(54)【考案の名称】運動用踏み台

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、踏み台昇降運動に用いる運動用踏み台に関するものであり、詳しくはカウンタ機能及びカウンタ数を表示する表示機能を有する運動用踏み台に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来から、運動不足の解消、痩身等を目的として昇降運動が行われている。この昇降運動は、時間、場所を選ばずに簡単に行うことができる有酸素運動であり、基礎代謝を上げることができ、また、大腰筋、大腿四頭筋、腹筋、背筋、大殿筋等を同時に鍛えることができる基礎体力作りに優れた運動である。
【0003】
通常、昇降運動を行う場合には、階段や丈夫な箱を利用した踏み台昇降運動が行われており、場所を選ばずに踏み台昇降運動を行えるようにするため、持ち運びが自由で、また踏み台の高さを調整することができる運動用踏み台が提案されている(例えば、特許文献1参照)。
【0004】

【効果】

【0010】
本考案は、前記課題を解決するために以下のことを特徴としている。
【0011】
本考案の運動用踏み台によれば、踏み台本体の上面部に足を乗せることにより発生する振動をセンサが感知し、感知した信号を受けてカウントするカウンタ機能及びカウント数を表示する機能を有するコントロールユニットを具備しているので、容易に昇降回数を確認することが可能となり、更に、予め高さデータを入力しておくことによりカウント数データと高さデータから積算昇降高度、消費カロリーを計算し、計算結果を表示する機能を有するので、簡単に一定期間の昇降運動による運動量を把握することが可能となる。
【0012】
また、運動用踏み台本体の下に、少なくとも1つ以上の高さ調節用部材が接続可能であるので、使用者の体力等に応じた負荷を自由に設定することが可能となり、接続した高さ調節用部材の個数に応じた高さデータを変更することにより、負荷に対応した計算値を確認することが可能となる。
【0013】
また、時計機能を有することにより、単位時間あたりの運動量を把握することが可能となる。更にメモリ機能により複数の人の運動データを管理することも可能となる。
【0014】
更にまた、運動用踏み台本体の上面に、表面に突起が形成された着脱可能な滑り止め部材を有するので安全性が向上し、更に、足裏のツボを刺激することによる健康回復の効果が期待できる。
【図面の簡単な説明】
【0015】
【図1】運動用踏み台の斜視図である。
【図2】高さ調節用部材を接続した状態の運動用踏み台の斜視図である。
【図3】コントロールユニットの正面図である。

【0016】
本考案の運動用踏み台は上記のとおりの特徴をもつものであるが、以下に添付した図面に添って、本考案の実施の形態について詳細かつ具体的に説明する。
【0017】
本実施の形態による運動用踏み台は、図1に示すように踏み台本体1、滑り止め部材2、コントロールユニット3から構成されている。また、踏み台本体1の下部には図2に示すような高さ調整用部材4を追加接続することができる。
【0018】
踏み台本体1の大きさ、即ち上面部の広さ、及び本体の高さは特に制限はなく、使用環境に応じて適宜設定することができる。また、材質に関しては、人が乗って破損しない十分な強度を有するものであれば特に制限はなく、プラスチック、繊維強化プラスチック(FRP)、木材、金属等を適宜選択して用いることができる。
【0019】
高さ調節用部材4は複数個追加接続することができ、高さを調整することにより運動負荷を適宜変更することが可能となる。この高さ調節用部材4の1個の高さは特に制限されるものではないが、踏み台本体1の大きさとのバランスにおいて、不安定にならない状態を考慮して100mm程度が好ましく、また、腰などの身体を痛める危険性等を考慮して、使用時の最高高さは踏み台本体1との合計高さとして240mm程度が好ましい。
【0020】
踏み台本体1の上面には、表面に突起を有する滑り止め部材2が載置されており、踏み台本体1上面の窪みにはめ込まれてずれないようになっている。この滑り止め部材2の表面に形成された突起は、足を乗せたときの滑り止めの効果を有し、運動中に滑って転倒することを防止することができる。また、表面の突起により足ツボを刺激する効果を有し、血行を良好にして健康回復の効果が期待できる。また、滑り止め部材2の突起形成面の裏側は平坦な面となっており、裏返しにすることにより突起のない状態として昇降運動を行うことも可能となる。この滑り止め部材2の材質は、人が乗って破損しないものであれば特に制限されるものではなく、例えば硬質ゴム、プラスチック等を好適に用いることができる。
【0021】
滑り止め部材2の近傍にはコントロールユニット3が載置されており、踏み台本体1に着脱可能となっている。このコントロールユニット3には、図3に示すように表示部5及び操作ボタン6が設けられている。また、コントロールユニット3の内部には、図示しない振動を感知する振動感知センサ、及び各種計算を行う計算ユニットが設けられている。夲考案に用いられる振動感知センサとしては、振動を感知して信号を発生するものであれば特に制限されるものではない。
【0022】
コントロールユニット3は、踏み台本体1上の滑り止め部材2に足を乗せることにより発生する振動をコントロールユニット3内の振動感知センサが感知してカウントを開始する。カウントデータは計算ユニットで計算され、積算回数、積算高度、消費カロリー、また、時計機能からの時間データから計算された単位時間あたりの回数、高度、消費カロリー等を表示することができる。また、計算ユニット内のメモリ機能により、複数人数の運動データを保存管理することも可能である。
【0023】
また、前記高さ調節用部材4を踏み台本体1の下部に追加接続した場合には、コントロールユニット3の操作ボタン6から高さ調整部材4の追加個数を入力することにより、高さデータが書き換えられ、このデータに対応した計算結果として上記各計算結果を表示することができる。尚、上記各機能のデータ入力、表示切り替え等は、コントロールユニット3に設けられた入力、切換ボタンにより行うことができる。
【0024】
尚、このコントロールユニット3はACアダプターからの電源、または電池で駆動させることができ、コントロールユニット3の電源スイッチによりオン/オフ操作ができる。前記電池で駆動する場合には、場所を選ぶことなく設置することが可能であり、携帯性、可搬性をより有効なものとすることができる。
【0025】
以下に、コントロールユニット3の具体的操作手順の一例を示す。
【0026】
1.コントロールユニットの電源を投入する。
2.前回使用のデータを確認して、使用状況に応じてデータのリセットをする。
3.使用する人を決定するために個人番号を選択する。
4.高さ調節用部材の追加接続個数を選択する。
5.運動中の表示種別を選択する。
6.踏み台昇降運動を行う。
7.踏み台昇降運動後、各種データを選択して確認する。
【0027】
以上、本考案を一実施形態について説明したが、本考案は上記実施形態に限定されず、種々の変形、変更が可能である。
例えば踏み台本体1とコントロールユニット3を一体に形成したり、滑り止め部材2を用いない構成としたりすることも可能である。
また、コントロールユニット3機能として、上記説明した機能のうち、一部の機能のみを採用することも可能である。
【0028】
1 踏み台本体
2 滑り止め部材
3 コントロールユニット
4 高さ調節用部材
5 表示部
6 操作ボタン

(57)【要約】

【課題】踏み台昇降運動の運動量を簡単に把握することができる運動用踏み台を提供する。【解決手段】運動用踏み台は、踏み台本体1の上面部に足を乗せることにより発生する振動をセンサが感知し、感知した信号を受けてカウントするカウンタ機能及びカウント数を表示する機能を有するコントロールユニット3を具備する。この構成により、容易に昇降回数を確認することが可能となり、更に、予め高さデータを入力しておくことによりカウント数データと高さデータから積算昇降高度、消費カロリーを計算し、計算結果を表示する機能を有するので、簡単に一定期間の昇降運動による運動量を把握することが可能となる。又、踏み台本体1の上面に滑り部材2を配すると共に、高さ調節用部材4を追設できるように構成しても良い。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):