(54)【考案の名称】付箋紙頁

(73)【実用新案権者】功寰貿易股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、付箋紙頁に関し、特にルーズリーフ(或いは手帳、その他書籍など)などに差し込んで携帯することができる付箋紙頁に関する。

【従来の技術】

【0002】
付箋紙は近年で最も便利で実用的な製品である。
【0003】
小型サイズの空白の紙の一端縁部に特殊な材質の粘着材を塗布して形成される。
【0004】
該粘着材は適宜な粘着性を具えてなり、貼着している製品の表面からはがす場合、貼着していた製品の表面に粘着材が残ることがない。
【0005】
よって、付箋紙に伝言や依頼事項などを記載して伝えたい相手の卓上などに貼っておけば、当事者が戻ってきた時にすばやく処理することができ、不在時に連絡があったかどうかなどを周囲の人に確認することがなく便利である。
【0006】
教育の普及や、知識の上昇に伴って、様々な業界の人々が付箋紙を使用していつでも即時に重要で、忘れてはならない事項などを記載するようになってきており、付箋紙は一般の人にとってなくてはならない日常的な製品だということができる。
【0007】
従来の付箋紙は、複数枚の付箋紙を重ねて並列に座体内に設けて形成し、使用時には座体に設けられた開口から最上方の紙を取り出す。
【0008】
それぞれの付箋紙と付箋紙の間には同じ方向に適宜な量の粘着剤が塗布されているため、付箋紙が相互に粘着、位置決めすることができる。
【0009】
付箋紙は非常に軽量で薄く、使用者が上方の紙をはがす時に付箋紙の束全体が上方に引っ張られて座体から外れることがあり、実用的ではない。
【0010】
また、付箋紙の座体は通常、一定の体積と重量を具え、卓上に置いて使用することに適しているが、携帯には向いていない。
【0011】
さらに、付箋紙の全体の構造及び概観が長期間変化せず、創意工夫に欠けるため市場での競争力を高めることができない。
【0012】
付箋紙のように重要な書類や情報を随時伝えるために使用する製品としては、異なる色の蛍光ペンで文章にラインを引く方法がある。
【0013】
しかしながら、特別、或いは材質の関係で書類上にラインを引くことができない場合があるなど、蛍光ペンの使用には制限が比較的多い。
【0014】
特に、同一の書類上に記載するラインや色の量が多くなると、閲読が困難になるだけでなく、落書きがあるかのような印象を与える。
【考案が解決しようとする課題】
【0015】
この考案は、携帯、取り外しに便利で多様な色彩の付箋紙を具えた付箋紙頁を提供することを課題とする。

【効果】

【0022】
この考案による付箋紙頁は、実用的で、美観も具え、しおりとしても使用することができるという効果を有する。
【図面の簡単な説明】
【0023】
【図1】この考案の付箋紙頁を示した分解図である。
【図2】携帯、取り外しに便利で多様な色彩の付箋紙を具えた付箋紙頁 この考案の付箋紙頁を組み合わせた状態を示した斜視図である。
【図3】この考案の付箋紙頁を背面から見た状態を示した底面図である。
【図4】この考案の付箋紙頁を使用する場合の操作方法を示した説明図である。
【図5】この考案の付箋紙頁の実施形態を示した斜視図である。
【図6】この考案の付箋紙頁を使用する場合の操作方法を示した説明図である。

【0024】
この考案は、携帯、取り外しに便利で多様な色彩の付箋紙を具えた付箋紙頁であって、板体と、複数の粘着性のフィルムセットとを含んでなり、
該板体が、長い板上に形成され、長手方向に垂直な短い端縁部に形成された孔と、該端縁部を折り曲げて延伸して形成した挟持片とを含んでなり、
該 フィルムセットが、いずれも複数枚の透明で蛍光なフィルムを積み重ね、一部を板体上に粘着して固定、排列して設けてなる付箋紙頁の構造と特徴を詳述するために具体的な実施例を挙げ、図示を参照にして以下に説明する。
【0025】
図1は、この考案の付箋紙頁を示した説明図である。
【0026】
該付箋紙頁は、板体1が、好みの幾何学的な造形の薄い板からなる。この考案の実施形態では、矩形の薄い板で外周が弧状に形成される。
【0027】
該板体1は、一方の短い端縁部表面の適宜な位置に設けられ、該実施形態では円形に形成されているが、その他幾何学的な形状でもよい孔11と、該端縁部を折り曲げて延伸して形成した挟持片12とを設けてなる。
【0028】
よって、ルーズリーフ(或いは手帳、その他書籍)の内側に挟んで使用する場合、該挟持片12ですばやく簡単で、スムーズに頁を挟持して固定することができる。
【0029】
また、板体1は、図3に開示するように、他方の長い端縁部上には複数の異なる形状の凹部13を具えてなる。
【0030】
複数のフィルムセット2は、それぞれのフィルムセット2がいずれも複数枚の透明で蛍光なフィルムを積み重ね、一部を粘着した状態で形成する。
【0031】
該フィルムセット2は、いずれの形状に形成してもよく、様々な異なる蛍光の色彩で赤、オレンジ、黄色、緑、青などの各種注目される色彩で形成する。
【0032】
また、透明で蛍光なフィルムはいずれも表面に文字、或いは符合を記載して記事などを識別するために便利で、蛍光ペンのように記憶を鮮明にさせる目的を達成することができる。
【0033】
該フィルムは、マークが必要だが、ラインなどを引くことができない書類や、本などの資料上に貼着することができる。
【0034】
よって、蛍光ペンの代わりとして使用することができ、重要な書類、本などの資料表面が落書きされたような煩雑な印象になることを防ぐことができる。
【0035】
特にその後、資料を整理する場合にフィルムを取り外すだけで良いため、重要な書類、本などの資料をきれいな状態で保つことができて便利で実用的である。
【0036】
上述の板体1はサイズを大きくすれば、フィルムセット2の数を増やすことができる。様々な形状、複数量のフィルムセット2を設ければ、より多様で長期間使用することができる。
【0037】
図2は、この考案の複数のフィルムセット2を板体の長手方向側面に沿ってそれぞれ排列し、一部を粘着する方法で板体1に設けたものである。
【0038】
それぞれのフィルムセット2は、いずれも適宜に距離を保ち接触していないため、取り外して使用する場合に隣接するフィルムを緩衝することがない。
【0039】
また、フィルムセット2は一端がいずれ板体1の長手方向側面に貼着し、凹部14を被覆するように設けられているため、使用者が直接上方のフィルムを一枚取り外すために便利である。
【0040】
さらに、複数のフィルムセット2は、それぞれ異なる明るい蛍光の色彩を具えてなり、板体1が暗色系の色彩で外周縁の角が弧状に形成されているため、全体が明るい視覚的な効果を具えてなり、創造性を具えた付箋紙頁を形成する。
【0041】
上述の構造からなる付箋紙頁は、使用する場合、使用者が様々な需要に応じて、重要事項を記載したり、分類標記するために直接一枚選択して取り外して使用する以外に、ルーズリーフ(或いは手帳、その他書籍)に差し込んでいつでも携帯でき、必要な時にいつでも使用することができる。
【0042】
図4に開示するように、使用する場合、手指を板体1の孔11に穿設して挟持片12を開く。
【0043】
板体1と挟持片12とが頁(或いは手帳、その他書籍)内の頁を挟持して固定される。
【0044】
よって、付箋紙頁をしおりとしても使用することができ、必要に応じてどの頁に掛けて設けてもよく、頁から取り外すことも非常に簡単である。
【0045】
図5に開示するように、付箋紙頁は、ルーズリーフ(或いは手帳、その他書籍)の頁に差し込んで、使用したい場合に、使用者が好みの蛍光色及びフィルムセット2から必要な枚数を選択して一枚を取り出して貼着することができる。
【0046】
よって、随時、どこでもマーク、表示することができて、便利で実用的である。
【0047】
上述の付箋紙頁は重要な項目を記載した書類或いは書籍の文字上に直接貼着して蛍光ペンでラインを引くことに代えて注意を促す目的を達成することができる。
【0048】
よって、書類、或いは書籍本来の状態に保つことができる他、らくがきされたかのような乱雑な状態になることを防ぐことができる。
【0049】
特に、将来データを整理する場合、透明なフィルムをはがすだけでよく、もとのデータの状態を維持することができて、簡単で便利で実用的な目的を達成することができる。
【0050】
以上は、この考案の好ましい実施例であって、この考案の実施の範囲を限定するものではない。よって、当業者のなし得る修正、もしくは変更であって、この考案の精神の下においてなされ、この考案に対して均等の効果を有するものは、いずれもこの考案の実用新案登録請求の範囲に属するものとする。
【0051】
1 板体
11 孔
12 挟持片
13 隙間
14 凹部
2 フィルムセット

(57)【要約】

【課題】携帯、取り外しに便利で多様な色彩の付箋紙を具えた付箋紙頁を提供する。【解決手段】板体1と、複数の粘着性のフィルムセット2とを含んでなり、板体が、長い板状に形成され、長手方向に垂直な短い端縁部に形成された孔11と、該端縁部を折り曲げて延伸して形成した挟持片12とを含んでなり、フィルムセットが、いずれも複数枚の透明で蛍光なフィルムを積み重ね、一部を板体上に粘着して固定、排列して設けてなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):