(54)【考案の名称】絵手紙用の葉書用紙

(73)【実用新案権者】有限会社三共社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、切手を貼って葉書として使用することができる葉書用紙に関し、更に詳しくは、例えば旅先に絵筆等を持参していない場合でも、簡単、迅速に絵を描いて独自の絵手紙を出すことができるよう形成した絵手紙用の葉書用紙に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、私製の葉書用紙としては、例えば観光地の風景等が裏面に印刷されている絵葉書がある。
ただ従来、この種の絵葉書は、通常、購入者が絵を勝手に変更したり、加工することができなかったから、この従来品の場合は絵手紙(絵葉書)として面白味がなく、画一的で独自性に欠けるものであった。
【0003】
また従来、差出人が独自性や個性を出すことができるものとしては、例えば特許文献1に記載されているものがある。
この従来品は、花や葉などを葉書用紙に貼り付け、その上にフィルムを被せてパックできるように形成しているものである。
【0004】
而して、この従来品は、本来、絵の不得意な人などが絵を描かなくても、芸術的な葉書を送ることができるようにすることを、その目的としているものである。
従ってこの従来品によっては、観光地等の景色を、簡単、迅速に描いて、旅先等から独自性のある絵手紙を出すことができない、という問題があった。
【0005】

【効果】

【0015】
本考案は、このように宛名を記載する葉書本体部と、この葉書本体部から投函時に切り離すパレット部分とで形成し、このパレット部分に、乾燥状態の複数色の水溶性絵具と、この絵具を混合するための混合箇所とを面状に形成しているものである。
【0016】
従って本考案によれば、スケッチブックや絵具を持たずに観光地などを訪れたときでも、現地で水彩画を簡単且つ手軽に描くことができ、またパレット部分を切り離すことで、独自の個性的な絵手紙(絵葉書)を出すことができる。
また本考案は、観光客が絵手紙を出すことで、絵手紙に描かれている観光地が話題になり、ひいては観光客の増加にもつなげることができるから、これによれば、地域の活性化にも貢献できる。
【図面の簡単な説明】
【0017】
【図1】本考案の葉書用紙の好適な一実施形態を示し、Aは表側を示す正面図、Bは裏側を示す背面図である。
【図2】図1BのII−II線における要部拡大断面図である。
【図3】同上の葉書用紙の使用例を説明するための斜視図である。
【図4】同上の葉書用紙の使用例を説明するための斜視図である。

【0018】
以下、本考案を実施するための好適な一実施形態を、添付図面に従って説明する。
本考案は、図1等に示されるように、宛名が記載される葉書本体部1と、この葉書本体部1から投函時に切り離されるパレット部分2とで形成されている。
【0019】
葉書本体部1は、長方形に形成され、表側の面に切手の貼り付け位置を示す枠1a、送り先の郵便番号の記入欄1b、及び差出人の郵便番号の記入欄1cが印刷され、また通信文の記入箇所1d等を備えて形成されている。また本考案は、図1Bに示されるように、葉書本体部1の裏面に、塗り絵用の下絵3が印刷されている。
【0020】
本考案の場合、葉書本体部1とパレット部分2は、鋏等の道具を使用することなく、手で切り離しが可能になるよう、ミシン目4を介して接続されている。このミシン目4を介して切り離されるパレット部分2は、この実施形態では長方形の葉書本体部1の短手方向に沿って設けられている。
【0021】
また本考案は、パレット部分2に、乾燥状態の複数色の水溶性絵具5と、この絵具5を混合するための混合箇所6とが面状に形成されているシール7が、貼り付けられている。この実施形態の本考案の場合、シール7は、葉書本体部1の裏側のパレット部分2に貼り付けられている。
【0022】
水溶性絵具5は、この実施形態では黒色、茶色、赤色、黄色、緑色、青色、白色の7色でなり、この各色がシール7に円形に付着されて弧状に配置されている。また混合箇所6は、この実施形態では弧状に配置されている水溶性絵具5の付着箇所の内側に、区画線6aが、図面上、上下に線対称状に印刷されることにより形成されている。
【0023】
また本考案は、パレット部分2に、使い方の説明文が印刷されている。この説明文は、この実施形態では、区画線6aの内側位置8に、「ここで色をまぜてネ!」と表示され、シール7の余白位置9に、「水のついた筆で、パレットの色を溶かして絵を描いてください。」と表示されている。
【0024】
またパレット部分2の裏側の余白位置10に、下絵3に対応した観光地名が、例えば「高尾山ケーブルカー清滝駅」等と表示されている。
【0025】
またこの実施形態では、パレット部分2の表側の余白位置11に、「絵具5の部分を筆で少しづつ溶かしながらパレットの上でならし、色をうすく塗り重ねて下さい。」、「携帯には水筆が手軽で便利です。」、「彩色後はミシン目より切り離して、葉書としてお使い下さい。」と箇条書きされ、その横に、パレット部分2を切り離す様子を示す絵12が印刷されている。
【0026】
次に、この実施形態の本考案品の使用例を説明する。
先ず使用者(購入者)は、図4に示されるように、水筆13(柄の部分に水を内蔵する市販の水彩用絵筆)で、絵具5をなぞり、硬化している絵具5を溶かす。
次に使用者は、通常の水彩絵具5で彩色する場合と同様に、思い思いの色彩感覚で下絵3を塗る。
【0027】
この場合、混合箇所6は色を混ぜるのに使用する。水筆13は、柄の部分を押すと水が出る。従って絵具5の濃さは、水の量を加減することで調節する。また色を変更するときは、水を出し、ティッシュで筆先をぬぐって綺麗にしてから、他の色を筆先に付けて行う。
【0028】
而して、色付けが終了し、絵が完成したら、使用者はパレット部分2をミシン目4から切り離す。そして、パレット部分2は廃棄し、葉書本体部1は、表に、友人や知人、家族等の宛名を書き、切手を貼って投函する。
【0029】
以上の処において、本考案の場合、パレット部分2の形成位置は、上例に限られず、適宜選定されるので良い。
また絵具5の色の数、種類は、任意であるが、少なくとも赤、青、黄の三原色は付着されているのが好ましい。
【0030】
また本考案は、葉書本体部1の裏面に、下絵3が描かれている場合には限られない。
即ち、本考案は、使用者が好きな絵を自由に描くことができるよう、葉書本体部1の裏面が無地に形成されているのでも良い。
【0031】
1 葉書本体部
2 パレット部分
3 下絵
4 ミシン目
5 水溶性絵具
6 混合箇所
7 シール

(57)【要約】

【課題】旅先等で、例えば絵筆等を持参していない場合でも、簡単、且つ迅速に、独自性のある個性的な絵手紙を出すことができる絵手紙用の葉書用紙を提供する。【解決手段】宛名を記載する葉書本体部1と、この葉書本体部1から投函時に切り離すパレット部分2とで形成する。パレット部分2に、乾燥状態の複数色の水溶性絵具5と、この絵具5を混合するための混合箇所6とを面状に形成しているシール7を貼り付ける。シール7を、葉書本体部1の裏側のパレット部分2に貼り付け、パレット部分2に、使い方の説明文を印刷しているのが好ましい。また、葉書本体部1の裏面に、塗り絵用の下絵3を印刷しているのが良い。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):