(54)【考案の名称】剥離面に網の目状に接着材を塗工した圧着カード

(73)【実用新案権者】新生印刷株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、官製葉書に貼り合わされた圧着カードを開封する際に剥離面の一部を破損しにくくした圧着カードに関する。

【従来の技術】

【0002】
印刷機を用いて紙面に印刷を施したものがある。
【0003】
紙面に接着材を施し、これを2つ以上に折り畳み、加熱、加圧などのプレス加工により剥離可能な接着を施したものがある。
【考案の詳細な説明】
【0004】
本考案の詳細な説明を図1に基づいて説明する。
【0005】
官製式圧着葉書とは、官製葉書と圧着カードが剥離不可能な状態で接着され、一体化したものである。このことから、官製式圧着葉書は、単なる官製葉書と比べ、圧着カードによる紙面の増加が見られる。また、圧着カードの剥離可能な中面には秘匿された情報を掲載できる。このような特徴により、ダイレクトメールとして、あるいは、個人情報を含んだ通知として、その他、紙面が拡充されたことによる情報伝達能力を利用したあらゆる用途で利用可能である。更に、くじ付の官製葉書を利用することで、付加価値が増大することは言うまでもない。
【0006】
この官製式圧着葉書を構成している圧着カードは、紙面2を折り畳み、その中面に剥離可能な接着材として例えばUV硬化ニスなどを利用し、プレス加工等で接着させたものである。仮に剥離可能な接着材としてUV硬化ニスを用いた場合、官製式圧着葉書を開封した際に、塗工されているニスの一部が破損し、これにより、製品の美観を損なったり、視認性を悪くする品質不良が多発する。この破損を生じにくくする圧着カードについて考案する。

【効果】

【0017】
本考案の効果ついて図に基づいて説明する。
【0018】
本考案によれば、折り畳んだ圧着カードの中面には1が網の目状に塗工されている。従って、網の目でない部分には接着材1が塗工されていない。これは中面の全面に接着材を塗工した場合よりも圧着カード同士の接着領域が小さくなり、結果として対向面同士の接着力を弱化させることになる。
【0019】
これにより、官製式圧着葉書開封時の5を境とした6と7の質量差から起こる対向面同士にかかる引き剥がしの力が弱められ、ニス塗工表層部分が剥がれる現象を抑止することができ、中面における秘匿情報の劣化、破損が生じにくい良質な官製式圧着葉書の提供が可能となる。

(57)【要約】

【課題】官製葉書に貼り合わされた圧着カードを開封する際に剥離面の一部を破損しにくくした圧着カードを提供する。【解決手段】マットコート紙等の表裏の紙面のうち、片側を剥離面とし、剥離面の表層に接着材としてUV硬化ニスを塗工し、紙面を二つ折りして官製葉書と同じような外形寸法となるように圧着してできあがる圧着カードのうち、剥離面全体に対して、網目状にこのUV硬化ニスを塗工して圧着カードを構成する。さらに、網目の形状として、網の部分にこのニスを塗工し、目の部分にはこのニスを塗工せずに、剥離面を内側にして二つ折りし、対向する紙面同士をプレス加工して圧着カードを構成する。さらに、又、二つ折りした外側の面と官製葉書の紙面同士を接着材により貼り合せる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):