(54)【考案の名称】太陽光発電装置

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】有限会社オフィスイフ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は太陽光発電装置に関し、より詳しくは複数本のパネルユニット架設用支柱間に上下方向に所定の間隔を介して複数段の太陽光発電パネルユニットを架設してなる太陽光発電装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
近年、太陽の光エネルギーを利用した太陽光発電は、エコロジーの一環として、世界各国で利用が進められており、未来のエネルギーとしての期待も大きい。今後、太陽光発電パネル自体の改良も進むと思われ、ますます重要性が増すことが見込まれている。しかし、我国でもエコロジーはもとよりCOの排出削減を目標に国も補助金等を拠出して太陽光発電装置の普及を推進しているが、伸び悩んでいるのが現状である。その理由として、費用も一因であるが、太陽光発電装置の設置場所の問題が原因で設置が不可能となっている場合も多いと思われる。
【0003】
太陽光発電装置の設置場所としては、新設または既設の建物の屋根や壁面が一般的に考えられるが、新設または既設の建物の屋根や壁面がすべて一番効率のいい南面を向いていることは現実として多くはなく、また設置スペースの限界もある。また、既設の建物の屋根や壁面であれば、その耐久性において考慮を必要として、下地等の補強が必要になってくる場合があるとともに、雨漏り等を含めたメンテナンスも考えなくてはならない。
【0004】
そこで、複数本のパネルユニット架設用支柱間に上下方向に所定の間隔を介して複数段の太陽光発電パネルユニットを架設してなる太陽光発電装置が提案されている(例えば、特許文献1の図2,図3,図5,図6,図8および図9ならびにそれらの詳細な説明を参照)。このような従来の太陽光発電装置は、設置スペースの限られた設置場所に設置することができるので、広大な敷地を必要とせず、狭い敷地でも効率よく大容量の太陽光発電を行うことができるという利点がある。また、新設または既設の建物の屋根や壁面に取り付けるのではなく、独立して設置するため、屋根や壁面に取り付けた場合と違い、雨漏り、構造補強等の心配がないという利点がある。さらに、太陽光発電パネルユニットの取付後の修理や保守が容易であるとともに、機能アップした太陽光発電パネルが発売されたときに太陽光発電パネル自体の交換も可能であるという利点がある。
【0005】

【効果】

【0013】
請求項1記載の太陽光発電装置によれば、複数本のパネルユニット架設用支柱を地面に対してほぼ垂直な仮想平面をなすようにそれぞれ立設し、複数本のパネルユニット架設用支柱間に上下方向に所定の間隔を介して太陽光発電パネルユニットを複数段に架設した太陽光発電装置において、水平線に対して太陽光発電パネルユニットの設置傾斜角度だけ傾いた傾斜辺部,傾斜辺部の上端部から垂下するように延出された垂直辺部,および垂直辺部の下端部と傾斜辺部の下端部とを繋ぐ支持辺部とからなる三角形状に形成され、各パネルユニット架設用支柱に複数段の各段位置に対応するように取り付けられたパネルユニット設置用三角金具と、複数本のパネルユニット架設用支柱の同じ段位置に取り付けられたパネルユニット設置用三角金具の傾斜辺部間に架設された複数段の太陽光発電パネルユニットとを有することにより、複数本のパネルユニット架設用支柱間に下パネルユニット受け部材および上パネルユニット受け部材を架設する必要がなくなるので、太陽光発電装置の小型軽量化を図ることができるという効果がある。
【0014】
請求項2記載の太陽光発電装置によれば、パネルユニット設置用三角金具が、垂直辺部の上端寄りを1枚の締付バンド,4本の傾斜端面ボルトおよび2本の締付ボルトによってパネルユニット架設用支柱に締着され、垂直辺部の下端寄りを1枚の締付バンド,4本の傾斜端面ボルトおよび2本の締付ボルトによってパネルユニット架設用支柱に締着されているので、パネルユニット設置用三角金具がパネルユニット架設用支柱にしっかりと固定され、容易に離脱することはないという効果がある。
【0015】
請求項3記載の太陽光発電装置によれば、複数本のパネルユニット架設用支柱間に頭繋ぎロッドが架設されているので、複数本のパネルユニット架設用支柱を一体化して、強風時等に複数本のパネルユニット架設用支柱が互いに異なる方向に揺れて、複数本のパネルユニット架設用支柱間に架設された太陽光発電パネルユニットが外れたり、破壊されたりすることを防止することができる。
【0016】
請求項4記載の太陽光発電装置によれば、パネルユニット架設用支柱が、その基端部を地中に埋設された基礎ブロックの支持筒部内に挿入されて固定されたコンクリート柱でなるので、太陽光発電パネルユニットを十分な強度で支えることができる。
【0017】
請求項5記載の太陽光発電装置によれば、パネルユニット架設用支柱が、その基端部を地面に載置された基礎ブロックに螺子で固定された鋼管柱でなるので、設置場所の日照条件等の変化に応じて比較的容易に太陽光発電パネルユニットの設置方位角度や設置場所を変更することが可能になる。

(57)【要約】

【課題】小型軽量化された太陽光発電装置を提供する。【解決手段】複数本のパネルユニット架設用支柱Sを地面GLに対してほぼ垂直な仮想平面をなすようにそれぞれ立設し、複数本のパネルユニット架設用支柱S間に上下方向に所定の間隔を介して太陽光発電パネルユニットPUを複数段に架設する。水平線に対して太陽光発電パネルユニットPUの設置傾斜角度だけ傾いた傾斜辺部,傾斜辺部の上端部から垂下するように延出された垂直辺部,および垂直辺部の下端部と傾斜辺部の下端部とを繋ぐ支持辺部とからなる三角形状に形成され、各パネルユニット架設用支柱Sに複数段の各段位置に対応するように取り付けられたパネルユニット設置用三角金具Tと、複数本のパネルユニット架設用支柱Sの同じ段位置に取り付けられたパネルユニット設置用三角金具Tの傾斜辺部間に架設された複数段の太陽光発電パネルユニットPUとを有する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):