずれかの構成を備えるものである限り、本考案の範囲内である。
【0037】
以下、一情報誌の企画例を本考案の実施例として説明するが、本考案がこれに限定されるものではない。
<企画例 お店の紹介や広告とクーポン券を1冊にまとめた、使うためのマガジン>
1.企画の方針
お店のコンセプトや企画、メニュー、金額等の情報を、多くの方に知っていただき、認知度を高めること。これが、広告効果の根幹をなすものである。
【0038】
2.企画した情報誌の特長
〔1〕1回掲載された広告を、いかに多くの方に、長期間に亘って、何度も手にしてもらい、目にしてもらえるかを追求した、新規な広告媒体である。
〔2〕それにより、広告主にとっては経費を抑えた、経済的な戦略が可能となる。つまり、宣伝効果抜群な、画期的な広告媒体である。
〔3〕2ヶ月に1度発行することとし、1回の広告掲載で2ヶ月に及ぶ長期に持続するCM効果を得ることのできる広告媒体である。
【0039】
3.クーポンマガジンという体裁による、3つの主なねらい
〔1〕クーポン券を利用して、利用者の来店を誘引する。
〔2〕広告(お店の紹介、イベント案内等の情報記載)により周知・認知を図り、利用者の来店を誘引する。
〔3〕掲載された広告が何度も目に触れることにより、利用者におけるサブリミナル効果を高める。
【0040】
4.基本構成と効果
これらのねらいを実現するためには、利用者がいつでもどこでも使うことができること、すなわち、持ち歩いてもらえるようなマガジン(情報誌)の構成が必要である。
そこで、マガジンは以下の構成を全て、または少なくとも一部、備えることとする。
【0041】
<A>クーポンと広告を1冊にまとめ、いつも持ち歩けるようにするために、ハンドバッグに収容可能なサイズとする。
<B>クーポン券は、はさみを使わずに、サービスを受けるその場ですぐに切り取って使えるようにするために、ミシン目入りの構成とする。
<C>2ヶ月間に亘って広告を目にする機会を得られるためのレイアウトの工夫を行う。すなわち、一例として、見開き2ページを使い、「クーポン券部+広告領域」をセットにして、これを横長にレイアウトする。
【0042】
<D>敢えて目次を設けない構成とする。
<E>一方、各ページに、サービス・商品分野別のタブを設ける。例.「たべる」(飲食店・飲食品情報)、「みがく」(美容・教養・スキルアップ)、「たのしむ」(旅行・カラオケ・遊技・スポーツ・レジャー)、「CM」(詳細な宣伝・広告)、「はたらく」(人材派遣・紹介)、「提示用」(切り取らず、提示によってサービスを受けられる欄)、など。
【0043】
特に、<B>や<C>を必須とし、加えて<A>をも備えた構成を主とすることが望ましい。さらに<D>や<E>を付加できる。これらの構成を備えることにより、利用者が広告を手にし、目にするチャンスを大幅に拡大することができる。
【0044】
5.活用例
関連するWebページに、本マガジンの内容をそのまま掲載する。これにより、紙媒体とインターネット媒体の両面から、相乗効果を得つつ、アピールすることが可能となる。特に、紙媒体を得られなかった利用者にWebページを見てもらえることで、周知・認知のチャンスが拡大する。
【0045】
さらに、広告掲載するお店のチラシ・リーフレット・ポスター等も、マガジン誌面に掲載期間中については無料で、Webページ上に掲載可能とすればよい。これにより、制作したチラシ等の2次活用を図って、より多くの人や広いエリアに広告情報を発信することが可能となる。
【産業上の利用可能性】
【0046】
本考案の情報誌構造および情報誌によれば、コストを抑えつつ宣伝効果の向上を実現することができる。さらに、版のサイズを小さくした本考案情報誌によれば、1度掲載された広告をより長期間に亘って何度も手にして見てもらうことができ、1冊の情報誌への掲載のみによって経済的に広告・宣伝効果を高めることができる。
【0047】
また本考案の情報誌構造および情報誌によれば、クーポン券を利用する場合にはさみを用いずにミシン目に沿って切ればよいため、便利である。つまり、サービス提供を受ける店に本情報誌を携行し、その場でクーポン券を手で切り取って使用することができ、利便性が高い。したがって、宣伝広告を行う全ての業種および広告代理業の分野において、特に産業上利用性が高い考案である。
【0048】
10、210、310、410、510…情報誌構造
1A、1B、1C、1D、1E、24B、31A、31B、31D、31E…シート
2、221A、222A、22B、32、421、423、426、427、429、521、523、525、526、528…クーポン券部
4A、24A、34A、54A…券用シート
9、29、39、49…綴じ部
5、251A、251B、252A、252B、35、451、453、456、457、459、551、553、555、556、558…広告領域
3、23、23B、33、53…ミシン目
P2A、P2B、P5f、P5r…ページ










(57)【要約】

【課題】コストを抑えつつ宣伝効果の向上を実現可能な、クーポン券付きの情報誌構造および情報誌を提供する。【解決手段】広告情報とこれに対応する一もしくは二以上のクーポン券との組が複数組掲載された情報誌における情報誌構造10は、複数のシート1A、1B、・・・等が綴じられており、クーポン券として機能するクーポン券部2の設けられた券用シート4A等が一または二以上あり、さらに券用シート4A等には、クーポン券部2と隣接して本情報誌の綴じ部9側に、クーポン券部2に対応する広告情報の記載された広告領域5が設けられており、そして、券用シート4A等からクーポン券部2を容易に分離できるように境界がミシン目3にて形成されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):