(54)【考案の名称】多用途の対話式カード

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図5

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は一種のカードに関し、特に正面は一般カードとして使用でき、背面はしおり、ラベル等の記録に使用できる多用途の対話式カードに関する。

【従来の技術】

【0002】
公知のカードの多くはカードホルダーまたは名刺に変化が施されている。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
しかし、公知のカードは提供される機能が便利とはいえず、構造上さらなる変化を追加する必要がある。
よって、名刺用途と記憶補助機能を持つ他に、カードホルダーと名刺機能と効果が結合した多機能カードを提供できれば、より多くの実用性を増やすことができる。
【0004】
本考案の主な目的は、前述した公知技術の問題を解決することである。

【効果】

【0006】
本考案に係る多用途の対話式カードは、例えば、レストランの料理メニュー、キーチェン、ICカードまたは多種のカード等のように他の物品と結合することで、実用性を向上できる。
さらに、趣味性を有し、かつ記憶の補助機能および広告効果を備えた多用途の対話式カードを提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1A】本考案に係る基板の一平面と軸カラーを示す図である。
【図1B】本考案に係る基板もう一つの平面を示す図である。
【図2A】本考案に係る一組の回転盤の第1層を示す図(その一)である。
【図2B】本考案に係る一組の回転盤の第2層を示す図(その一)である。
【図2C】本考案に係る一組の回転盤の第3層を示す図(その一)である。
【図2D】本考案に係る一組の回転盤の第4層を示す図(その一)である。
【図3A】本考案に係る一組の回転盤の第1層を示す図(その二)である。
【図3B】本考案に係る一組の回転盤の第2層を示す図(その二)である。
【図3C】本考案に係る一組の回転盤の第3層を示す図(その二)である。
【図3D】本考案に係る一組の回転盤の第4層を示す図(その二)である。
【図4A】本考案に係る一組の回転盤の第1層を示す図(その三)である。
【図4B】本考案に係る一組の回転盤の第2層を示す図(その三)である。
【図4C】本考案に係る一組の回転盤の第3層を示す図(その三)である。
【図4D】本考案に係る一組の回転盤の第4層を示す図(その三)である。
【図5】本考案の応用図を示し、料理メニューを選択メニューとして使用されている。
【図6A】本考案に係る一組の回転盤の第1層の図式と符号を示す図である。
【図6B】本考案に係る一組の回転盤の第2層の図式と符号を示す図である。
【図6C】本考案に係る一組の回転盤の第3層の図式と符号を示す図である。
【図6D】本考案に係る一組の回転盤の第4層の図式と符号を示す図である。
【図6E】本考案の基板を示す図である。
【図7】本考案をキーチェーンに応用した例を示す図である。
【図8】本考案の応用図であり、基板を折り畳んだ状態を示す。
【図9】本考案の実施例3の概略図であり、万年暦の多機能カードと結合された形態を示す。
【図10】本考案の実施例3の構造を示す図である。
【図11】本考案の実施例3の立体図である。

【0008】
以下に図面を参照しながら本考案の実施例について詳しく説明する。
【0009】
図1A乃至図8に本考案に係る多用途の対話式カードの一例を示す。
本例に係る対話式カードは、主に記憶の補助、またはラベル等に代わる機能を有するもので、その適用範囲はきわめて広汎である。
【0010】
本考案に係る多用途の対話式カードは、主に薄板からなる基板1を有し、基板1の一表面に伝達されるメッセージの情報を印刷されている。
基板1はもう一つの表面(裏面)に複数の中軸11を有する。中軸11は他の素子を嵌設して使用できる(図1A参照)。
中軸11は基板1をダイカスト成形するか、または基板1と合わせて基板1上に単独で取り付けるコンポーネントであってもよい。
【0011】
図5に示すように、基板1は複数組の回転盤2を具備する。
各組の回転盤2は4層の回転盤からなる。
すなわち、回転盤2は図2A〜Dに示す第1層12と、第2層14と、第3層16と底層18の回転盤を重ね合わせてなる。
回転盤2は略円形を形成し、各層の回転盤の平面に軸穴20を設けられている。
軸穴20の径は対応するの中軸11の径に同じで、かつ軸穴20は中軸11に嵌合することによって、回転盤2が回転可能となっている。
【0012】
取扱性と利便性をよくするため、上層の面積はその次の層の面積より小さいか、または等しく配置することがこの好ましい。
【0013】
基板1はさらに軸カラー3を備える。
この軸カラー3は中軸11に嵌合するか、接着、或いは縫製加工等を行って、上部の面積が底部の面積をやや大きくすることで、他の部品の脱落を防止できる(図1Aを参照)。
【0014】
本考案に係る対話式カードを組み立てるときには、回転盤を層に分けて基板1から延設された中軸11に嵌設し、各層の回転盤の軸穴20を中軸11に合わせて嵌合する。
最後に、軸カラー3を中軸11に嵌装(接着または縫製)すればよい。
軸カラー3の上部の面積が底部より大きいため、回転盤3は落ちることなく、中軸11に沿って回転できる。
【0015】
図8を参照して説明する。基板1は半折状態にすることができる。
基板1の部材に磁性物質(例えば、磁石、磁粉等)を予め付設して磁性をもたせておき、基板1を半折りしたとき互いに吸着し得るようにしてもよい。
【0016】
回転盤は2つの配置方法がある。
【0017】
<イ>第1層12と第3層16の回転盤の上面に覗き窓22が設けられ、かつ第2層14と底層18はそれぞれ上部層の覗き窓を所定の表示データが印刷された箇所に対応させ、覗き窓22を通じて次の層の回転盤の表示データを見ることができる。
図2A〜2Dに例示した回転盤の第2層14と底層18の平面上に図式と符号111(例えば、テーブル番号、レストランの料理メニュー写真、調味料の写真等)が印刷されており、かつ図式と符号111は軸穴20を中心として輪状に配列されている。
【0018】
<ロ>その回転盤ユニットにおいて、各層の回転盤の平面上に覗き窓22が設けられ、かつ同一平面上に図式と符号111を設けられている。
図式と符号111は軸穴20を中心として輪状に配列されている(図6A〜6Eを参照)。
【0019】
本考案に係る回転盤の2つの配置方法について、それぞれに実施例と合わせて以下のに詳細に説明する。
【0020】
図2A乃至4Dを参照して説明する。
本考案の実施例1に係る多用途対話式カードにおいては、第1種の配置方法を使用して、選択メニューが例えば料理メニューに適用できる。
3組の回転盤が組合せされて料理メニューに設計されていて、料理の分類に使用されている。
【0021】
続いて、図5を参照して説明する。
本実例においては、客が本考案を適用した料理メニューを基に食事を注文することができる。
すなわち、第1種の回転盤の覗き窓を自らの好みの料理に回した後、第3層の回転盤を希望の料理に組み合わせたい調味料に回すことによって、簡単に、しかも興味深い食事の注文をすることができる。
【0022】
図6A乃至図7を参照して実施例2を説明する。
本実施例2に係る多用途対話式カードにおいては、第2種の配置方法を使用する。
本実施例では多用途対話式カードをキーチェンに適用している。
基板1をキーチェン100と一体に結合させて使用する。本実施例では、多用途対話式カードを例えば駐車位置、保管ロッカーの番号や位置、或いはCD/VCD/DVDの歌曲や映画のチャプター番号の記憶補助機能として使用することかできる。
そのうち、第1層12、第2層14、第3層16の回転盤に印刷された図式と符号111はアラビア数字の0〜9であり、底層18に印刷された図式と符号111は英語アルファベットのA〜Zである。
同じ基板の平面上に図式と符号111を追加し中軸11を中心にして輪状に配列されている。
そのうち、図式と符号は階層の表示区域であり、それぞれ1F〜6FとB1〜B6が表示されている。
【0023】
キーチェンと結合した本実施例では、例えば、車を地下1階Eゾーン101号の位置に駐車した場合(図7を参照)、利用者はまず底層の回転盤18をB1に回した後に第3層の回転盤16をEに回して、各層の回転盤は順番に1、0、1に回した後に、車の駐車位置が分かる。
駐車区域が大きいため、駐車位置を忘れたときでも、方々に車を探すことを回避することができる。
【0024】
本考案では既述した図式や符号111の表記を多種の符号に変更してもよい。
図式と符号111は、例えば星座符号、矢印、ローマ字符号、アルファベット、各種の文字または図案等で表示することができる。
【0025】
覗き窓は、パンチ孔、または透明部材より構成してもよく、或いはこれらに類似するものを代用してもよい。
【0026】
図9に本考案実施例3の応用例を示す。
本実施例においては、万年暦と結合した応用例を示す。
そのうち、底層の回転盤の図式と符号111’は数字1〜31であり、日付として使用する。第3層の回転盤の図式と符号111’はそれぞれ文字の日、月、火、水、木、金、土による週間の曜日に対応して輪状に繰り返し配列して置き、第2種の回転盤の図式と符号111’は月を表す数字0〜12とし、または他の図案または符号(例えば、矢印、星印、階層番号B1〜B4等は、特別注記に使用する)としてもよい。
これにより、使用者は第3層の回転盤を底層の回転盤の日付に対応させることで、その月の日付を底層の回転盤に対応することができる。
このほか、特に思い出したい期日があるとき、使用者は第2層または第3層の回転盤より適合するように図式と符号を選択して記憶したい第2層の回転盤を回して、日付または時間とを互いに対応させる。これにより、使用者は重要事項を忘れることなく、いつにどのような注記事項があるかを知ることができる。
【0027】
図10と図11に本考案に係る多用途の対話式カードを示す。
本例に係る参多用途の対話式カードは、記憶の補助、又はラベル等に代わる機能を有するため、その適用範囲はとても幅広いものとなる。
【0028】
本考案に係る多用途の対話式カードは基板1’を有する。
この基板1’は薄板からなり、基板1’の一表面に他の部品と結合するための連結部を設けられ、基板1’もう一つの表面に伝達したいメッセージ情報が印刷されている。
【0029】
本考案に係る多用途の対話式カードは複数組の回転盤2’を有する。
各組の回転盤は複数層の回転盤を重ね合わせてなる。
それぞれ第2層14’、第3層16’と底層18’の回転盤より重ね合わせてなる。
回転盤は略円形を形成し、底層18’の回転盤の一表面は中間位置に支軸180’を凸設され、支軸180’は他の層の回転盤の嵌設に備える。
【0030】
前記第2層14’と第3層16’の回転盤の平面上には軸穴20をそれぞれ設ける。
軸穴20の直径は対応の支軸180’の直径に対応され、かつ軸穴20を支軸180’に嵌設することによって、第1層12’の回転盤を支軸180’に固定することができる。
第1層の回転盤の面積は支軸180’の面積より大きいため、回転盤は支軸を中心として回転自在である(図10を参照)。
【0031】
取扱生徒利便性をよくするため、上層の面積はその次の層の面積より小さいか、又は等しく配置することがこの好ましい。
【0032】
本考案に係る多用途の対話式カードは取付リング30’を有する。
取付リング30’は略円盤状を呈する。取付リング30’の両側は固定足301’を対称的に突設されている。
取付リング30’を第1層の回転盤に挿入し、固定足301’を底層18’の回転盤に貫設した上、固定足301’を折り曲げて基板に貼り付けさせて、第1層12’の回転盤を固定しておくと、他の部品の抜け出しを防止できる。
【0033】
取付リング30’は金属ワイヤーまたはエナメル線からなる。
【0034】
図10を参照して説明する。
本考案に係る多用途の対話式カードを組み立てるときには、回転盤を層に分けて底層18’の回転盤より延設された支軸180’に嵌装し、各層の回転盤の軸穴20’を支軸180’に合わせて嵌入する。
底層18’の回転盤もう一つの表面を基板1’接着させ、最後に取付リング3を第2層14’の回転盤に挿入し、固定足を基板に通した後固定足301’を折り曲げて基板の底部に張り付けておく。これにより、回転盤は落ちることなく、支軸180’に沿って回転できる。
【0035】
本実施例においては、各組の回転盤の平面に図式と符号111’が設けられ、かつ図式と符号111’は支軸180’を中心として輪状に配列されている。
【0036】
本実施例において、支軸と各層の回転盤は歯車の噛合方式によって回転することができる。
支軸はさらに外部歯車と、各層の回転盤に備える軸穴の内縁に対応の内部歯車をそれぞれ設けられておいる。各層の回転盤と支軸とを噛合することで、各層の回転盤を滑ることなく確実で順調に操作できる。
【0037】
前記した詳細な説明の記載は、本考案の実施例について説明するものである。ただし、該実施例は本考案になんらの制限を加わるものではない。本考案の技術精神に基づく等効果の応用又は変更は、すべて本考案の実用新案登録請求範囲に含むものである。
【0038】
1 基板
1’ 基板
2 回転盤
2’ 回転盤
3 軸カラー
11 中軸
11 軸穴
12 第1層
12’ 第1層
14 第2層
14’ 第2層
16 第3層
16’ 第3層
18 底層
18’ 底層
20 軸穴
22 覗き窓
30’ 取付リング
100 キーチェン
111 図式と符号
111’ 図式と符号
180’ 支軸
301’ 固定足

(57)【要約】

【課題】多用途の対話式カードを提供する。【解決手段】基板と、回転盤と、中軸とを備える。基板は薄板であり、一表面にメッセージを伝達する情報が印刷され、もう一つの表面に中軸を備える。回転盤は複数層を重ね合わせてなり、各層の回転盤の平面上に軸穴をそれぞれ設け、軸穴の直径は中軸の直径に対応され、軸穴を中軸に嵌装することによって回転盤は回転自在であり、各層の回転盤を層に分けて基板の中軸に嵌装した後に、各層の回転盤の軸穴を中軸に嵌装する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):