(54)【考案の名称】絵差し替え式2本切り込み入り型カレンダー

(73)【実用新案権者】有限会社岸印刷

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、絵挟み込み式2本切り込み入り型カレンダーに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
絵挟み込み式2本切り込み入り型カレンダーの挟み込み絵は、表側は絵であって、裏側は、「ハガキ」であり、その月が終わったら「(公序良俗違反につき、不掲載)」として使用するこができるものであって、表側の絵の余白部分に思い思いの記事を書き入れることができものあり、その裏側にも表側の記事の続きを書き入れることができものであって、写真の裏側に「(公序良俗違反につき、不掲載)」として印刷がなされ(公序良俗違反につき、不掲載)として使用するこができるものであって、実用に利用されている。
【0003】
小型の絵と写真は、写真のL型の大きさであって、写真の写し出された、薔薇シリーズであったり、菊の花シリーズであったりするので、その住んでいる町の「蔵町シリーズ」、「小江戸シリーズ」、多くのシリーズが生まれ実用に供される。
【0004】
このように使用されると各企業でそれぞれの企業間に自己の企業製品の販売
合戦が始まり、カレンダーの絵の部分に自己の製品が掲載されようになり、自動車企業なら自己の企業の自動車シリーズに、食品企業なら自己の企業の料理シリーズに、自己の製品の宣伝がカレンダーを通じて行われるようになって来た。
【0005】
しかし、一般に用いられているカレンダーは、毎日めくる日めくりカレンダーであったりして、2ヶ月一枚の6枚つづりであったり、折角6枚つづりのカレンダーに絵が描かれているが、何の利用も無くその月がすぎれば廃棄されて不便である。
【0006】
この改善策として、A4版で絵は(公序良俗違反につき、不掲載)大であり、表は絵及び写真であるが、裏には(公序良俗違反につき、不掲載)として使用さられるよう印刷がしてある。その月が過ぎれば、この絵及び写真は、(公序良俗違反につき、不掲載)として使用される便利なものである。
【0007】
月代わりカレンダーにおいて、毎日の日付の剥ぎ取りに従って、例えば外国
語、記号、単語等の事物を容易に習得することを目的とするものである。
月を特定する表示および、各日付を特定する数字表示を設けた月代わりカレンダーを台紙とし、前記台紙上の各日付表示に接近して、ラベルを、シリコンの如き接着剤層を介して、剥離自在に接着する。しかして、前記各ラベルの表面には習得すべき事物を画像、記号ないし単語を以って表示しておく、前記ラベルが接着される台紙部分に、前記画像、記号、単語に対応する事物を文字・文書を以って印刷して成るものである。
カレンダーの日付ラベルは毎日取り去るものであるが、この剥ぎ取りに応じて台紙上の表示が現れて、ラベル上の表示に対する事物の判断を容易にして、これを記憶習得を日々行うことにより学習効果がえられる。

【効果】

【0017】
本考案のカレンダーは、絵又は写真を挟み込む切り込みを設けたことにより、その月が経過した後に絵又は写真を取り外して、絵ハガキ又は趣味の写真として使用するこという利点がある。
【図面の簡単な説明】
【0018】
【図1】図1のカレンダーの絵が横型で挟み込む場合であって、大きい方は「ハガキ」大であり、小さい方が写真のL型であって、実施方法を示した説明図である。
【図2】図2は表側であって、絵の大きい方は「ハガキ」大である。
【図3】図3は裏側であって、「ハガキ」と絵の説明の印刷がなされている。
【図4】図4は写真であって、キュウイフルーツ栽培の横型写真である。
【図5】図5は、カレンダーの絵が縦型で挟み込む場合であって、大きい方は、「ハガキ」大であり、小さい方が写真のL型であって、実施方法を示した説明図である。
【図6】は、カレンダーの絵が縦型で挟み込む場合であって、大きい方は、「ハガキ」大であり、小さい方が写真のL型であって、実施方法を示した説明図である。
【図7】は、図6の裏側であって、その月が終わったら「(公序良俗違反につき、不掲載)」として使用するものである。
【図8】は、キュウイフルーツ栽培の縦型写真である。
【図9】は、オリジナルカレンダーキットの作成方法の説明についてである。
【図10】は、オリジナルカレンダーキットの作成するに付いての部品の説明である。

【0019】
カレンダーの表紙と2ヶ月づつ1月から12月までの6枚の印刷を1組とし、上部にリングを通す左右6個の孔をあけるのと同時に絵の及びL版の挟み込む切り込みを上右、下左、に各2本づつ設け、次に、絵又は写真「L型」を挟み込み、リングと吊り下げ具をつけて、カレンダーを作成する。
【0020】
図1は、本考案の構成であるその実施例1は、A4縦型のカレンダー台紙1であって、絵2の「ハガキ」大の大きさのものを横に挟み込むタイプ3であり、上から6.5cmと上から16.5の所に線を引き、左右末端から3.1cm内の長方形の上右隅から・下左隅から横・縦1.5cm・2.0cmの所から45度の斜線を引き、そこの所に2本の切り込み線4、5を入れて、絵2を挟み込み、趣味のカレンダーとすることができる。
【0021】
また、写真6のL型を横に挟み込むタイプ7であり、上から7.0cmと上から16.5の所に線を引き、左右末端から4.2cm内の長方形の上右隅から・下左隅から横・縦1.5cm・2.0cmの所から45度の斜線を引き、そこの所に2本の切り込み線8、9を入れて、写真6を挟み込み、趣味のカレンダーとすることができる。
【0022】
カレンダー台紙1の上端中央に半円10を抜き、その半円10中央部左右にリング11を差し込む6つの長方形の孔12を設け、1枚に2ヶ月分掲載の分は1年間で6枚綴りとなり、1枚に各月毎の分掲載の分は1年間で12枚綴りとなるものである。

【0023】
最上段の点線で囲まれた長方形内には、絵のタイトル13を書き、中間の点線で囲まれた長方形内には絵の場所と説明書14き、最下段の点線で囲まれた長方形内には、通常は、カレンダーの提供する会社名15等を書くか、商品の宣伝文句を掲載するものである。
【0024】
2ヶ月1枚の掲載ものについては各月の最上段真ん中にその月を数字16で表す、左側にその西暦17、月の右側にその月を英語18で表す。その下の最上段は曜日19を表示し、日曜日20と祭日は赤色で表示し、土曜日21は青で表示し、各平日22は黒で表示する。
【0025】
図2の絵2の建物は、もと『八百金』の名で知られた荒物・麻芋問屋田村家の店舗≪明治37年(1904年)上棟≫住居(母屋)、付属屋、土蔵群でした。図2の裏は図3で、「(公序良俗違反につき、不掲載)」23となり、表の絵に関するものであり、表の絵は、蔵の街シリーズであるがこの他のシリーズは、小江戸シリーズ、さくらの木シリーズ、柿の実の景色シリーズ等数多くである。
【0026】
図3は、その月が経過した後不要となり、普通は、廃棄されるものである。図2の裏が「(公序良俗違反につき、不掲載)」23となり、表の余白の部分に記事を書いて相手に出すという使用方法があり便利で、相手も喜ぶし、自分も満足である。
【0027】
図4は、写真でキュウイフルーツ栽培の横型写真であり、L型で図2の絵よりも小さくて横7に挟み込むがその裏が白紙であり、「(公序良俗違反につき、不掲載)」23として使用できない。表の写真は、キュウイフルーツ栽培シリーズ、子供の街で遊ぶシリーズ、こまシリーズ、温泉の景色シリーズ、さくらの木の景色シリーズ、孫シリーズとして楽しむことができる。
【0028】
図5は、本考案の構成であるその実施例2は、A4縦型のカレンダー台紙1であって、絵2を挟み込むものであり、上から5.0cmと上から19.8の所に線を引き、左右末端から5.5cm、右末端から5.4cm内の長方形の上右隅から・下左隅から横・縦1.5cm・2.0cmの所から45度の斜線を引き、そこの所に2本の切り込み線8、9を入れて、絵2を挟み込み、趣味のカレンダーとすることができる。
【0029】
図6の表の絵2は、とちぎ秋まつり山車に静御前(倭町)江戸・明治時代に作られた山車が華やかに市内を練り歩く「とちぎ秋つまり」(11月中旬)絵で、縦に差し込むタイプ24大きさは大きく裏が「(公序良俗違反につき、不掲載)」23となり、表の縦絵25に関するものであり、表の絵2は、とちぎ秋まつりシリーズであるが、この他に、蔵の街シリーズ、小江戸シリーズ、さくらの木シリーズ、柿の実の景色シリーズで多くある。
【0030】
図7の図は、図6の絵25の裏側の図でその月が経過した後不要となり、普通は、廃棄されるものである。その裏が「(公序良俗違反につき、不掲載)」23となり、表の余白の部分に記事を書いて相手に出すという使用方法があり便利で、相手も喜ぶし、自分も満足するものである。
【0031】
図8の写真6は、キュウイフルーツ栽培の縦型写真であり、L型で写真6で絵よりも小さくて縦に挟み込むタイプ25で、その裏が白紙であり、「(公序良俗違反につき、不掲載)」23として使用できない。表の写真6は、キュウイフルーツ栽培シリーズ、子供の街で遊ぶシリーズ、こまシリーズ、温泉の景色シリーズ、さくらの木の景色シリーズ、孫シリーズとして楽しむことができる。
【0032】
図9は、オリジナルカレンダーキット26の作り方である。ポストカードサイズのあなたの作品が自分でカレンダーを作れるということである。
オリジナルカレンダーキットの作り方は、まず、カレンダー表紙27、2ヶ月毎の6枚の台紙1、計7枚の台紙を用意し、カレンダーの印刷してある台紙1を6枚は、絵及び写真を挟み込むよう切り込みを設け、更に上部中央に半径1cmの半円形を打ち抜き、その左右にリングを挿入できるように左右に6個づつの孔をも受けて成る台紙を用意し、プラチック製品のリング11と吊し棒30とを1組として販売することかできるものである。
【0033】
この製品を1組買ったら、カレンダーの台紙1は、自分のA4版あるのでパソコンおもって、表紙27及び絵2・写真6のタイトルなどを印刷器で作成可能なものである。絵2にするか、写真6にするかを選び絵2及び写真タイトル13を考えて印刷機で印刷して表紙を作り、タイトルに合わせて、例えば、絵2の場合であったら6枚を作り、写真6の場合であったら6枚を写し作る。
【0034】
このようにして作品ができたら、カレンダー台紙1に作品を挟み込んで表紙27と1月から12月まで揃えて左側の孔12にリング11を通し、リング11を止めて下さい。そうしてリング11を左側に吊し棒30を通して右側の孔にリングを通し吊し棒30と一緒にリング11を止めて下さい。これでオリジナルカレンダーの完成です。
【0035】
図10は、本案のカレンダーのリング11の(イ)は正面図であり、(ロ)は平面図であって、(ハ)の点線は、リング11を真ん中から折り曲げて、リングのストッパー28を挿入孔29に入れて止めた状態であり、(ニ)吊し棒30の正面図である。
【0036】
このようにカレンダーとして飾って置くだけでなく、絵(公序良俗違反につき、不掲載)や写真などをポストカードとして実用的に利用できる「ポストカード付カレンダー」の商品企画をした。
【0037】
このカレンダーは、カレンダー台紙に切り込みを入れて、横向き又は縦向きにポストカードを挟み込むことができる商品で、個人向けにはキット販売も可能で、企業向けには企業名を入れたりし、オリジナルポストカードを入れPRをすることができるカレンダーです。
【産業上の利用可能性】
【0038】
本案のカレンダーは、どこにも飾れるに、コンパクトなA4サイズで仕上げ、月が終わったら(公序良俗違反につき、不掲載)として利用し、製本や吊り下げ部に針金のコイルが多く使われているが当製品は生分解樹脂(グリーンプラマーク認定商品)を使用し商品の安全性をはかったものである。
【0039】
1 カレンダー台紙
2 絵
3 絵を横に差し込むタイプ
4、5 切り込み線
6 写真
7 L型を横に差し込むタイプ
8、9 L型の切り込み線
10 半円
11 リング
12 長方形の孔
13 絵のタイトル
14 絵の場所と説明書
15 会社名
16 月を数字
17 西暦
18 月を英語
19 曜日
20 日曜日
21 土曜日
22 平日
23 (公序良俗違反につき、不掲載)
24 縦に挟み込むタイプ
25 L型を縦に挟み込むタイプ
26 オリジナルカレンダーキット
27 カレンダー表紙
28 ストッパー
29 挿入孔
30 吊し棒































(57)【要約】

【課題】カレンダーの台紙に切り割を設け、表面には絵、写真を表し裏にハガキの書式を表し、その月を過ぎたらハガキとして使用するカレンダーを提供する。【解決手段】カレンダーの表紙と2ヶ月づつ1月から12月までのカレンダーを6枚印刷し、又は毎月ごとにカレンダーの表紙と1月から12月までのカレンダーを12枚印刷して各1組とし、上部にリングを通す左右6個づつ孔を設け、各組の絵及び写真のL型を横向き3又は縦向き7に、挟み込むことを目的とする切り込み4、5又は8、9を上部右側に、下部左側に夫々45度斜めに各2本づつ設けてカレンダーの台紙1を作り、絵2又は写真「L型」6を挟み込み、リングと吊り棒をつけて、カレンダーを作成し、その月が経過した後、絵2又は写真6の余白を利用して記事を書き、裏のハガキを利用して便りを出し、L型写真6は、元のアルバルに戻して使用することを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):