(54)【考案の名称】面発光レーザーバーコードスキャナ

(73)【実用新案権者】茂森科技股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、バーコードをスキャンまたは読み取ることができる面発光レーザーバーコードスキャナであって、特に面発光レーザー光源モジュールをバーコードのスキャン時に必要な光源とした、面発光レーザーバーコードスキャナに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来のレーザーバーコード読取装置の多くは、その光源に側射型レーザーを採用しており、光源モジュールに屈折レンズを組み合わせ、揺動モーターを利用して屈折レンズを相対揺動させ、光源モジュールが光線を屈折レンズに射出すると、屈折レンズが光線をバーコード上に照射し、光線がバーコードに照射されると、反射光が生じ、この反射光がさらに光ルートを通って読取装置内部のセンサーに向けて照射され、センサーが反射光を検知してバーコード内の関連情報を解読する。
しかしながら、上述のレーザーバーコード読取装置は、その内部の部材と組み立て過程が複雑で、かつ側射型レーザー共振キャビティは約300mm以上であり、読取装置内部部材を小型化することができない。この結果、バーコード読取装置は小型化を進めることができずにおり、これでは現在のハンドヘルド式電子装置(例えば携帯電話など)と結合させたくても実現できない。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
本考案が解決しようとする課題は、小型化することができ、製造コスト及び組み立て難度を低減できる、面発光レーザーバーコードスキャナを提供することにある。

【効果】

【0007】
本考案によれば、面発光レーザー光源モジュールをバーコードのスキャンまたは読み取り時に必要な光源としてあるので、縦シングルモード、低電流、低パワーロス、安定性を生み出すことができ、その垂直共振キャビティの厚さが約1mm以下で極めて薄い特性によって、装置全体が小型化され、製造コストと組み立ての難度を減少することができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本考案の実施例1を示す面発光レーザーバーコードスキャナの斜視図である。
【図2】本考案の実施例1を示す面発光レーザーバーコードスキャナ及びバーコードの平面図である。
【図3】本考案の実施例2を示す面発光レーザーバーコードスキャナの斜視図である。
【図4】本考案の実施例2を示す面発光レーザーバーコードスキャナ及びバーコードの平面図である。
【図5】本考案の実施例3を示す面発光レーザーバーコードスキャナの斜視図である。
【図6】本考案の実施例3を示す面発光レーザーバーコードスキャナ及びバーコードの側面図である。
【図7】本考案の実施例1を示す面発光レーザーバーコードスキャナの斜視図である。
【図8】本考案の実施例1を示す面発光レーザーバーコードスキャナ及びバーコードの側面図である。
【図9】本考案の実施例5に係るターゲット区域及びバーコードを示す図である。

【0009】
以下、本考案の実施例を図面に基づいて詳細に説明する。
【0010】
図1及び図2は本考案の実施例1を示す。
図1に示すように、本考案の面発光レーザーバーコードスキャナ10は、回路キャリア101、面発光レーザーモジュール102、反射光ルート103、及び、センサー104から成る。
回路キャリア101は平面状であって、その面上には各電子部材を電気的に接続して設置することができる回路が設けられ、面発光レーザーモジュール102が回路キャリア101上に電気的に接続して設置される。面発光レーザーモジュール102の垂直共振キャビティの厚さは極めて薄く、縦シングルモード、低電流、低パワーロス、安定性を具えている。
【0011】
面発光レーザーモジュール102の前方には集光器1021が設置され、面発光レーザーモジュール102の発する光を集光器1021に通過させて集光することができる。
また、反射光ルート103が回路キャリア101の面上の空間に形成され、光線を通過させることができる。センサー104は反射光ルート103内に配置され、かつ回路キャリア101上に電気的に接続して垂直に設置される。
センサー104の前方にはレンズセット1041が設置される。レンズセット1041は外部から入射する光線を集光してセンサー104に照射させることができる。
【0012】
面発光レーザーモジュール102は650nm波長のレーザーを照射光として採用しており、これは一種の可視光である。面発光レーザーバーコードスキャナ10を使用する際には、図2に示すように、まず面発光レーザーモジュール102を駆動し、発生した光を集光器1021に通過させて照射光L1を発生させ、この照射光L1をバーコード11に照射して、バーコード11からの反射光L2を発生させる。
反射光L2は反射光ルート103内に進入し、さらにレンズセット1041で集光されて、センサー104に照射され、センサー104がこれを受光する。
面発光レーザーモジュール102の共振キャビティの厚さは極めて薄いので、主要な構成部材を小型化した部材で製作し、装置全体を小型化することができる。
なお、バーコード11は、例えば1次元バーコードまたは2次元バーコード等、各種形式のバーコードとすることができる。
【0013】
図3及び図4は、本考案の実施例2を示す。
図3に示すように、実施例2の面発光レーザーバーコードスキャナ20は、回路キャリア201、発光ダイオード光源モジュール202、面発光レーザーモジュール203、反射光ルート204、及び、センサー205から成る。
回路キャリア201は平面状であって、その面上に電子部材を電気的に接続して設置することができる回路が設けられ、発光ダイオード光源モジュール202及び面発光レーザーモジュール203が回路キャリア201の面上にそれぞれ電気的に接続して設置される。発光ダイオード光源モジュール202及び面発光レーザーモジュール203の発光端には集光器206がそれぞれ設置され、光を集光させることができる。
【0014】
また、反射光ルート204が回路キャリア201の面上の空間に形成され、光を通過させることができる。
さらに、センサー205は回路キャリア201の面上に垂直に設置され、かつ反射光ルート204内に位置している。センサー205の前方にはレンズセット207が設置され、外部から入射する光線をレンズセット207で集光した後センサー205に照射することができる。
【0015】
面発光レーザーモジュール203は850nm波長のレーザーを照射光として採用しており、これは一種の不可視光源である。面発光レーザーモジュール203の射出する光が不可視光であるため、発光ダイオード光源モジュール202を同期して駆動し、図4に示すように、バーコード位置決め用の指示光L3を射出させる。射出された指示光L3は集光器206を通過して光点を発生させ、この光点を位置決め点とし、操作者は位置決め点の位置にバーコード11の位置を対応させることができる。
【0016】
発光ダイオード光源モジュール202の光の色は例えば赤色光、緑色光、青色光等、各種の色とすることができる。なお、指示光の強度を高めるため、発光ダイオード光源モジュール202は別のレーザー光源モジュールで代替することもできる。
また、面発光レーザーモジュール203の発する照射光L4は、集光器206を通過してバーコード11に照射される。照射光L4がバーコード11に照射されると、バーコード11からの反射光L5が発生し、この反射光L5が反射光ルート204を通過した後、レンズセット207で集光され、センサー205に照射されて受光が完了する。
【0017】
図5及び図6は本考案の実施例3を示す。
本考案は、面発光レーザーモジュール102を使用してバーコードをスキャンまたは読み取るときに必要な光源とし、その垂直共振キャビティの厚さが極めて薄いという特性を利用して、スキャナを小型化するものである。
実施例3では、さらなる小型化のために、図5に示すように、センサー104を回路キャリア101の平面に水平に設置してある。そして、センサー104の上方に屈折レンズ105が設置され、屈折レンズ105が反射光ルート103に対応している。
面発光レーザーバーコードスキャナ10を使用する際には、まず面発光レーザーモジュール102を駆動して照射光L1を発生し、照射光L1をバーコード11上に照射して、反射光L2を発生させる。反射光L2が反射光ルート103(図5)を通過して屈折レンズ105に照射され、屈折レンズ105を利用して屈折させることにより、反射光L2をセンサー104に投射させて、センサー104での受光が完了する。
【0018】
図7及び図8は本考案の実施例4を示す。
図7に示すように、小型化のニーズに応えるため、センサー205を回路キャリア201の平面に平行に設置し、センサー205の上方に屈折レンズ208を設置しており、屈折レンズ208が反射光ルート204に対応する。
また、回路キャリア201の面上には、発光ダイオード光源モジュール202及び不可視光を発する面発光レーザーモジュール203が設置されている。
面発光レーザーモジュール203の射出する光源が不可視光であるため、図8に示すように、操作時には、まず発光ダイオード光源モジュール202を駆動して指示光L3を射出させ、位置決め点となる光点を形成して、操作者が位置決め点の位置にバーコード11の位置を対応させることができるようにする。
【0019】
発光ダイオード光源モジュール202の発する光の色は、赤色光、緑色光、青色光等とすることができる。
面発光レーザーモジュール203が発生する照射光L4をバーコード11に照射して、バーコード11からの反射光L5を発生させる。この反射光L5が反射光ルート204(図7に示す)を通過して、レンズセット207で集光された後、屈折レンズ208に照射され、屈折レンズ208がセンサー205に投射し、センサー205に反射光L5を受光させる。
【0020】
図9は本考案の実施例5を示す。
実施例5では、位置指示用に使用されていた発光ダイオード光源モジュール202を、別のレーザー光源モジュールで代替して、位置指示時に必要な光源の強度を高めてある。また、別のレーザー光源モジュールの前端に、枠を形成することができる集光器を組み合わせ、図9に示すように、別のレーザー光源モジュールの作動時に、ターゲット区域209を形成し、使用者がターゲット区域209の枠で囲まれた範囲にスキャンするバーコード11の位置を対応させることができるようにしてある。枠で囲まれたターゲット区域209の範囲は、面発光レーザーモジュール203の射出する光(不可視光)が照射されるスキャン区域である。ターゲット区域209には、さらに使用者が位置合わせを行うための標準線2091を形成してもよい。
【0021】
以上の説明は単に本考案の最良の実施例にすぎず、当業者が、本考案の要旨を逸脱せずに行った同等の変化や修飾はすべて本考案の権利範囲内に含まれる。
【0022】
10 面発光レーザーバーコードスキャナ
101 回路キャリア
102 面発光レーザーモジュール
103 反射光ルート
1021 集光器
104 センサー
1041 レンズセット
105 屈折レンズ
11 バーコード
20 面発光レーザーバーコードスキャナ
201 回路キャリア
202 発光ダイオード光源モジュール
203 面発光レーザーモジュール
204 反射光ルート
205 センサー
206 集光器
207 レンズセット
208 屈折レンズ
209 ターゲット区域
2091 標準線
L1 照射光
L2 反射光
L3 指示光
L4 照射光
L5 反射光

(57)【要約】

【課題】小型化することができ、製造コスト及び組み立て難度を低減できる面発光レーザーバーコードスキャナを提供すること。【解決手段】回路が設けられた回路キャリア101と、回路キャリア101に設置され、レーザー光を発生してバーコードに投射する面発光レーザーモジュール102と、回路キャリア101の面上の空間に形成され、バーコードから反射する反射光が通過する反射光ルート103と、回路キャリア101に設置され、反射光を受光するセンサー104とを含む。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):