(54)【考案の名称】太陽電池接続箱

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】タイコ エレクトロニクス (シャンハイ) カンパニー リミテッド

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、電気コネクタの分野に関し、特に太陽電池(photovoltaic)接続箱に関する。

【従来の技術】

【0002】
太陽エネルギーは一種の再生可能エネルギーであることが知られている。太陽エネルギーの電気エネルギーへの変換は、エネルギー節約及び環境汚染低減等の多くの利点を有する。このため、このエネルギー変換技術は大いに注目される。
【0003】
太陽エネルギーの光電池モジュールは、太陽エネルギーの電気エネルギーへの変換用の一般的装置の一つであり、単結晶シリコン、多結晶シリコン、薄膜電池等を主に含む。通常、太陽電池接続箱は、光電池モジュールから外部電力貯蔵装置に電力を供給するように、太陽エネルギーの光電池モジュール及び外部電力貯蔵装置の間で接続するように構成されている。
【0004】
太陽電池接続箱は、使用時に、電力を伝送するために太陽電池パネル上に固定される。一般に、太陽電池接続箱は、コネクタ組立体の部品の大多数(例えば、接続端子、ダイオード等)が実装される下カバーと、下カバーとの間にコネクタ組立体を保持するために下カバーと気密状態で協働する上カバーとを有する。詳細には、従来の太陽電池接続箱において、コネクタ組立体の部品の大多数は、通常、太陽電池パネルに固定実装される下カバーに実装される。すなわち、太陽電池パネルに太陽電池接続箱を一旦実装すると、下カバーは、太陽電池パネル上に事実上固定され、太陽電池パネルから容易に取り外すことが困難である。
【0005】
上述した構造では、従来の太陽電池接続箱は、以下の問題に遭遇することが多い。すなわち、太陽電池接続箱が使用時に一旦不良になると、不良の太陽電池接続箱が実装された太陽電池パネル全体の機能が停止する。このため、従来の太陽電池接続箱は、使用時にコストが高い。
【0006】

(57)【要約】

【課題】使用コストが低い太陽電池接続箱の提供。【解決手段】太陽電池接続箱は、下カバー、下カバーと気密状態で係合する上カバー(2)、及び上カバー内に設けられたコネクタ組立体(3)を具備する。下カバーには、第1接続端子が設けられると共に、太陽電池パネルの正極及び負極にそれぞれ接続された金属箔が通過するよう構成された開口が形成される。開口を通過する金属箔は、第1接続端子とそれぞれ接触状態にある。コネクタ組立体は第2接続端子を具備する。第1接続端子及び第2接続端子は、上カバー及び下カバーが互いに係合する際に電気接続される。太陽電池接続箱において、コネクタ組立体等の多くの電気部品は上カバーに設けられるのに対し、上カバーは、太陽電池パネルに固定実装された下カバーに取外し可能に係合する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):