(54)【考案の名称】キャパシタ一体成型太陽光発電パネル

(73)【実用新案権者】SUD株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
近年、自然エネルギー利用の促進で結晶シリコン系の太陽光発電パネルを建物の屋根や地面等に取付ける事が一般化しています。しかしながら、コストの問題や資源利用の観点から、太陽光変換効率は悪いが、薄いフィルムの上にシリコン薄膜を蒸着した薄膜タイプと言われる太陽光発電パネルも次第に使われ始めています。その一方、建物の屋根の面積には限界があり、新エネルギー法の適用により、更なる省エネルギーの為に屋根や地面以外の建物の壁面や窓、狭小部分にも太陽光発電を取付ける必要性が生じており、従来の太陽光発電パネルの水平方向取付とは違う新たな取付方法も求められ、重量の重い従来の結晶シリコン系の太陽光発電パネルには限界が出て来ています。本考案は薄膜シリコンタイプ等、積層型の太陽電池に蓄電機能を一体化してシステムトータルの製造コストを低減すると共にハンドリングを簡単にして、窓面や壁面の限られた狭い場所にでも太陽光発電パネルを取付ける取付方法に関するものです。

【従来の技術】

【0002】
従来、太陽光発電パネルは結晶シリコンの上に回路を形成して作られていました。従って、作るサイズもシリコン結晶サイズに縛られた限界があり、それをコストパフォーマンスの良い仕組にする為には、多数を合わせて大きな一体パネルにしていた為、サイズが大きくて重量が重い物になっていました。しかし、近年、薄膜型と言われる、結晶シリコン系の3分の1程度しか変換効率が無いが、シリコン使用量が極端に少ない製品も性能が上がると共にコストが低下してきて、広い面積等、条件が合えば結晶シリコン系に対抗して利用出来る様になってきました。それと共に、技術の普及と、新エネルギー法施行によるさらに多くの省エネルギーの要求は、従来考えられてきた設置場所以外の、窓や壁面、狭小な場所でも日光の当たる場所はどこにでも太陽光発電パネルを設置しなくてはならなくなってきており、薄膜タイプの薄くて軽い特徴が際立ってきましたが、まだ結晶系との競争力には限界がありました。

【効果】

【0005】
本考案により、薄膜太陽電池に直接蓄電機能を安価に、省スペースで付加することが出来ると共に、従来の結晶がと比較して軽量化出来る為、設置が容易になります。キャパシタによる蓄電機能は太陽電池から来る不安定な電力を電荷として蓄積し、特に薄膜型から発生する、紫外線領域の小さな電力を有効に蓄積することが出来ます。従って、薄膜太陽電池とキャパシタを一体成型することにより、従来必要であった電装機器を不要にして、これ一枚で設備機器として製造効率が上がると共に新たな蓄電機能を必要としなくなり、大きなコストダウンと、設置スペースの節約が一挙に出来ます。また、太陽電池の日射の不安定さを取り除く事が出来ます。

(57)【要約】

【課題】積層型の太陽電池に蓄電機能を一体化してシステムトータルの製造コストを低減すると共にハンドリングを簡単にして、窓面や壁面の限られた狭い場所でも取付可能な太陽光発電パネルを提供する。【解決手段】フィルム基板1の上に下地材層2を形成して電極層3を積層する。更に電極の上に誘電体層4を積層する。そしてその上に更に電極層3を積層する。蓄電容量を大きくする場合には、更に誘電層4蓄電層3と交互に積み重ねる。こうして作ったキャパシタ層の上に、更に下地材2を形成して、電極層3、n型半導体層5、pn接合層6、p型半導体層7、電極層3と形成して薄膜太陽電池を作り、その上に保護層8を付ける。この時に、薄膜太陽電池層と一緒に逆流防止素子9を一体成型すると共に、これを介して電極層3を使って薄膜太陽電池の電力をキャパシタ層に接続する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):