(54)【考案の名称】屋外駐車場の電気自動車急速充電設備

(73)【実用新案権者】福岡情報システム有限会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽光パネルと交流電源を利用して電気自動車のバッテリーを急速充電するための屋外駐車場の電気自動車急速充電設備に関する。

【従来の技術】

【0002】
電気自動車が駐車場に駐車している間にバッテリーを充電させることが提案されている(特許文献1、2参照)。
【0003】
前記特許文献1には、電気自動車のバッテリーを、電気自動車を使用していない一時駐車時あるいは帰宅時等の長時間を利用して充電させるために、駐車中の電気自動車に搭載されているバッテリーに電力を供給する、駐車場に設置された充電器と、この充電器からの電力の供給を制御する電力供給制御部と、この電力供給制御部から車載バッテリーに供給される電力の充電情報を集中管理する充電管理部とを備えた電気自動車の充電装置が記載されている。
【0004】
また、特許文献2には、充電に要する手間や時間を節約するために、一般の駐車場に簡易給電装置とパーキングメーターを併設し、駐車時間中に電気自動車のバッテリーに充電できるようにした電気自動車の駐車・給電システムが記載されている。
【0005】

【効果】

【0012】
本考案は、駐車場に複数の電気自動車急速充電装置を設置することなく、1台の電気自動車急速充電装置により充電できるのみならず、充電時間が15分あるいは30分といった短い時間で急速充電できるので、電気自動車急速充電装置を有効活用することが可能となる。
【0013】
また、本考案は、1台の電気自動車急速充電装置と駐車スペースとの間に分岐装置を配置することにより、複数の駐車スペースでの充電が可能となる。
【0014】
また、本考案は、電気自動車充電設備に蓄電池を含む太陽光パネルと交流電源を配するので、エネルギーの有効利用ができる。また、急速充電しない時は、太陽光パネルの直流電流をDC−AC変換して交流電源側の系統連係に売電できるというメリットを持っている。
【図面の簡単な説明】
【0015】
【図1】本考案の電気自動車急速充電設備のブロック図である。
【図2】本考案の電気自動車急速充電設備の配置図である。
【図3】本考案の電気自動車急速充電設備の分岐装置の概略図である。
【図4】本考案の電気自動車急速充電設備の太陽パネルの設置図である。

【0016】
図1及び図2において、電気自動車急速充電設備は、電気自動車急速充電装置1、分岐装置2、各駐車スペース3に設置されている充電操作装置4及び制御装置5で構成されている。電気自動車急速充電装置1と分岐装置2は、電力供給ケーブル6で接続されている。
【0017】
分岐装置2は、各駐車スペース3の充電操作装置4へ電力を供給する分岐電力供給ケーブル7が分岐している。分岐装置2の分岐電力供給ケーブル7が各駐車スペース3の充電操作装置4に接続されて、電力が供給される。
【0018】
分岐装置2の各分岐電力供給ケーブル7は、各駐車スペース3の充電操作装置4に対応するスイッチ10を備え、急速充電する電気自動車11が駐車している駐車スペース3の端末操作装置4に電力を供給する分岐電力供給ケーブル7を選択する。スイッチ10はリレーのオンにより閉じて電力が供給され、リレーのオフによりスイッチ10が開いて電力の供給が停止する。
【0019】
充電操作装置4は電気自動車11のバッテリーに接続して電力を供給する電力供給コネクタ8を備えている。
【0020】
電気自動車急速充電装置1の充電器12には蓄電池17を備えた太陽パネル13と交流電源14から充電用の電力が供給される。太陽パネル13は、屋外駐車の空きスペースに立設したポスト15の上に設置される。
【0021】
太陽パネル13と交流電源14は、直流電流を交流電流に変換するDC−ACコンバータ16を介して接続され、充電しない時は、太陽光パネルの直流電流をDC−ACコンバータ16で変換して交流電源側の系統連係に売電できるようにしてもよい。
【0022】
充電操作装置4は、さらにタッチパネルを有し、利用者の操作指示により信号が制御装置5に送られ、電気自動車への充電の許可をしたり、待ち時間と充電時間を演算し表示したり、分岐装置2のスイッチ10のオンオフを制御したりする。さらに充電した際の充電料金の支払に関する機能を持たせる。充電操作装置4よりタッチパネルから駐車のサインを出すと、待ち時間と充電時間が演算され表示され、課金システムより料金を入力すると、予約は完了する。待ち時間後、充電が開始され、充電が完了すると完了のサインが出る。
【0023】
図3において、電気自動車急速充電装置1、分岐装置2、充電操作装置4は信号線9で制御装置5に接続されて制御される。制御装置5は、充電操作装置4から出力した、スイッチ10の開閉操作信号により分岐装置2の分岐電力供給ケーブル7を選択するスイッチ10を開閉する信号を出力する。
【0024】
電気自動車急速充電装置1は、市販されている急速充電器(例えば、高岳製作所製「電気自動車用急速充電器」)を使用することができ、「電気自動車用急速充電器」は、3相200Vで入力して車種により異なるが、約15分〜30分で80%充電(走行距離60〜120km)が可能である。
【0025】
1:電気自動車急速充電装置
2:分岐装置
3:駐車スペース
4:充電操作装置
5:制御装置
6:電力供給ケーブル
7:分岐電力供給ケーブル
8:電力供給コネクタ
9:信号線
10:スイッチ
11:電気自動車
12:充電器
13:太陽パネル
14:交流電源
15:ポスト
16:DC−ACコンバータ
17:蓄電池

(57)【要約】

【課題】各駐車スペースに電気自動車急速充電装置を設置することなく1台の電気自動車急速充電装置を使用して電気自動車に急速充電が可能であるとともに、急速充電装置のために交流電源と駐車場スペースを有効活用する太陽パネルを設置した屋外駐車場の急速充電設備を提供する。【解決手段】1台の電気自動車急速充電装置と、各駐車スペース3へ電力を供給するために分岐した分岐電力供給ケーブル7を備えた分岐装置2とが電力供給ケーブルにより接続され、分岐電力供給ケーブル7が各駐車スペース3に配置された、電気自動車11に接続する電力供給コネクタ8を備えた充電操作装置4に接続され、分岐装置2は急速充電する電気自動車11が駐車している駐車スペース3の充電操作装置4に電力を供給する分岐電力供給ケーブル7を選択するスイッチを備え、充電器12に電力を供給する太陽光パネル13と交流電源14が接続されている電気自動車急速充電設備。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):