(54)【考案の名称】セットアップテーブル

(73)【実用新案権者】怡利電子工業股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はセットアップテーブルに関し、特に携帯型電子装置を置くことができ、90度回転させ、携帯型電子装置を見る際の利便性を向上させられるセットアップテーブルに関する。

【従来の技術】

【0002】
コンピューターの使用が普及するに従い、どこの家庭にも、少なくとも1台はコンピューターがあるという時代になっている。しかし、伝統的なデスクトップコンピューターは、体積が大きいため携帯に不向きで、さらに大きなスペースを占拠するため、生活環境に余裕がない都会では、不便なものである。
【0003】
そのため、携帯に便利なノート型コンピューターが、幅広く流行し始めている。ノート型コンピューターは、使用の利便性を備えるため、ユーザーは、ベッドの上や車内にいても、或いは床に直接座っていても、操作が可能である。しかし、適当なサポート体(テーブルなど)により本体を支え、或いは置くことができないため、使用が長時間になれば、視覚の不良が負担になり、使用者は疲労してしまう。
【0004】
上記した問題を解決するため、各種携帯型コンピューター用テーブルが開発されている。例えば、特許文献1(図1参照)に開示する構造は、テーブル体111、テーブル板112、4本のサポートテーブル脚113により組成する。テーブル板112には、ノート型コンピューターを置くことができ、視覚角度を調整することができる。しかし、テーブル板112が調整可能な角度には限界があるという、使用における欠点が存在する。調整可能な角度の限界の存在は、テーブル板112に、ノート型コンピューターを固定する構造がないためで、特に、2人以上で同時にスクリーンを見る際には、適した角度に調整することは非常に難しい。しかも、4本のサポートテーブル脚113は、同時に同一の高さに調整しなければならないため、非常に時間がかかる。
【0005】
特許文献2(図2参照)に開示する構造は、テーブル体121、フリップカバーテーブル板122、2本のテーブル脚棒123により組成する。この構造は、上記した特許文献1とおおよそ相同であるが、フリップカバーテーブル板122を利用し、その上に置くノート型コンピューターの視覚角度を調整することができる。しかし、構造上の制限があるため、より大きい角度の調整を行うことは難しい。特許文献2に開示する構造における唯一の進歩は、2本のテーブル脚棒123で、特許文献1に開示する構造に比べ、調整が容易である。
【0006】
類似のノート型コンピューター用テーブルの構造には、特許文献3、4、5、6、7、8(以下、従来のノート型コンピューター用テーブルと略称)がある。これらにはすべて、以下のような欠点がある。
1.従来のノート型コンピューター用テーブルは、体積が大きく重いため、携帯に不便である。
2.従来のノート型コンピューター用テーブルでは、視覚角度を調整するための組成部品が多過ぎ、製造コストが高い他、操作の簡易性と利便性も十分でない。
3.多くの人が同時に一台のノート型コンピューターを見る時、理想的な視覚角度は、スクリーンが垂直である位置だが、従来のノート型コンピューター用テーブルで、その視覚角度の傾斜を大きくし過ぎてしまえば、ノート型コンピューターを固定する構造がないため、ノート型コンピューターは従来のノート型コンピューター用テーブルから滑り落ちてしまい、ノート型コンピューターを破損する恐れがある。そのため、従来のノート型コンピューター用テーブルでは、調整可能な角度に限界があるという状況が原因で、しばしば死角が生まれ、ノート型コンピューターの視覚品質に悪影響を及ぼしている。
【0007】

【効果】

【0010】
本考案のセットアップテーブルは、軽量でコンパクトなため携帯に便利で、構成部材が少ないため、操作も簡単で、展開及び収納は容易で、さらにテーブル面を90度まで回せるため、水平から垂直までの任意の角度で、携帯型電子装置を見ることができる。
【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1】従来の構造の立体模式図(一)である。
【図2】従来の構造の立体模式図(二)である。
【図3】本考案の立体図である。
【図4】本考案の立体分解図である。
【図5】本考案シャフトユニットの立体分解図である。
【図6】本考案の組合せ平面図である。
【図7】本考案の展開模式図である。
【図8】本考案の回転操作図である。
【図9】本考案回転操作時の局部断面図である。
【図10】本考案展開時の局部断面図である。
【図11】本考案第一実施例の模式図である。
【図12】本考案の折畳み模式図である。
【図13】本考案折畳み時の局部断面図である。
【図14】本考案第二実施例の局部立体模式図である。
【図15】本考案第二実施例の立体分解図である。
【図16】本考案第二実施例の立体模式図である。

【0012】
図3、4、5、6、11に示すように、本考案セットアップテーブルAは、テーブル面2、フレーム体3、2本のシャフトユニット4、脚フレームユニットDを備える。
【0013】
テーブル面2は、正面21に、携帯型電子装置7を置くことができる。正面21の下側は窪み、収容槽211を設置し、しかも正面21上には、少なくとも1個の通風口212を設置する。テーブル面2の片側辺には、ベルト体24一端を固定し、他方の側辺23には、USBポート231、ベルト体固定部232を設置する。USBポート231内側には、コンセント26を連結し、散熱ファン28が必要とする電力を提供する。ベルト体固定部232には、ベルト体24の自由端241を粘着結合して定位する。テーブル面2の内側面27底側には、第一軸台25を設置し、サポート板22底側の第二軸台221と相互に可動状に接続する。これに、第一支軸222を挿入することで、サポート板22回転の軸心を形成する。内側面27両側には、連結部271と孔台272をそれぞれ設置する。連結部271は、少なくとも1個のネジ孔273を備え、通風口212に対応する位置に、少なくとも1個の散熱ファン28を設置する。テーブル面2の内側面27中央には、第三軸台281を設置する。
【0014】
フレーム体3は、テーブル面2内側面27の上半部に配置する。フレーム体3両側には、第一定位プラットフォーム31、第二定位プラットフォーム33をそれぞれ設置する。第二定位プラットフォーム33は、固定台32と結合して固定される。固定台32は、位置限定槽321を備える。フレーム体3上の、散熱ファン28に対応する位置には、底殻台34を設置し、散熱ファン28を収容する。フレーム体3下縁には、少なくとも1個の第四軸台35を設置する。第四軸台35は、第三軸台281と相互に可動状に接続し、これに第二支軸36を挿入し、テーブル面2回転の軸心を形成する。しかも、フレーム体3片側にはさらに、脚フレーム固定台37を設置する。脚フレーム固定台37は、磁性を備える。
【0015】
2本のシャフトユニット4は、テーブル面2とフレーム体3を連結する。シャフトユニット4は、抵抗シャフト41と定位台42により組成する。抵抗シャフト41の一端には、平板411を設置し、連結部271上に固定して設置する。平板411上には、少なくとも1個の貫通孔412を設置する。抵抗シャフト41の他方端には、ネジ孔413と端軸414を設置する。定位台42の片側には、横向き軸孔421を設置し、これに抵抗シャフト41の端軸414を挿入し、孔台272において位置を限定する。横向き軸孔421頂点には、穿孔422を設置し、これにボルトBを挿入して、抵抗シャフト41のネジ孔413に螺合して固定する。定位台42の中央には、縦向き軸孔423とプラットフォーム424を設置する。縦向き軸孔423の他方側には、突出板426を設置する。プラットフォーム424上には、少なくとも1個の貫通孔425を設置し、対応する少なくとも1個のボルトBにより、第一定位プラットフォーム31において螺設する。
【0016】
脚フレームユニットDは、フレーム体3底部に設置し、少なくとも第一側脚フレーム5、第二側脚フレーム6を備える。第一側脚フレーム5は、片側に、第一脚端51と第二脚端52を備える。第一脚端51は、シャフトユニット4の内の1本の定位台42の縦向き軸孔423内に設置し、第二脚端52は、テーブル面2内側面の片側の第二定位プラットフォーム33と固定台32結合の位置限定槽321内に設置する。第一側脚フレーム5の他方側には、横棒部53を設置し、その上には、少なくとも1個の固定板54を嵌める。
【0017】
第二側脚フレーム6は、片側に、第三脚端61と第四脚端62を備える。第三脚端61は、他方のシャフトユニット4の定位台42の縦向き軸孔423内に設置し、第四脚端62は、テーブル面2内側面の他方側の第二定位プラットフォーム33と固定台32結合の位置限定槽321内に設置する。第二側脚フレーム6の他方側には、横棒部63を設置し、その上には、少なくとも1個のクッション体64を嵌める。
【0018】
上記した構成部材により組成するセットアップテーブルAの使用時には、図7、10に示すように、先ず、脚フレームユニットDの第一側脚フレーム5と第二側脚フレーム6を、内から外へと広げる。次に、図8、9、11に示すように、抵抗シャフト41を軸心として、テーブル面2を必要な角度まで回転させ(回転の最大角度は90度)、サポート板22を外側へと翻し、テーブル面2と垂直にする。こうして、携帯型電子装置7を、テーブル面2上に置いた時、携帯型電子装置7の底部を支える。さらに、ベルト体24により、携帯型電子装置7の上側の枠を緊密に固定し、ベルト体24の自由端241を、ベルト体固定部232に粘着結合し、携帯型電子装置7の設置と固定を完成し、便利な視覚環境を形成することができる。
【0019】
セットアップテーブルAを使用しない時には、先ず、携帯型電子装置7を取外し、次に、サポート板22を閉め、収容槽211に収容する。さらに、上記とは反対の操作で、順番に、第二側脚フレーム6、第一側脚フレーム5を内向きに折畳む(図12、13参照)。第一側脚フレーム5の横棒部53は、スチール製であるため、脚フレーム固定台37の磁性に吸着され固定され、これにより第一側脚フレーム5を定位し、収納後の第一、第二側脚フレーム5、6を固定する。
【0020】
抵抗シャフト41は、回転の抵抗を備えるため、任意の角度まで回転させるだけで、その角度を維持することができる。別に力を加えない限り、そしてその力が、抵抗シャフト41の抵抗力より大きくなければ、それ以上動くことはないため、テーブル面2を、水平状態から垂直の90度へと回転させ、その間の任意の位置に留めることができる。
【0021】
図14は、本考案の第二実施例を示す。脚フレーム固定台37’は、C型槽371’を備える。C型槽371’は、プラスチック製の台体であるため、第一側脚フレーム5の横棒部53を収容して固定し、これにより第一側脚フレーム5の位置を限定し、収納後の第一、第二側脚フレーム5、6を固定することができる。
【0022】
図15、16に示すように、本考案の第二実施例では、第一側脚フレーム5と第二側脚フレーム6は、各2本のサポートフレームD1、D2、D3、D4により組成する。4本のサポートフレームD1、D2、D3、D4を外側へと広げ、セットアップテーブルAを支えて立たせることができる。4本のサポートフレームD1、D2、D3、D4は、使用しない時には、テーブル面2内側面27に収納することができる。
【0023】
111 テーブル体
112 テーブル板
113 サポートテーブル脚
121 テーブル体
122 フリップカバーテーブル板
123 テーブル脚棒
2 テーブル面
21 正面
211 収容槽
212 通風口
22 サポート板
221 第二軸台
222 第一支軸
23 側辺
231 USBポート
232 ベルト体固定部
24 ベルト体
241 自由端
25 第一軸台
26 コンセント
27 内側面
271 連結部
272 孔台
273 ネジ孔
28 散熱ファン
281 第三軸台
3 フレーム体
31 第一定位プラットフォーム
32 固定台
321 位置限定槽
33 第二定位プラットフォーム
34 底殻台
35 第四軸台
36 第二支軸
37、37’ 脚フレーム固定台
371’ C型槽
4 シャフトユニット
41 抵抗シャフト
411 平板
412 貫通孔
413 ネジ孔
414 端軸
42 定位台
421 横向き軸孔
422 穿孔
423 縦向き軸孔
424 プラットフォーム
425 貫通孔
426 突出板
5 第一側脚フレーム
51 第一脚端
52 第二脚端
53 横棒部
54 固定板
6 第二側脚フレーム
61 第三脚端
62 第四脚端
63 横棒部
64 クッション体
7 携帯型電子装置
A セットアップテーブル
B ボルト
D 脚フレームユニット
D1、D2、D3、D4 サポートフレーム

(57)【要約】

【課題】携帯型電子装置を置くことができ、90度回転させ、携帯型電子装置を見る際の利便性を向上させられるセットアップテーブルを提供する。【解決手段】セットアップテーブルは、テーブル面2、フレーム体3、2本のシャフトユニット4、脚フレームユニットDを備え、シャフトユニット4はテーブル面2とフレーム体3とを連結し、これによりテーブル面2は90度の回転が可能となり、脚フレームユニットDの第一側脚フレーム5と第二側脚フレーム6は、外へと広げ、セットアップテーブルを支えて立たせることができ、使用しない時には、折畳み、テーブル面2内側面27に収納することができ、上記した構成部材により組成し、テーブル面2を90度回すことができ、携帯型電子装置を見ることの利便性を向上させることができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):