(54)【考案の名称】点字メモ帳

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
日々の生活において、記憶の端々を手近な紙片や携行する手帳へメモ(Memorandum)書きし、後にそのメモ確認で生活上の便宜を得ていることが多い。このメモ関連行為を視覚除外で為すには、点字用紙へ点字用具で記憶の端々を記録し後に指触読で記録確認をするのがよく、この点字メモ行為が何時何処ででも手際よく平易に繰り返えし得るよう点字メモ行為の進捗を助長する考案「点字メモ帳」に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
点字メモ行為(技術分野記載)に供する点字用具は、手や手指との繋がりを重視した形態であって、簡易な携帯型点字器にもその配慮が見受けられる。
しかしながら、そのような携帯型点字器への視覚除外での点字用紙の挟み込みなどは、当事者手指感触の個々任せで、その手指動作の負担が点字メモ行為の複雑感抵抗感の一因になっているようにも見受けられる。

【効果】

【0005】
この考案の点字メモ行為では、手にした考案の点字メモ帳の任意用紙が、その表紙相当部へ重ね合せ上乗りの携行型点字器の所定個所へ、視覚除外の手指感触「繰る」と「開閉する」範疇の一流れ動作の定形ルートで出入りするなどの特性が現れ点字メモ行為の進捗が助長され、点字用紙の単位毎の加除が容易なことからメモ紙の区分整理保管や確認もし易くて、生活の便宜が増す。

(57)【要約】

【課題】適宜に裁断した点字用紙を重ね合わせて綴り、その任意の紙面上に携帯型点字器で、何時何処ででも手際よく平易に点字メモを取れる様にした点字メモ帳を提供する。【解決手段】右端で綴じた点字用紙(5枚)重ね合せ綴り1は、綴じ線に添って端材の方形差込片1aを付ける。各点字用紙は綴じ線で折り返すと略360度の開閉が出来る。点字用紙1と略同形同寸で容易には曲がらないプラスチック素材などの硬性薄板2は、その一端(右)に差込み片1aを差し受ける平らな袋状受け口2aを設けて、袋状受け口2aで差込み片1aをしっくりと嵌め合せ表紙相当部2の下で右開きに点字用紙1を揃え点字メモ帳に仕上げる。袋状受け口2aと対面端に繋ぎ留め材(軟性粘着ヒンジ)2bが附帯させてあり、表紙相当部2へぴったり重ね合せ上乗りさせおく携帯型点字器、例えば外形が縦75mm横200mm厚み5mmのプラスチック製左開き型の左端部分を接合し一体化に繋ぎ留める。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):