(54)【考案の名称】振動美容マッサージローラー

(73)【実用新案権者】株式会社BYC

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ローラー部を、顔などのマッサージ対象領域に当てた状態で振動させると共に、回転させるようにした、振動美容マッサージローラーに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、手の力のみに頼りローラー部を回転させ顔などのマッサージをおこなうローラーが提案されている。また、特許文献1のように、六つの壁面に半導体の粒が突出するように設けられたマッサージローラーが提案されている。
【0003】

【効果】

【0018】
以上のように本考案は、マッサージ効果の高い顔の振動美容マッサージローラーを提供することが出来たものである。
【図面の簡単な説明】
【0019】
【図1】本実施形態における顔の振動美容マッサージローラーの分解斜視図である。
【図2】同マッサージローラーのローラー部の斜視図である。
【図3】同マッサージローラーの斜視図である。

【0020】
以下、本考案の一実施の形態について、図を参照しつつ説明する。本実施形態における美容マッサージローラーは、図1、図3に示すように、ローラー部2と、把持部10と、前記ローラー部2と把持部10との間に設けられた接続部6とを備える。把持部10と接続部と6は、電導材料で製造されており、これらを互いにつなげることによって、振動装置を作動させるための、スイッチ回路を含む電気回路が機能する。
【0021】
振動装置は、スイッチ外部13、スプリング12、スイッチ11、電池ケース15、電極9、振動モーター3を備える。電池ケース15は、電導材料で製造した把持部10の中に設置され、電極9の上方には、この電極9の絶縁カバー8が被せられている。振動モーター3の外には、電導材料で製造した、振動モーター固定用のカバー4を被せる。この振動モーター固定用のカバー4の縮小径部分は、接続部6の中に挿入され安定的に接続される。振動モーター3には二つの電源コードがある。振動モーター3の陽極電源コードは振動モーター固定カバー4に固定され、陰極電源コードは振動モーター固定カバー4と接続部6を通過させ電極9に接続する。ローラー部2は、振動モーター固定用のカバー4の外側に被せられる。このローラー部2を、振動モーター固定用のカバー4にしっかり被せることによって、振動モーター固定用のカバー4からの振動を、ローラー部2が接収することができるようになる。
【0022】
上記振動装置には、電導材料で製造したスイッチカバー14も含まれるものである。このスイッチカバー14の中に、前記のスイッチ外部13、スプリング12、スイッチ11が設置される。スイッチ外部13は、図1の左側からスイッチカバー14の内部に挿入され、スイッチ外部13の端部(図1の右端側)における円弧型の部分が、スイッチカバー14の端部の開口から露出した状態で、固定される。
【0023】
振動装置の振動を開始する際、スイッチ外部13を押し始めると、スプリング12が押されて圧縮され、更にスイッチ11が押されることにより、スイッチ11にて開始と停止とをすることが出来る。スイッチ外部13の押圧を止めると、スプリング12はその弾性によって元の状態に戻り、スイッチ外部13を図1の右側に押して最初の位置まで回復する。スプリング12は電池カバー15を固定させる効果もある。電池15を把持部10に入れた後、スプリング12はスイッチ11を押圧した状態で電池カバー15の陽極とつながり、電池カバー15を固定する。このスイッチ外部14は、把持部10と接続固定されている。
【0024】
電極のアウターカバー7は、一端が把持部10とつながり、もう一端は接続部6と接続固定される。電極9と電極の絶縁カバー8とは、電極のアウターカバー7の中に設置固定される。把持部10から電極のアウターカバー7を取り外すことにより、電池の入れ替えを行なうことが出来る。
【0025】
ベアリング5は、ベアリング5の内側に接続部6をつなげ、ベアリング5の外側はローラー部2とつながり、ベアリング5を通じてローラー部2が接続部6の上を回転自在な状態を保持する。
【0026】
スイッチ外部13を押し、スプリング12がスイッチ11を押圧し、スイッチ11と電池15とが接触して電気回路がつながる。電気回路は、電池カバー15の陽極、スイッチ11、スイッチ外部14、把持部10、電極のアウターカバー7、接続部6、振動モーター固定カバー4、振動モーター3の陽極、振動モーター3、振動モーター3の陰極、電極9、電池カバー15の陰極からなる回路によって、電気を伝える。この電気回路がつながることにより、振動モーター3が振動し、振動モーター固定カバー4に振動を伝えることで、ローラー部2に振動が伝達される。
【0027】
ローラー部2には、互いに重なり合う八角リング21が9つ設置されている。八角リング21は、8つの側面を備えた角柱であり、一つの八角リング21の側面は、一つ置きに配置された八角リング21の側面と並行(図2の例では、上から1番、3番、5番、7番、9番の八角リング21の側面同士は並行)であり、他の八角リング22の側面は、一つ置きの八角リング22の側面と並行(図2の例では、上から2番、4番、6番、8番の八角リング22の側面同士は並行)である。言い換えると、ローラー部2は、軸方向に複数個配列された八角リング21、22を備え、各八角リング21、22は、8つの側面を備えた角柱であり、軸方向に奇数番目の八角リング21同士の側面は互いに並行であり、軸方向に偶数番目の八角リング22同士の側面は互いに並行であり、隣合う八角リング21、22の側面同士は並行ではない。そして、隣り合う2つの八角リング21と八角リング22とは、互いに入り組んで配置され、全ての八角リングが隣り合っている夾角は22.5°です。これにより、従来のマッサージローラーと比較して、接触する面と点が増加し、高いマッサージ効率と同時に振動感を与えることができるものである。
【0028】
従来、医療手術器械は、人体に植える人工装置など、すべて純チタンで製作しなければならない。それは、純チタンはとても強い腐食に抵抗能力があり、最も肌に影響を及ぼさない金属という性質を持っているためである。本実施形態に係るローラーにおいて、肌に接触する部分のローラー部2は、純チタンで製作しており、手作業で光沢加工磨き上げをおこない、把持部10と接続部6はステンレスで製作し、これも手作業で光沢加工磨き上げを採用している。ローラー部にはメッキ成分を含まず、他の材料が覆っていないため、人体に有害ないかなる成分も含まれておらず、金属アレルギー(アレルギー性接触皮膚炎)を起こしにくいメリットがある。
【0029】
振動モーター3の上部にはラウンドヘッド1が設けられ、ラウンドヘッド1の上部にはゲルマニウム半導体16が一つ設けられている。このゲルマニウム半導体16は、マイナスイオン放出による高いマッサージ効果により皮膚が滑らかになるという作用効果を発揮するものである。
【0030】
また、顔面に当て往復回転させているだけで、先端部も顔面に沿って自然に移動するので、顔面の広い範囲に亘って効果的にマッサージすることが出来る。さらに、顔面だけではなく広い範囲を対象につぼ押しにも、マイナスイオンによるマッサージ効果を得ることが可能になる。
【0031】
上述から、本考案は顔面に沿ってローリングすることにより、適度な強さの押圧力が皮膚面に作用することにより、マッサージ効果が発揮され、美顔実現のために有用なものである。
【0032】
尚、本考案は上述した最良の形態に限定される物ではなく、実用新案登録請求の範囲内において様々な態様が可能である。
【0033】
1 ラウンドヘッド
2 ローラー部
3 振動モーター
4 振動モーター固定カバー
5 ベアリング
6 接続部
7 電極のアウター
8 電極の絶縁カバー
9 電極
10 把持部
11 スイッチ
12 スプリング
13 スイッチ外部
14 スイッチカバー
15 電池カバー
16 ゲルマニウム半導体
21 八角リング
22 八角リング

(57)【要約】

【課題】マッサージ効果が高く、肌に優しい、顔の振動美容マッサージローラーを提供する。【解決手段】マッサージローラーは、肌に接触するローラー部2を純チタン製金属で成形し、八角形のリングを互い違いに並べた形状とし、その凹凸の構造を複雑にすることでローラー部2の打撃面積を増大するような構成とした。ラウンドヘッド1の上部にはゲルマニウミ半導体を一つ備える。ローラー部2を回転自在な状態にするためベアリング5を備える。振動装置を一体として取り付けることにより、振動した状態でローラー部2は回転可能である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):