(54)【考案の名称】ヘアアイロン

(73)【実用新案権者】コンエアー・コーポレーション

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1A

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、濡れた髪や乾いた髪に用いることができるカーリングまたはスタイリング用へアイロンに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
カーリングまたはスタイリング用ヘアアイロンは、一般的に新規なものではない。多くのカーリングまたはスタイリング用ヘアアイロンは、ハンドルから延在する筒状の円筒部またはロッドを備える。一般的に、髪はロッドの周りに巻かれる。ロッド内に固定されているのは、発熱体である。
髪固定クランプは、ロッドのほとんどの長さ部分に沿って延在し、ばねの働きによりロッドに押し付けられる。通常、クランプは、ハンドルのレバーにより、ロッドから離間するように揺動させられる。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
本考案は、濡れた髪と乾いた髪の両方に使用しやすいよう改良されたカーリングまたはスタイリング用ヘアアイロンを提供する。
【0004】
改良されたヘアアイロンは、濡れた髪からの蒸気を放出するための、前記ヘアアイロンのクランプ上に設けられた蒸気孔部と、ロッド部上に設けられた蒸気溝とを含む。

【効果】

【0014】
本考案による一つの利点は、濡れた髪から蒸気を放出することができるので、髪のスタイリングがより速い速度で行えることである。
さらに別の利点は、髪をより速い速度で乾かせることである。
【図面の簡単な説明】
【0015】
【図1A】図1Aは、本考案に係る改良されたヘアアイロンの正面図である。
【図1B】図1Bは、図1Aに示された本考案に係る改良されたヘアアイロンの右側面図である。
【図1C】図1Cは、図1Aに示された本考案に係る改良されたヘアアイロンの背面図である。
【図1D】図1Dは、図1Aに示された本考案に係る改良されたヘアアイロンの左側面図である。
【図2A】図2Aは、本考案に係る改良されたヘアアイロンの背面図である。
【図2B】図2Bは、図2Aに示された本考案に係る改良されたヘアアイロンの左側面図である。
【図3A】図3Aは、本考案に係る改良されたヘアアイロンを開状態にした場合の斜視図である。
【図3B】図3Bは、本考案に係る改良されたヘアアイロンを閉状態にした場合の斜視図である。

【0016】
本考案の実施形態が図示されている添付図面には、参照符号が付されている。
可能な限り、図面中および明細書中の同一または類似の部材および同一または類似のステップには、同一または類似の符号を付している。
なお、図面は、単純化して描かれており、正確な縮尺ではない。
利便性および明瞭性の目的のみで、上面、下面、上方、下方、上部、上側、下方、左、右などの、方向を示す用語が図面に関して用いられている。これらの、または類似の方向を示す用語は、いかなる場合であっても考案の範囲を限定すると理解されるべきものではない。
「接続」、「結合」および、これらの語形変化形態の類似用語は、必ずしも直接的に即座に接続することを意味するとは限らないが、しかし、間接的な部材や器具を通して接続されるものを含む。
【0017】
図面において、特に図1A中、カーリングまたはスタイリング用ヘアアイロン10は、ロッド部30と、クランプ50と、ハンドル部80と、レバー20とを備えている。
よく知られているように、ロッド部30は、一般的に、発熱体(図示せず)を収納し、PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)、セラミック、トルマリン、金属、または、チタニウムのいずれかにより構成される。ロッド形状は、円筒状、円錐状、または、逆円錐状に形成され、ヘアアイロンは、取り付けブラシまたは、二重、および三重の円筒部を有することができる。
よく知られているように、一般的に、電力は、コード40のような電源コードにより供給される。
カーリングまたはスタイリング用ヘアアイロン10はまた、髪を挿入するためのクランプ50を、ロッド30から離間するよう揺動するばね付きレバー20を有する。
よく知られているように、電力は、電源コード40を介して供給される。
【0018】
図3Aに明瞭に示されるように、クランプ50は、孔90を備えている。同様に、ロッド30は、溝100を備えている。
図3Bに示されるように、濡れた髪60が、クランプ50と加熱されたロッド30との間に保持され、それにより蒸気が生成され、孔90と溝100は、蒸気を、蒸気出口方向70に逃がす。
【0019】
当然のことながら、当業者に自明である変形や改変は、本考案の技術思想の範囲を逸脱しない限り、考慮される。
たとえば、図面に示されているような特定のスイッチやバイアス装置は、同様の器具により代用可能である。
したがって、本考案には全てのこのような代替、改変、および変更が包含される。

(57)【要約】

【課題】濡れた髪と乾いた髪の両方に使いやすいヘアアイロンを提供する。【解決手段】ヘアアイロンは、ロッド部と、ハンドル部と、レバーを有するクランプ部とを備えている。クランプ部は、レバーの操作によって開位置と閉位置との間で移動を許容するようにロッド部に揺動可能に接続されており、ロッド部の表面部分に対向する対向表面部分を有している。クランプ部の対向表面部分は、クランプ部がロッド部に対して閉位置に配置されたときにロッド部の表面部分と噛み合わせられるように設けられ、ロッド部およびクランプ部の表面部分は、これら表面部分の間に髪の毛の一部を受け入れて、そこで髪の毛にスタイリング効果を与えるように設けられている。クランプ部は、さらに、該クランプ部の表面部分のエッジに沿って複数の通気孔を有している。ロッド部は、その軸方向に沿う少なくとも1つの溝を有している。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):