(54)【考案の名称】マッサージローラー

(73)【実用新案権者】株式会社 協和技研

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ローラー部を顔などのマッサージ対象領域に当てた状態で回転させるマッサージローラーに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、特許文献1のように、六つの壁面に半導体の粒が突出するように設けられたマッサージローラーが提案されている。
【0003】

【効果】

【0020】
以上のように本考案によれば、マッサージ効果が高いマッサージローラーを提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0021】
【図1】本実施形態におけるマッサージローラーで、第1ローラー部と第2ローラー部とが離れた状態を示す側面図である。
【図2】第1ローラー部と第2ローラー部とが近づいた状態を示す側面図である。

【0022】
以下、本実施形態について、図を用いて説明する。本実施形態における美容マッサージローラーは、第1ローラー部10、第2ローラー部20、及び第1ローラー部10と第2ローラー部20との間に設けられた接続部30とを備える(図1参照)。
【0023】
接続部30は、第1ローラー部10と接続部30と第2ローラー部20とが並べられた長手方向の回転軸L1を中心に不図示のベアリングやスプリングを介して回転自在な状態で、且つ第1ローラー部10と第2ローラー部20との距離が変更可能な状態で、第1ローラー部10や第2ローラー部20を保持する。
【0024】
一方のローラー部(例えば、第1ローラー部10)が使用される時に、他方のローラー部(例えば、第2ローラー部20)は把持部として用いられるため、把持部とマッサージに使用するローラー部との長さを調整することが可能になるし、第1ローラー部10と第2ローラー部20を近づけ、接続部30が外から見えにくくなるように、美容マッサージローラー1の全長(長手方向の長さ)を短くすることも可能になる(第2伸縮状態、図2参照)し、さらに第1ローラー部10と第2ローラー部20とがほぼ接触した状態にまで近づけて最小化することも可能である。
【0025】
第1ローラー部10は、接続部30に近い側から、六角柱群(第1〜第6六角柱11a〜11f)、及び丸みを帯びた球形状の第1先端部12が長手方向に並べられた形状を有する。六角柱群を構成する第1〜第6六角柱11a〜11fは、上面か下面が隣接し、且つ上面や下面の中心が回転軸L1を通る位置関係で並べられる。なお、本実施形態における六角柱は、略正六角形の上面と下面を有する六角柱である。また、六角柱群や第1先端部12は、一体的に成形されたものでもよいし、各部を組み合わせるなど他の方法で成形する形態であってもよい。
【0026】
具体的には、第1六角柱11aの下面(図1における上方で、第2ローラー部20に近い側)は、接続部30と隣接する。第1六角柱11aの上面(図1における下方で、第2ローラー部20から遠い側)は、第2六角柱11bの下面と隣接する。第2六角柱11bの上面は、第3六角柱11cの下面と隣接する。第3六角柱11cの上面は、第4六角柱11dの下面と隣接する。第4六角柱11dの上面は、第5六角柱11eの下面と隣接する。第5六角柱11eの上面は、第6六角柱11fの下面と隣接する。第6六角柱11fの上面は、第1先端部12と隣接する。
【0027】
また、六角柱を構成する矩形形状の壁面と、該六角柱に隣接する六角柱を構成する矩形形状の壁面とが0度より大きい一定の角度をなす位置関係になり、先端部12がある側から第1ローラー部10を見た場合に、第1〜第6六角柱11a〜11fの上面を構成する六角形の頂点それぞれが見えるように、第1〜第6六角柱11a〜11fが並べられる。
【0028】
このため、六角柱群を構成する第1〜第6六角柱11a〜11fは、上面や下面を構成する正六角形の頂点が少しずつずれた状態で並べられることになる。
【0029】
また、第1ローラー部10を構成する六角柱の壁面のいくつかには、長手方向や壁面の外周方向に等間隔で並べられるようにブラックシリカ(黒鉛珪石)の粒15が各壁面から突出するように設けられる。
【0030】
例えば、ブラックシリカの粒15は、隣接する六角柱のいずれか一方であって、六角柱を構成する壁面における、隣接する壁面のいずれか一方に配置される。具体的には、隣接しない3つの六角柱(本実施形態では、第2六角柱11b、第4六角柱11d、第6六角柱11f)の壁面であって互いに隣接しない3つの壁面、すなわち9つの壁面に、ブラックシリカの粒15が壁面から突出するように設けられ、他の壁面にはブラックシリカの粒15は設けられない。
【0031】
第2ローラー部20は、接続部30に近い側から、円柱部21、及び丸みを帯びた球形状の第2先端部22が長手方向に並べられた形状を有する。なお、円柱部21や第2先端部22は、一体的に成形されたものでもよいし、各部を組み合わせるなど他の方法で成形する形態であってもよい。
【0032】
円柱部21は、表面に、断面がV字の浅い溝が設けられ、側面から見て、かかる溝が長手方向に延びる正弦波形(振幅方向は長手方向と垂直な方向になる)を示し、ダイヤカットの表面処理が施されている。
【0033】
第1ローラー部10のブラックシリカの粒15以外の部分や、第2ローラー部20は、真鍮にプラチナコーティング仕上げされた素材で構成される。
【0034】
なお、かかる部分の素材としては、真鍮にプラチナコーティング仕上げしたものだけでなく、金属にプラチナ(微量含有物が0.03%以下の純プラチナが望ましい)メッキ、純金メッキ、チタンイオンプレーティングなどメッキ処理を施したものであってもよい。これらの表面部分、すなわち、第1ローラー部10を構成する第1〜第6六角柱11a〜11fの壁面や第1先端部12の表面、第2ローラー部20を構成する円柱部21や第2先端部22の表面に、プラチナ、金、チタンのいずれかを使ったメッキ処理を施すと、汗などで表面素材が溶けにくく、第1ローラー部10や第2ローラー部20を肌に当てても金属アレルギー(アレルギー性接触皮膚炎)を起こしにくいメリットがある。
【0035】
次に、美容マッサージローラー1の使用方法について説明する。まず、第1ローラー部10と第2ローラー部20とを持ち、これらの間隔が離れた状態(第1伸縮状態、図1参照)にする。かかる間隔は、使用者の好みに合わせて調整する形態であってもよい。
【0036】
第2ローラー部20を把持し、第1ローラー部10の第1〜第6六角柱11a〜11fを顔などのマッサージ対象領域に当てて、第1ローラー部10を回転させる。このとき、接続部30は、第2ローラー部20との間の摩擦により殆ど回転せず、第1ローラー10が回転する。
【0037】
第1ローラー部10の回転により、第2六角柱11b、第4六角柱11d、第6六角柱11fの壁面に設けられたブラックシリカの粒15のいずれかがマッサージ対象領域に接触する。
【0038】
ブラックシリカの粒15が設けられた壁面同士は、一定の角度を持った位置関係にあり、ブラックシリカの粒15が並べられる線L2は、回転軸L1と平行にならない。このため、回転軸L1に平行な等間隔にブラックシリカの粒15が並べられた形態に比べて、マッサージ対象領域における広い領域にブラックシリカの粒15を接触させることが可能になり、ブラックシリカが有している抗菌作用や、ブラックシリカが発するマイナスイオンや遠赤外線をマッサージ対象領域の広い領域に及ぼさせることが可能になる。
【0039】
特に、ブラックシリカが発するマイナスイオンや遠赤外線は、接触部位だけでなく、その周辺の非接触領域にも及ぼすことが出来るため、ゲルマニウム半導体などを用いる形態に比べて、マイナスイオンや遠赤外線による高いマッサージ効果を得ることが出来る。
【0040】
また、6つの六角柱が、それぞれの上面や下面を構成する頂点が重なり合わないような関係で配置されるため、上面の頂点と下面の頂点とを結ぶ線やそれぞれの頂点が突起物としてマッサージ対象領域に刺激を与えることも可能になり、かかる突起物が少ない形態に比べて、高いマッサージ効果を得ることが可能になる。
【0041】
次に、第1ローラー部10を把持し、第2ローラー部20の円柱部21をマッサージ対象領域に当てて、第2ローラー部分を回転させる。このとき、接続部30は、第1ローラー部10との間の摩擦により殆ど回転せず、第2ローラー20が回転する。第2ローラー部20の回転により、円柱部21におけるダイヤカット加工が施された波状の凹凸がマッサージ対象領域を刺激し、第1ローラー部10をマッサージ対象領域に当てた場合とは異なるマッサージ効果を得ることが可能になる。
【0042】
また、第2ローラー部20を把持し、第1ローラー部10の第1先端部12を顎などのマッサージ対象領域にあてて、ツボ押しする形態も考えられる。この場合は、第1ローラー部10と第2ローラー部20とがほぼ接触した状態にして使用するのが望ましい。第1先端部12には、ブラックシリカの粒15が設けられていないが、第1先端部12の近くの第6六角柱11fなどにはブラックシリカの粒15が設けられている。マッサージ対象領域と接触していなくても、また、マッサージ対象領域の温度状態にかかわらず、ブラックシリカの粒15はマイナスイオンや遠赤外線を発するため、第1先端部12を使ったツボ押し時にも、マイナスイオンや遠赤外線によるマッサージ効果を得ることが可能になる。
【0043】
なお、本実施形態では、第1ローラー部10を構成する多角柱が六角柱であるとして説明したが、八角柱など別の多角柱であってもよい。
【0044】
また、第1ローラー部10と第2ローラー部20との間の長さについて、図1のように長く伸ばした第1伸縮状態と、図2のように短く伸ばした第2伸縮状態と、両者がほぼ接触した状態(収納状態、不図示)との3段階にし、第2伸縮状態から第1伸縮状態や収納状態にする時に、通常よりも強い力で引っ張るか押し込む必要がある機構(例えば、ロック機構)を設ければ、第1伸縮状態から収納状態にするまでに、第2伸縮状態で一度引っかかるため、第1伸縮状態から収納状態にする際に、第1ローラー部10と第2ローラー部20との間に指などを挟む可能性を低くすることが出来る。
【0045】
1 美容マッサージローラー
10 第1ローラー部
11a〜11f 第1〜第6六角柱
12 第1先端部
15 ブラックシリカの粒
20 第2ローラー部
21 円柱部
22 第2先端部
30 接続部
L1 回転軸
L2 ブラックシリカの粒が並べられる線

(57)【要約】

【課題】マッサージ効果が高いマッサージローラーを提供する。【解決手段】マッサージローラーは、複数の六角柱11a〜11fが上面と下面とで隣接するように並べられた六角柱群を有する第1ローラー部10を備える。第1ローラー部10を回転自在な状態で保持する接続部30を備える。六角柱群は、上面方向から見て、複数の六角柱の上面を構成する六角形の頂点それぞれが見えるように、複数の六角柱が並べられ、複数の六角柱の壁面の少なくとも1以上には、ブラックシリカの粒15が突出するように設けられる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):