(54)【考案の名称】鏡の機能を備えた携帯電話機

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【効果】

【0003】
本考案に基づいて作られた携帯電話機を所持すれば、別に手鏡を携帯する必要がなくなる、加えて電車の中等では周りの人に気付かれずに手鏡を使用できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】既存の携帯電話機の使用時のディスプレイの画面の図
【図2】本考案の携帯電話機のディスプレイの画面が鏡に変わったときの図


(57)【要約】

【課題】日常携帯しなければならない必需品と化した携帯電話と、元々携帯を要した手鏡を一体化して、携帯すべき物品を減らすことができるように、携帯電話機のディスプレイの画面に手鏡の機能を持たせた携帯電話機を提供する。【解決手段】携帯電話機の機能の他にディスプレイの画面を鏡に変える回路をあらかじめ携帯電話機の中に組み込んで置き、所定の操作を行うとディスプレイの画面が鏡に変る機能を備えて携帯電話機を構成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):