(54)【考案の名称】加増可能なファイル

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ファイルへの伝票など帳票類の綴じ込み量が増加すると背表紙部の綴じ幅の変更ができ、多数枚の帳票類を有効に綴じ込むことができる簡単な構造の加増可能なファイルに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、各種書類を綴じ込んで整理するのに用いられるファイルとしては、既に各種の形状のものが知られている。その最も一般的な形式のものは、一枚の板紙で表裏両表紙とともに背表紙部分と綴じ具を付した綴じ込み部を一連に折曲げて一体構造に形成されている。このようなファイルでは、通常あまり多くの書類などを綴じ込まずに整理される用途に汎用されている。しかし、日常的に多くの書類、例えば伝票など時間の経過とともに多くの帳票などを綴じ込んで整理するのに使用されるファイルでは、1冊のファイルに綴じ込む量が多くなると、ファイルが外向きに大きく膨れて保形し難くなり不都合である。
【0003】
このようなことから、一般的に一枚の厚紙で一方の縁寄りに二個の綴じ紐孔を設けてなる板目表紙と称されるものを表裏両面に配して、増加する帳票類を綴じ込む方式が採用されている。しかしながら、この方式ではあらかじめ小分けしてファイリングされた帳票類を集めて綴じ直す手間を要し不都合である。一方、複数のファイルに分割して綴じ込む方法もあるが、これでは多くのファイルを必要として管理が厄介である。そこで、当初から背表紙幅の広いファイルを使用することになる。
【0004】
このような綴じ込み量が増加するのに1冊のファイルで対応することができるものとしては、例えば特許文献1によって知られているものがある。このファイルは、表表紙と裏表紙とが分離できてその一方の表紙側に背表紙が連続形成され、その背表紙部分に所要の間隔で多数の縦筋(折目線)を付し、この背表紙部分の端部に掛止め片を突き出し形成してあり、他方の切り離された表紙の背表紙と連結する側に複数の切込み孔が設けられて、そのいずれかの切込み孔に前記掛止め片を差し込むことで、背表紙と分離された表紙部が連結でき、前記切込み孔に背表紙端部の掛止め片を選択して掛止めることにより背表紙部の幅を変更してファイリング量の増加に対応できる構造となっている。また、このファイルでは両表紙の内側で綴じ具の綴じ紐(綴じ足)を係合させて綴じ込み後保形効果を高めるようにする掛止め片が設けられている。
【0005】
しかしながら、前記従来技術の特許文献1によるファイルにあっては、書類等のファイリング量が非常に多い場合には有効であるが、構造的に複雑化して高価となり、しかも綴込み量の増加とともに一方の表紙に切込み孔が表れるので、体裁が好ましくない、などの問題点がある。
【0006】
また、前記特許文献1によるファイルのように表裏両表紙を組み合わせるものではなく、幅広の背表紙を備えるファイルの場合には、使用する当初から背表紙幅が広いので、その幅広ファイルの収容に見合った書棚の保存スペース確保が要求され、書棚(収納棚)に余裕を持たせる必要が生じるという問題点がある。
【0007】

【効果】

【0011】
本考案によれば、初期段階では裏表紙に背表紙部を連結付属した状態で綴込み量が少ない状態での使用に供され、綴込み量が増量した場合、裏表紙に付属する背表紙部を切り離し、この背表紙部の固定部片を裏表紙の外面に固定手段によって取付けて、既に綴じ込んでいる帳票類の綴込み部分を背表紙部の主体部で囲うようにし、綴じ部片を表表紙の押え部片とで綴込む帳票類を挟み込で綴じ紐により継続的に綴込めば、複雑な手段を講じることなく帳票類の増量収納ができ、体裁よく書棚などに保管できる。また、裏表紙は綴込み部を内折りされた受け部片で二重に形成され、背表紙部は裏表紙の外面に固定部片を固着されて裏表紙の綴込み側を内側に囲い込むようにして配されるので、帳票類を多く綴じ込んで幅広くなっても変形せず、安定的にファイルとしての全形を維持できる。そして、前記背表紙部は、綴じ込む帳票類の量によって、その主体部に複数に区切って設けてある折幅設定補助部位で所要位置の折線箇所を選んで折り曲げることにより、背表紙幅を設定できる。

(57)【要約】

【課題】取扱い容易で簡単な構成の加増可能なファイルを提供する。【解決手段】分離された表表紙と、裏表紙および加増前この裏表紙に切り離し可能に連接する所要幅の背表紙部と、綴じ込み部材とで構成される加増可能なファイルであって、表表紙は綴じ側に内折りされた綴じ孔付き押え部片が連接されており、裏表紙には、綴じ側を内折りして綴じ紐を付した綴じ部片が設けられ、この綴じ部片に切目線を介して所要幅の背表紙部が連結されており、前記背表紙部は、裏表紙との連結側に綴じ孔付き押え部片を、幅方向の他辺に取付け部片を、それぞれ折線を介して一連に設けてあり、綴じ込み増量時には前記切目線から切離して前記取付け部片を前記裏表紙外面に取付手段で固定し、この背表紙部で綴じ側を囲い、前記背表紙部の綴じ部片を前記表表紙の押え部片と合わせて綴じ込むように構成されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):