(54)【考案の名称】携帯電話に装着できる携帯ルーペ

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
携帯電話に装着された2枚のルーペが固定されるので、手を使わずに画面とボタン部を拡大して見る事ができる携帯ルーペ。

【従来の技術】

【0002】
従来の携帯できるルーペとしては、ポケットやバッグの中に入れて置くもの、ストラップとして携帯電話、バックなどにぶらさげるものや、本考案する携帯ルーペのように、ケースの中に1枚のルーペが収納されて、それを引き出して使用することができるが、現在では子供からお年寄りまでが携帯電話を持つのがあたりまえ、ルーペや老眼鏡より携帯電話を忘れたら一大事と言われる時代です。また、従来の携帯電話ではお年寄りに対処した簡単で大文字などの工夫だけですが、裸眼では見えにくいものです。
【0003】
該当技術は特にない。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
わざわざ老眼鏡をかけなくても常にルーペを身に着けておけば、見えにくいものがあれば取り出して見ることができるが、携帯電話を使用する時に画面と手元のボタン部を見るときに、片手でルーペを持たなければいけないので操作がしにくいことがある。
【0005】
本考案は、わざわざルーペを持ち歩かなくても常備携帯している携帯電話に収縮自在のルーペを連設させることで、老眼鏡をしなくても携帯電話からルーペを簡単に引き出せて携帯電話の画面やボタン部を見られるようにすることである。

【効果】

【0007】
以上説明したとおり本考案によれば、中年層の人は細かい文字など見ることに不自由さを感じながらも老眼鏡やルーペを持つことに抵抗があったが、携帯電話からコンパクトに収納されたルーペを簡単に引き出して見ることができるので、目を細め遠くに離して見ることや、わざわざ老眼鏡を取り出すこともなく、見えにくいからと言って嫌っていた携帯電話のメールも楽しくできるようになった。
【0008】
以下、本考案の実施の形態を図面に基づき詳細に説明する。
【0009】
携帯電話に装着して使用するために図1〜図3で示すとおり、軽くて薄いルーペであることと、ルーペと収縮器具が連結され保護ケースにコンパクトに収納されて構成されているように、収縮器具など軽くて丈夫な材質を選択する必要がある。
【0010】
図1〜図6は本考案の実施の形態に係り、図1は実施の外観斜視図、図2、3は携帯電話に装着しした携帯ルーペの保護ケースから着脱可能なルーペ2を引き出した状態を示す外観斜視図、図4は図1の側面図、図5、6はその2枚のルーペと収縮器具と連結する仕組みと構造を表した外観斜視図。
【0011】
図7は2枚のルーペと連結する収縮器具とがスライドしながら保護ケース15に収納される段階を示す外観斜視図、図8はルーペ2に設けた開閉レバー4を引き上げることで、ルーペ3の枠に連設された軸受孔6から連結軸棒5が解除されてルーペ2だけを引き出すことを可能にする構造を示めす断面図。図9は図8の逆に開閉レバー4を押し下げて2枚のルーペを連結させて保護ケース15から引き出すと、ルーペ3に設けた連結軸棒5と連なる収縮器具9と、それに連結する収縮器具10に設けた収縮器具軸12、13が引き出される方向へ、収縮器具9、10と保護ケース15のそれぞれに施されたスライド溝11をスライドして収縮器具と保護ケースの収縮器具軸受け16と軸止め13で一時的に固定される構造を示す断面図である。
【0012】
図10は連結された2枚のルーペのうち着脱しないルーペ3に設けたルーペ軸棒8が、収縮器具9に施されたスライド溝11に沿って左右にスライドして軸受け16と軸止め13によって一時固定される構造を示した断面図であり、収縮器具9と収縮器具10の連結される構造も同じである。
【0013】
携帯ルーペは厚さ0.5mm程度の薄型アクリル製のルーペに強度を高めて損傷を防ぐための枠を施し、それに設けられた開閉レバー4の裏には、柔軟に上下に曲がりやすくするためのU字型ノッチ7の切り込み部と連結軸棒5を施し、それを押し下げたり、引き上げたりすることでもう1枚のルーペの枠に施した軸受け孔6と連結軸棒5とが着脱する。それにはルーペ軸棒8と軸受け孔、収縮器具軸12、14と収縮器具9、10に施したスライド溝11がスムーズに着脱できてスライドし易く丈夫で硬質な滑りの良い樹脂材もしくは金属を選択する。
【0014】
図9で示すルーペ2とルーペ3の連結軸棒5と軸受け孔6がジョイントしてヒンジとしての適度な径と、図10で示すルーペ3のルーペ軸棒8と収縮器具軸12、14がスライド溝11に収まってスライドできる適度な径で保たれている。ルーペ軸棒8と収縮器具軸12とが連結する収縮器具9、10の連結部分は、軸がスライド溝11の内側より外側に突き通した軸の先端部をスライド溝11の径より大きいキャップでパッキングして収縮器具10の両側面より固定している。
【0015】
ルーペを最大限に引き出した際、収縮器具10に設けられた収縮器具軸14が、保護ケース15に施されたスライド溝11をスライドして収縮器具軸受け16で遮られ軸止め13で固定されて2枚のルーペを広げると、携帯電話の画面とボタン部の両方を見る事ができる。携帯電話のさまざまな形体に合わせる場合、収縮器具とルーペ、2枚のルーペの開く角度など多少の調製を必要とする。
【産業上の利用可能性】
【0016】
本考案は老眼になりかけた中年層をターゲットに製造、販売する産業分野で利用することができる。

(57)【要約】

【課題】老眼鏡をしなくても携帯電話からルーペを簡単に引き出せて携帯電話の画面やボタン部を見られるようにすることである。【解決手段】収縮器具と連結した2枚のルーペを引き出した際、それに連結する収縮器具が携帯電話に装着された保護ケースに固定されながら携帯電話と平行に広がるので、ルーペに手を添えることなく自由に両手を使ってメールなどもできて、ちょっとだけ見たいものがある時でも、着脱可能な開閉レバーを施した1枚のルーペだけを解除して引き出せば見ることができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):