(54)【考案の名称】ウォールステッカー

(51)【国際特許分類】

G09F 3/02 ・形状 構造

(73)【実用新案権者】株式会社マイサ

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はウォールステッカーに関し、特に装飾性と娯楽性を高めたウォールステッカーに関する。

【従来の技術】

【0002】
ウォールステッカーは、居住空間や集客空間などの生活空間の内壁面を気軽に装飾することができるアイテムとして、現在、非常に人気があるインテリア商品である。植物や動物、建築物などの特徴的な形態を模した形状にカッティングされている点に特徴があり、多くの場合、表面は単一色であり、立体感に乏しいシルエット状のステッカーである。
【0003】
一方、ちぎり絵は、特に和紙を用いた場合に顕著な立体感と質感に独特の風情があり、非常に多くの愛好家が存在する。ちぎり絵に関しては、容易に制作することができるように工夫された台紙があり、この台紙を用いることで、絵心の乏しい者であっても雅趣のある絵を容易に制作することができるようになるとされている(特許文献1参照)。
【0004】

【効果】

【0013】
本考案によれば、ちぎり絵やパッチワークと同等の装飾性の高いウォールステッカーを手軽に楽しみながら創作することができる。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】完成前のウォールステッカーを示す平面図
【図2】図1の2−2線断面図
【図3】完成後のウォールステッカーを示す平面図
【図4】図3の4−4線断面図

【0015】
本考案の実施の形態について添付した図面を参照して説明する。図1および図2は完成前のウォールステッカー10を示している。ウォールステッカー10は、主体となる基材層12を中心に、その上層として接着層14と離型紙16を備え、下層としてミクロ吸盤層18と離型紙20を備えている。
【0016】
基材層12は、ウォールステッカー10の強度を確保し、形状を維持するための基礎となる層であり、塩化ビニル等の軟質樹脂や紙で構成されている。基材層12の表面には接着剤を前面に塗布し、接着層14を形成する。接着層14は塵埃等の付着によって接着力が低下しないように離型紙16で被覆されている。離型紙16はクラフト紙やグラシン紙などの紙基材をシリコーン等でラミネート加工した易剥離性の保護シートである。
【0017】
ミクロ吸盤層18は表面に設けられた微小な孔が吸盤の役割を果たし、手で軽く押さえるだけで被着体に吸着する。接着剤などは一切用いていないため、簡単に剥離することができ、長期間貼った後で剥がした場合であっても貼り跡が残らない。また吸着力もほとんど低下しないため、何度でも貼り直すことが可能であり、気軽にウォールステッカー10の貼り位置を変えてインテリア空間に変化をもたらすことができる。ミクロ吸盤層18も接着層14と同様に離型紙20で被覆され、塵埃等から保護されている。
【0018】
基材層12、接着層14、離型紙16およびミクロ吸盤層18は、うさぎの形態を模した輪郭を有する形状にカッティングされている。形態を模す対象物は、うさぎを始めとする動物のほかにも花や樹木などの植物や人間などの自然物、また建築物や構造物、工業製品などの人工物、さらには幾何学的模様などの抽象的なものであってもよい。離型紙20については、ウォールステッカー10を包装するOPP袋の形状に合わせた矩形としているが、ミクロ吸盤層18を保護するという機能を果たす限りにおいて特に形状は問われない。
【0019】
図3および図4は完成後のウォールステッカー30を示している。ウォールステッカー30は、ウォールステッカー10の最上層の離型紙16を剥離し、露出した接着層14の全面に模様の異なる3種類のはぎれ32、34、36を接着し、装飾層38を形成している。
【0020】
はぎれ32、34、36はウォールステッカー10とセットで販売され、購入者がはぎれ32、34、36をウォールステッカー10に接着させることでウォールステッカー30が完成する。はぎれ32、34、36を接着層14のどの位置にどのような向きで接着させるかについて特に制限はなく購入者の自由に任されており、購入者はちぎり絵やパッチワークと同等の意匠創作活動を手軽に実施することができる。
【0021】
このように本考案のウォールステッカーは、装飾層38のない未完成の状態のウォールステッカー10としてはぎれ32、34、36等の複数の装飾片とともにセットで販売され、購入者自身が装飾片を接着させることで、最上層に装飾層38を備えたウォールステッカー30として完成される。このようにして完成されたウォールステッカー30は、購入者の個性が発揮された独創性の高いものであり、またちぎり絵やパッチワークの手法を応用した立体感と質感のある装飾性の高いものになっている。
【0022】
10、30 ウォールステッカー
12 基材層
14 接着層
16、20 離型紙
18 ミクロ吸盤層
38 装飾層

(57)【要約】

【課題】ちぎり絵の手法を応用したデザインを購入者自身が施すことで、装飾性を高めるとともに娯楽性を高めたウォールステッカーを提供する。【解決手段】本考案が提供するウォールステッカー30は、対象物を模した輪郭を有する基材層12と、基材層12の一方の面に配された接着層14と、接着層14を被覆する離型紙と、基材層12の他方の面に配されたミクロ吸盤層18と、ミクロ吸盤層18を被覆する離型紙20と、離型紙を除去した後に接着層14に接着させる複数の装飾片32、34、38で構成されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):