(54)【考案の名称】多機能のはがき構造

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、はがき封筒の分野に関し、特に図案を交換でき、かつしおりを有していて、写真立てとして使用可能な多機能のはがき構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
はがきは、視覚(平面)によって観賞、収蔵および文書の書き込みを提供し、封筒に入れるが必要なく、郵便局で郵送可能な郵便物である。その長所は、切手を貼り付ける手間を省き、新たな封筒を用意する必要がないことである。しかし、欠点としては、書き込みスペースが小さく、プライバシーに欠けることであるため、大半の人はプライバシーに関わらない内容を書くことになる。通常は、簡単な言葉で親戚、友人に連絡をする通信手段として使用されている。
【0003】
図1に示した、一般のはがきの構造態様図を参照して説明する。同図に示すように、はがき1は、紙部材からなる片状の構造体である。表面と裏面2つの面を有し、表面は、封筒の格式で印刷した書き込み領域11であり、裏面は内容を書き入れる空白領域12である。はがき1は、内容を書き込み空白領域12と、景色の写真、動物、植物またはアニメションのいずれかの図案13と結合し、図案13は直接空白領域12に印刷していて、視覚観賞と保存価値を向上できる。これにより、はがき1を使用するときには、通常は、空白領域12および図案13を印刷した片側に簡単な言葉を書き込んで親戚や友人に送ってその内容を共有する。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
しかし、相手側がはがき1を入手したとき、印刷された図案13を観賞した後、保管して置く場合がある。そこで、良い収納手段がなければ、後日もう一度見たいときに、時間をかけて、はがき一枚ごとに探すことになり、極めて不便である。
一般のはがき1は、機能面または用途面とも単調無味であることから、改善の余地がある。
【0005】
出願人はこの点を鑑みて、はがき構造を封筒に利用し、片面は文字の書き込み領域を形成し、郵便物を発送するときの情報を記入できる多機能のはがき構造を提供するものである。
はがきの内部は少なくとも一つの封入物を収容できる。かつ封入物上は、図案領域を設置していて、同時に複数枚の封入物を収容できるほか、高速交換の効果を有し、さまざまな視覚観賞(立体)効果を有する。
さらに、本考案のはがきはさらに、折り畳み収納可能なスタンドを設置しており、はがきと封入物を結合して、写真立てとして利用できる。
このほか、封入物の図案領域に対応して、しおりを設置しており、本考案の機能性と実用性を大幅に向上できる。

(57)【要約】

【課題】使用するときの観賞効果と心境の変化を改変できて、しおりを具備して、使用するときの実用性を向上できる多機能のはがき構造を提供する。【解決手段】透明シート部材、第1シート部材、第2シート部材と、封入物と、を備える。透明シート部材は、矩形のシート構造体を形成していて、4つの辺部を有し、任意の連続する3つの辺部は、それぞれ折り返し部に連接する。第1シート部材は、該折り返し部の同じ側に貼り合わせて、該透明シート部材と、該第1シート部材との間は、収容空間を形成する。第2シート部材は、該折り返し部のもう一つ側に貼り合わせて、折り返し部は第2シート部材と第2シート部材との間によって覆われる。封入物は、収容空間に内設していて、収容物の一面は図案領域を有し、図案領域は透明シート部材を介して、直接に視認できる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):