(54)【考案の名称】可動式太陽光発電パネル

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図5

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽光発電パネル表面を簡単に安全に清掃でき高発電量を維持できる可動式太陽光発電パネルに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来の太陽光発電パネルは表面汚れ等による発電量低下に問題があり、特開2008−21683で示すようにワイパーや振動及び傾斜を使って降り積もった灰や砂などを清掃するのであるが積雪には対応できない。また汚れて発電量が低下してから行なわれるものであり、結果として清掃度合いが低い。システムとして高額でありメンテナンスコストも掛かる。実願2009−6964は太陽光入射角度の調整用であり降灰や積雪での発電量低下時の清掃は屋根に上る必要があり危険な作業となる。
出願番号 特開2008−21683
出願番号 実願2009−6964

【効果】

【0005】
本考案に係わる可動式太陽光発電パネルは、レール付柱上で上下に動き、またレール付梁上では前後に動くのでレール付柱を使い太陽光発電パネル設置屋根部一辺を地面方向に降ろす事で太陽光発電パネル設置屋根部は傾斜しながら地面に近づき止る。急勾配が付いた太陽光発電パネルは人が地上から簡素な清掃道具を用いて安全に丁寧に清掃出来る。また降雪、降灰などの情報を事前に得ることで予め急勾配にしておき清掃の負担を軽くする事が出来る。以上のような事で今まで普及率が低かった積雪する地域や降灰のある地域でも広く利用されるものである。

(57)【要約】

【課題】積雪や降灰時に太陽光発電パネル表面を簡単に安全に清掃でき光発電量を維持できる可動式太陽光発電パネルを提供する。【解決手段】相対するレール付柱1に接合した相対するレール付梁5をレール無し柱2及び梁を用いて四方に組立て、太陽光発電パネル9設置屋根部7左右側面前後又は左右側面付近前後に可動車を配置する。レール付柱上で左右前部可動車は上下に動きレール付梁上では左右後部可動車が前後に動くことで、レール付柱上で左右前部可動車を地上方向へ動かすと左右後部可動車は前方へ移動して太陽光発電パネル9全体を傾斜させることで清掃負担の軽減を図ることができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):