(54)【考案の名称】袋綴じ用紙

(73)【実用新案権者】株式会社スカイライト・バイオテック

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図10

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、契約書等の書類を綴じる際に使用する袋綴じ用紙に関する。

【従来の技術】

【0002】
契約書類や会議の議事録等において、その書類を構成する多数枚の紙をホッチキスで綴じ込んでから、その綴じ込み部をテープや糊付けした紙片で覆うことにより、袋綴じ製本を行うことが一般的である。
袋綴製本は個人の工作的技量に委ねられているのが現状であり、技術的な改良がなされず、袋綴じの見栄えや効率等が改善されておらず、作業者が誰でも簡便に速やかに完成できるような方法が要望されている。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
したがって本考案は、従来の袋綴じの問題点を解消し、契約書等を作成する際に、誰でも簡便に効率的に手違いが無く袋綴じを実施できることを目的としている。

【効果】

【0005】
上述の様に、本考案の袋綴じ用紙は、袋綴じ作業に慣れていない作業者であっても、紙片を折り込む手順を間違えたり、袋綴じが不十分で紙片が散乱したりすることなく、簡便効率的に確実な袋綴じ作業を実現できる効果がある。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】 本考案の請求項1に係る袋綴じ用紙表面の平面図である。
【図2】 本考案の請求項1に係る袋綴じ用紙裏面の平面図である。
【図3】 本考案の請求項2に係る袋綴じ用紙表面の平面図である。
【図4】 本考案の請求項2に係る袋綴じ用紙裏面の平面図である。
【図5】 本考案の請求項3に係る袋綴じ用紙表面の平面図である。
【図6】 本考案の請求項3に係る袋綴じ用紙裏面の平面図である。
【図7】 本考案の請求項4に係る袋綴じ用紙表面の平面図である。
【図8】 本考案の請求項4に係る袋綴じ用紙裏面の平面図である。
【図9】 本考案に係る袋綴じ用紙の断面図である。
【図10】 本考案に係る袋綴じ用紙を利用した契約書類表面の平面図である。
【図11】 本考案に係る袋綴じ用紙を利用した契約書類裏面の平面図である。

【0007】
本袋綴じ用紙の表面の剥離紙を剥がし、契約書等の複数枚の紙片の片側綴じ部に貼り付け、ホッチキスで綴じる。袋綴じ用紙の谷折り部に沿って谷折りを繰り返し、突起部を折り込み、袋綴じ用紙裏面の剥離紙を剥がして契約書等の複数枚の紙片の裏側に貼り付けることで、袋綴じが完了する。
【0008】
以下、実施例により本考案をより詳細に説明するが、本考案の技術的範囲は以下の実施例に限定されるものではない。
【0009】
図1は本考案の袋綴じ用紙の表面を図示している。表面剥離紙3を剥離し、図10に一例を示すように契約書等の綴じ部へ表面接着層2を接着させ貼り付け、契約書等をホッチキス綴じ部7でホッチキス綴じする。
図2に例示してある裏面の谷折り部に折り目をつけた後に、裏面剥離紙5を剥離し、図11に一例を示すように、裏面接着部4を契約書等の表面から裏面へ順次貼り付けていく。
【0010】
その際、図3と図4に記載のある折込み用突起部6を有する場合には、図11に示す通り契約書類等裏面へ折り込んで貼付ける。
【0011】
また、図6、図7、図8、図9に一例を示すように、表面剥離紙3、裏面剥離紙5に手順が記載されている場合には、この手順に沿って作業をすることによって、不慣れな作業者も効率的、確実に袋綴じを完成させることができる。
【0012】
本考案の袋綴じ用紙は、一般的な契約書やビジネス文書に多用されるA4サイズまたはB5サイズに対応させて、その書類のサイズに適したものを準備することができる。またそれ以外の特殊なサイズの文書の場合でも、袋綴じ用紙の長さを変えて対応させることができる。
【0013】
1.袋綴じ用紙 2.表面接着層 3.表面剥離紙 4.裏面接着層 5.裏面剥離紙 6.折込み用突起部 7.ホッチキス綴じ部

(57)【要約】

【課題】 作業者が誰でも簡便に速やかにかつ見栄え良く効率等に袋綴じ作業を完成することができる、袋綴じ用紙を提供する。【解決手段】 帯状の袋綴じ用紙の表面の少なくとも一部縁部に塗布された接着層とそれを覆う剥離紙とを備え、紙片裏面側の綴じ部に密接される袋綴じ用紙の裏面全部の少なくとも一部縁部に塗布された接着層とそれを覆う剥離紙とを備えたことを特徴とする袋綴じ用紙である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):