(54)【考案の名称】へら

(73)【実用新案権者】井上工具株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、粘土細工や、接着剤、パテ、充填材、コーキング材等の混練と均し作業に使用するへらに関するものであり、詳細には、シール性を要求されるトタン板の付き合わせライン等に好適なへらを開示した考案である。

【従来の技術】

【0002】
従来より、パテや接着剤等の塗布作業に使用する道具として、各種のへらが使用されている。従来のこの種のへらとしては、例えば、木製の握り部と鋼板製のへら部材とから構成されたものがあり、このへら部は、弾性変形可能に形成されており、塗布面を平滑に仕上げる際に、適度にしなるようになっている。また、全体が合成樹脂でできたものにおいては、基端部に硬質の把持部材を持ち、先端部に柔軟性のある扁平なへら部材を持って構成されている。
【考案の解決すべき課題】
【0003】
ところが、上記の方法によって形成されたへらは、へらの先端部形状が直線状であることから、例えば、トタン板の付き合わせライン等にパテ等を塗布する場合には、塗布剤を平坦に削り取ってしまい、十分にこの部分にパテ等を付着させるためには、複数回の均し作業が必要になって効率が悪い等の問題点があった。とりわけ、屋根へトタン板を施工する際には、雨漏りを防ぐためにシール性が要求されることから、この様な用途に好的に使用できる道具が求められていた。

(57)【要約】

【課題】製造工程が簡易で低コストであり、へらの先端部の凹陥形状により、トタン板等の付き合わせライン上での均し作業において、剥ぎ取りを防止して、若干盛り上がった状態で塗布剤を安定的に付着させることが可能な実用性に優れたへらを提供する。【解決手段】へら1は、扁平な適宜形状のへら部材2と、該へら部材の基端へ延設させた把持部材3から成り、前記へら部材の先端部の幅方向の中央辺のみを若干凹陥4させる。また、へら部材の先端部の幅方向の両側の若干部分へ幅方向の最外縁から内側に向けて窪ませた傾斜端縁5を形成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):