(54)【考案の名称】方向センサを具えるゲーム装置

(73)【実用新案権者】京晨科技股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ゲーム装置に関し、特に方向センサを具えるゲーム装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
情報時代の迅速な発展に伴い、現代人の生活テンポが速く、精神的に緊張し、相対して、ストレス解消及び精神安定を補助する余暇活動は、徐々に重視され、例えば、スポーツジム、運動、ランニング、格闘技(武術)及びテレビゲーム等であり、各個人がそれぞれの趣味又は好みに応じて自己をリラックスさせる最適な方式を選択することができる。
【0003】
若者に最も好まれるテレビゲーム装置について述べれば、現在市場において、ダンスマシン又は音楽マシンが見られ、その設計方式は、ダンスの動作、音感又は、指の動かし方の薫染をゲーム機に結合し、プレイヤーにより面白く、インタラクティブな方式で楽しく学ぶ目的を達成させる。
【0004】
更に、武術は、中国文化の心髄であり、中国伝統文化の重要な一環であり、攻撃の技巧、格闘手法、攻防戦略等の技術を含み、自立し、健康フィットネスを目標とし、武術訓練は、身体動作の優美な姿態を見せるだけでなく、更に、長期的健康で強靭な体を作る運動と見なすことができる。これにより、武術訓練を若者に人気のゲーム装置に結合すれば、人々が武術を習うことで運動し体を鍛えることができるだけでなく、武術を推進する効果を有することができる。
【0005】
これに鑑み、本考案者は、上記の目的を達成するため、研究に専念し、学理の応用を組み合わせ、設計が合理的で上記欠陥を効率的に改善する本考案を提示する。
【0006】

【効果】

【0012】
従来技術と比較し、本考案の方向センサを具えるゲーム装置は、複数のアームを装置本体上に活動的に軸回転可能に接続し、方向センサをアームの一端に設け、表示装置にインジケータ信号(左、右、上、下又は打撃等)が出現する時、使用者は、アームに上、下、左、右等の方向の移動を発生させる必要がある。これに基づき、インジケータ信号は、拳闘競技のゲーム方式に基づき設定される時、該ゲーム装置を使用し、ゲーム及び学習の二重の効果を兼ね備えることができ、プレイヤーにより面白く、インタラクティブなゲーム装置を提供し、人々が武術を学習することで運動し、身体を鍛え、更に武術を推進する効果を有し、使用上の娯楽性及び学習性を向上する。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】本考案の方向センサを具えるゲーム装置の立体外観説明図である。
【図2】本考案の表示部材の拡大説明図である。
【図3】本考案のゲーム装置の動作説明図1である。
【図4】本考案のゲーム装置の動作説明図2である。
【図5】本考案のゲーム装置の第2実施例である。

【0014】
本考案の詳細及び技術的内容について、図面に合わせ、以下に説明するが、図面は、参考及び説明用に提供するだけであり、本考案に制限を加えるものではない。
【0015】
図1、図2は、それぞれ、本考案の方向センサのゲーム装置の立体外観説明図及び表示部材の拡大説明図である。本考案のゲーム装置1は、装置本体10と、制御器20と、アーム30と、表示部材40と、方向センサ50と、を含む。
【0016】
該装置本体10は、受撃体であり、該装置本体10は、外力の打撃を受けることに用いるので、該本体10は、木材、金属又はプラスチック等の材質を利用し、発砲体を被覆し、構成され、打撃後の反作用力を減少し、且つ該装置本体10は、人形の輪郭を呈し、真実味を増加するように設定できるが、これに限定するものではない。
【0017】
該制御器20は、該装置本体10内に設置され、該方向センサ50が伝達する信号を受信することに用い、インジケータ信号21を該表示装置40に伝達し、該インジケータ信号21は、左側、右側、上方、下方又は打撃等の情報を設けることができる。
【0018】
該アーム30は、該装置本体10上に活動的に軸回転可能に接続され、アーム30を叩く又は弾く時、該アーム30は、少なくとも上、下、左、右の4方向に移動することができ、該アーム30は、外力の打撃を受ける必要があるので、該アームは、木材、金属又はプラスチック等の材質を利用し、発砲体を被覆して構成され、打撃後の反作用力を低減する。また、該アーム30の数量は、制限せず、実際の実施時に例えば、ダミーの設置方式であることができ、該アーム30を該装置本体10の外縁面上に凸伸する。
【0019】
該表示部材40は、該アーム30上に設置され、該制御器20と電気接続し、該表示部材40は、該制御器20が伝送するインジケータ信号21を表示することに用いる。本実施例において、該表示部材40は、LEDパネルであり、該LEDパネルは、複数のLED部材41で構成され、また、該表示部材40の数量は、複数であり、該装置本体10上に該表示部材40を設置し、そのうち、該装置本体10上の表示部材40が表示するインジケータ信号21は、打撃信号として設けることができ、且つ該表示部材40は、センサ11に電気接続し、該センサ11は、該制御器20に電気接続し、センサ信号を該制御器20に伝達する。
【0020】
該方向センサ50は、該アーム30の一端に設けられ、該制御器20と電気接続し、該方向センサ50は、該アーム30の移動方向を検出することに用い、該移動方向の情報を該制御器20に伝達する。
【0021】
図3及び図4は、本考案のゲーム装置の2つの動作説明図である。該ゲーム装置1を使用する時、該インジケータ信号21は、該制御器20から該表示部材40に伝送され、表示され、各表示部材40上に出現されるインジケータ信号21は、異なる方向に設けることができ、使用者は、必要に応じて、各表示部材40上のインジケータ信号21に基づき、各アーム30又は該装置本体10を打撃し、該アーム30に上、下、左、右等の方向の移動を発生させる。更に、各該アーム30に設ける方向センサ50及び該装置本体10上に設置するセンサ11は、感知した信号を該制御器20に伝送する。これにより、該インジケータ信号21が拳闘競技のゲーム方式に基づき設定される時、該ゲーム装置1を使用し、ゲーム及び学習の二重の効果を兼ね備えることができる。
【0022】
図5は、本考案のゲーム装置の第2実施例である。本実施例と第1実施例は、ほぼ同一であり、ゲーム装置1aは、装置本体10aと、制御器20aと、アーム30aと、表示装置40aと、方向センサ50aと、を含み、該装置本体10a上にセンサ11aを設置し、その異なる箇所は、該表示部材40aが該アーム30a上に設置されず、該装置本体10aの一側辺に設置されることにあり、該表示部材40aは、スクリーン表示器であり、該制御器20aに伝送されるインジケータ信号21aをその上に表示することに用い、且つ該表示部材40aは、及び各アーム30aの設置方位(左、右側)に従い、該インジケータ信号21aを一回表示し、使用者に該インジケータ信号21aの出現順序に基づき、或いは、下から上に各アーム30aを打撃させ、該ゲーム装置1aが設定する訓練又は任務を完成する。
【0023】
なお、本考案では好ましい実施例を前述の通り開示したが、これらは決して本考案に限定するものではなく、当該技術を熟知する者なら誰でも、本考案の精神と領域を脱しない均等の範囲内で各種の変動や潤色を加えることができることは勿論である。
【0024】
1,1a ゲーム装置
10,10a 装置本体
11,11a センサ
20,20a 制御器
21,21a インジケータ信号
30,30a アーム
40,40a 表示部材
41 LED部材
50 方向センサ

(57)【要約】

【課題】方向センサを具えるゲーム装置を提供する。【解決手段】方向センサを具えるゲーム装置1は、装置本体10と、制御器20と、装置本体に活動的に軸回転可能に接続するアーム30と、表示部材40と、方向センサ50とにより構成する。制御器は、装置本体内に設置され、インジケータ信号を伝達し、表示部材は、アーム上に設置され、制御器と電気接続し、表示部材は、インジケータ信号を受信し、方向センサは、アームの一端に設けられ、制御器と電気接続し、方向センサは、アームの移動方向を感知し、移動方向の情報を制御器に伝達する。これによりプレイヤーに面白く且つインタラクティブなゲーム装置を提供し、娯楽の中の教育の目的を達成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):