(54)【考案の名称】太陽光発電組立体

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】タイコ エレクトロニクス (シャンハイ) カンパニー リミテッド

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽光電気エネルギー発電技術の分野に関し、特に太陽光発電組立体に関する。

【従来の技術】

【0002】
太陽光エネルギーは一種の再生可能エネルギーである。太陽エネルギーが電気エネルギーに変換される太陽エネルギー変換技術は、エネルギーの節約及び環境汚染の低減等の多くの利点を有する。このため、太陽エネルギー変換技術には人々が大いに関心を寄せている。また、この技術は、電源に対する需要をある程度まで軽減することに寄与する。太陽光電気エネルギー発電技術は、太陽光発電効果の原理に基づきソーラーパネルを使用して太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換する技術である。太陽光発電組立体の基本要素は、太陽薄膜電池等の太陽電池である。ソーラーパネルは通常、互いに連結された複数の太陽電池を具備する。太陽光発電組立体用の接続箱は、これらソーラーパネルを相互接続するために使用される。
【0003】

(57)【要約】

【課題】ソーラーパネル間の接続に影響を与えることなく、低コストで維持管理が容易な太陽光発電組立体を提供する。【解決手段】太陽光発電組立体は、互いに隣接して配置された第1及び第2のソーラーパネルA,Bと、複数の第1及び第2の接続箱1,2の組とを少なくとも具備する。少なくとも1組の第1及び第2の接続箱は、第1及び第2のソーラーパネルの各々に配置される。各接続箱は、ダイオードと、ダイオードに接続された電気接続体と、電気接続体とそれぞれスプライス接続されると共に第1ソーラーパネル上の太陽電池の正極及び負極にそれぞれ接続するよう構成された薄片とを少なくとも具備する。第2接続箱2が第1ソーラーパネルAの第2側A2に配置されるのに対し、第1接続箱1は第2ソーラーパネルBの第1側B1に配置される。第1ソーラーパネル上の第2接続箱及び第2ソーラーパネル上の第1接続箱は、ケーブル4を介して互いに機械的及び電気的に接続される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):