(54)【考案の名称】葉書用模様紙および葉書

(73)【実用新案権者】王子特殊紙株式会社

(73)【実用新案権者】王子製紙株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本発明は装飾性に優れた葉書用模様紙および葉書に関する。

【従来の技術】

【0002】
近年、お年玉付年賀葉書のバリエーションが増加し、薄く着色されたり、異物を混抄した模様が形成された、いろどり年賀が発売され、好評を博している。このような装飾性を備えた用紙をベースとした葉書の需要は、今後益々増加するものと思われる。
【0003】
しかし、異物を混抄した模様紙は印刷時に異物の部分でピッキングが生じやすく、郵政葉書のように大量印刷が必要な用途には、混抄できる異物は限定される。また、異物がランダムに散らばった模様であり、定形の模様を形成したり、規則的に模様を配置することや部分的に模様を配置することは困難である。さらに、近年家庭用インクジェットプリンターの普及に伴い、通信面に写真印刷等を行う場合が多いが、印刷図柄によっては模様が邪魔になることも考えられる。
【0004】
一方、偽造防止性を紙に付与する技術として透かしがあり、証書や商品券等で広く使用されている。紙に透かし模様を付与する方法としては、ダンディーマーク等による型押しやシリンダーマーク等による型抜きによって周囲よりも米坪の低い部分を作る方法(白透かし)、ワックス等を印刷して浸み込ませて透明化する方法(擬似透かし)等がある。この手法を用いれば、定形模様を規則的に紙に付与することが可能であり、葉書用途においても、圧着葉書に透かしを入れることが提案されている(特許文献1、2)。しかし、該文献に記載された透かしはあくまで偽造防止の手段であって、紙になんら装飾性を与えるものではなかった。
【0005】

【効果】

【0008】
本考案の葉書用模様紙は装飾性に優れており、かつ透かして見ないと模様が分かりにくいため、通信面の印刷品質に影響を与える恐れがない。また、透かして見て初めて気付くといった意外性も兼ね備えている。透かし模様を生物または擬人化された生物とすればより装飾性が高く、特に使用される年の干支を透かし模様とすれば、年賀状用途に好適である。3層以上の多層抄紙とし、表裏の最表層以外に型押しまたは型抜きマークを設けて透かし模様を形成すれば、表面に型押しした場合よりも凹凸がなだらかとなり、印刷適性や筆記適性が向上するため、さらに好適である。近年、家庭用インクジェットプリンターが広く普及しているため、少なくとも片面にインクジェット用のインク受容層を設けたものは、さらに好適である。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】は本考案の葉書用模様紙の一例の平面図である。
【図2】は本考案の葉書用模様紙の別の一例の平面図である。
【図3】は本考案の葉書用模様紙の別の一例の平面図である。
【図4】は本考案の葉書用模様紙の断面図の例である。

(57)【要約】

【課題】装飾性に優れ、かつ通信面の印刷品質に影響を与える恐れのない葉書用模様紙および葉書を提供する。【解決手段】3層以上の多層抄紙による葉書用模様紙であって、表裏の最表層以外の少なくとも1層に型押し、または型抜きマークを設けて白透かしとした透かし模様を有し、任意の位置で官製葉書サイズに切り出した際に、少なくともひとつの透かし模様が葉書サイズ内に収まるように透かし模様が配置されている。透かし模様が生物、または擬人化された生物のいずれかを含み、葉書用模様紙の少なくとも片面にインクジェット用のインク受容層が設けられる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):