(54)【考案の名称】開閉式ソーラーパネル

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】緯利股▲分▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、特に収納及び運搬が非常に容易な開閉式ソーラーパネルに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
ソーラーパネルは、光電効果を有する半導体プレートであり、ソーラーチップ、ソーラー電池または光電池とも呼ばれ、太陽光の照射により発電することができる。また、太陽光による発電は、二酸化炭素などの温室効果ガスが発生しないことから、埋蔵量が少なくなるにつれて価額が高騰する石油による発電に比べ、実に環境に優しい再生可能なエネルギーであるので、石油に代わって次世代のエネルギーになるものと期待されている。
【0003】
上記ソーラープレートは、通常、単結晶シリコンまたは多結晶シリコンからなるものであり、太陽光の照射により電気を生じる受光面が、太陽光に照射されやすい箇所、例えば、広場や屋上などの高所に設置される。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
上記ソーラーパネルの発電量は、受光面積によって決まるので、大面積のソーラーパネルを使用すれば発電量を向上することができるが、面積が大きければ運搬や収納も難しくなるので、例えば、大雨や台風などの悪天候時に、収納が間に合わずに受光面が破損し、使用寿命や発電力の低下などを招く恐れがある。
【0005】
そこで、案出されたのが本考案であって、複数の基板を互いに枢設することによって自在に開閉することができるソーラーパネルを提供することを目的としている。

【効果】

【0011】
本考案は前記問題を解決するものであり、ボールねじを駆動して連接棒ユニットを作動させ、折畳基板、横基板及び上部基板を移動させることにより、ソーラーパネル本体を開閉できることから、悪天候時に、各基板の受光面を遮蔽することによって破損などによる損害を防止することができるので、ソーラーパネルの使用寿命を延長し、発電力を維持することができると共に、ソーラーパネル本体の体積も小さくできる。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本考案に係る開閉式ソーラーパネルの開いた状態における斜視図である。
【図2】本考案に係る開閉式ソーラーパネルの開いた状態における断面図である。
【図3】本考案に係る開閉式ソーラーパネルにおけるソーラーパネル本体の一部平面図である。
【図4】本考案に係る開閉式ソーラーパネルにおける一部分解斜視図。
【図5】本考案に係る開閉式ソーラーパネルの開閉操作中における断面図である。
【図6】本考案に係る開閉式ソーラーパネルの閉じた状態における断面図である。
【図7】本考案に係る開閉式ソーラーパネルの閉じた状態における斜視図である。

【0013】
以下、添付図面を参照して本考案の好適な実施の形態を詳細に説明する。尚、下記実施例は、本考案の好適な実施の形態を示したものにすぎず、本考案の技術的範囲は、下記実施例そのものに何ら限定されるものではない。
【0014】
図1及び図2に示すように、本考案の開閉式ソーラーパネルは、台座10と、ソーラーパネル本体20、ボールネジ30と、連接棒ユニット40とを備え、その内、台座10は内部空間を有し、該内部空間に位置決め板11が設けられると共に、該位置決め板11の上面に支持台12が設置され、該支持台12における台座10の中心と対応する部位に位置決めリング13が形成される。尚、前記台座10の内部には、モータ(図示せず)を設置することができる。
【0015】
前記ソーラーパネル本体20は、中央部に通孔211が形成されると共に、複数の長穴212が形成される底部基板21を有し、該底部基板21の周囲に複数の横基板22が枢設されると共に、隣接する2つの横基板22の間にそれぞれ、2つの折畳基板23が枢設され、更に、それらの横基板22における底部基板21と反対する側に上部基板24が枢設され、底部基板21は、前記台座10に固定される。
図3及び図4に示すように、上部基板24と折畳基板23とを横基板22に枢設する手段として、横基板22と折畳基板23とが隣接する側辺にそれぞれ蝶番26が、横基板22と上部基板24とが隣接する側辺にそれぞれ蝶番26Aが設置されると共に、該各基板22、23、24の側辺における蝶番26、26Aに、対応する枢軸25、25Aが挿設され、その内、横基板22と折畳基板23との間の枢軸25が、折畳基板23側の蝶番26に固定されると共に、該上部基板24と隣接する一端にヘリカルギア27が設けられ、該横基板22と上部基板24との間の枢軸25Aが、該上部基板24側の蝶番26Aに固定されると共に、一端に、対応するヘリカルギアに噛合されるヘリカルギア27Aが設けられる。
また、前記任意の隣接する2つの折畳基板23の隣接部位は、底部基板21における長穴212と対応すると共に、任意の隣接する2つの折畳基板23の間にそれぞれ2つの蝶番26Bが設けられ、該2つの蝶番26Bはそれぞれ対応する折畳基板23に取り付けられると共に、該2つの蝶番26Bにスライドロッド25Bが挿設される。
【0016】
前記ボールネジ30は、ネジ棒31と、該ネジ棒31に取り付けられるナット32とを有し、その内ネジ棒31は、下端が台座10の内部に位置するように前記底部基板21の通孔211と台座10の位置決めリング13に挿設されると共に、その下端に前記モータの駆動軸が連結され、該ナット32の内部にボールが設けられ、これにより、該ネジ棒31に対して直線運動することができる。
【0017】
前記連接棒ユニット40は、前記ナット32に固定される上部カバー43と、上端が該上部カバー43の周囲に枢設される複数の上部連接棒41とを有し、その内上部カバー43に穿孔431が形成されると共に、該穿孔431に前記ネジ棒31が挿設され、更に、該複数の上部連接棒41の下端にそれぞれ下部連接棒42が枢設され、該各下部連接棒42の上端にそれぞれパイプ44が枢設されると共に、該各パイプ44に、対応するスライドロッド25Bが挿設され、該各下部連接棒42の下端が、底部基板21の長穴212において摺動可能に前記台座10の位置決め板11の中央部に枢設される。
【0018】
図に示す実施例においては、底部基板21が六角形を呈し、その6つの側辺にそれぞれ矩形の横基板22が枢設されると共に、任意の隣接する2つの横基板22の間に、三角形を呈する2つの折畳基板23が枢設され、また、前記上部基板24は台形を呈すると共に、前記上部カバー43は六角形を呈し、該上部基板24の上辺は、上部カバー43の側辺と対応しており、更に前記連接棒ユニット40の数量は6つである。
【0019】
図5に示すように、ソーラーパネル本体20を折畳む時は、先ずモータまたは人力でネジ棒31を回転させてナット31を上昇させ、下部連接棒42を、底部基板21の長穴212における中央部へ移動させると共に、該下部連接棒42の上端に枢設されるパイプ44を、スライドロッド25Bに対して摺動させて折畳基板23と横基板22を中央部に引き寄せて折畳む。更に、本考案によれば、図3に示すように、それと同時に枢軸25を回転させてヘリカルギア27とヘリカルギア27Aを介して枢軸25Aを回転させるので、該枢軸25Aと固定する上部基板24も折畳むことができる。
【0020】
図6及び図7に示すように、本考案が折畳まれた状態では、上部基板24の上辺は上部カバー43の側辺に当接した状態であると共に、横基板23は直立状を呈し、また、上部連接棒41と下部連接棒42はネジ棒31に近接していると共に、隣接する2つの折畳基板22は折畳まれて横基板23により囲まれた空間内に収納され、ソーラーパネル全体が六角形となる。この状態では、展開時に比べて体積が小さくなることから、運搬や収納が容易であるだけでなく、各基板21,22,23,24の受光面が遮蔽されるので、破損による寿命の短縮や発電力の低下を防ぐことができる。また、使用時は、ナット32をボルト31の下方に移動させて連接棒ユニット40を動かせば、各基板21,22,23,24の受光面を、太陽光に照射されやすい同一平面上に位置させることができる。
【0021】
10 台座
11 位置決め板
12 支持台
13 位置決めリング
20 ソーラーパネル本体
21 底部基板
211 通孔
22 横基板
23 折畳基板
24 上部基板
25、25A 枢軸
25B スライドロッド
26、26A、26B 蝶番
27、27A ヘリカルギア
30 ボールネジ
31 ネジ棒
32 ナット
40 連接棒ユニット
41 上部連接棒
42 下部連接棒
43 上部カバー
431 穿孔
44 パイプ

(57)【要約】

【課題】自在に開閉することができるソーラーパネルを提供する。【解決手段】台座10と、台座10に固定される底部基板21を有するソーラーパネル本体20と、底部基板21に挿設されて下端が台座10の内部に位置するネジ棒31及びネジ棒31に取り付けられるナット32とを有するボールネジ30と、ナット32に固定される上部カバー43及び上端が上部カバー43の周囲に枢設される複数の上部連接棒41とを有する連接棒ユニット40とを備える。底部基板21の周囲に複数の横基板22が枢設されると共に、隣接する2つの横基板22の間にそれぞれ、2つの折畳基板23が枢設される。上部カバー43にネジ棒31が挿設され、複数の上部連接棒41の下端にそれぞれ下部連接棒が枢設され、各下部連接棒の上端は摺動可能に対応する折畳基板23の間に設置され、各下部連接棒の下端は、台座10の中央部に枢設される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):