(54)【考案の名称】防災(サバイバル)カードの携帯電話(スマートフォン含むモバイルデバイス)上における使用

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、防災(サバイバル)カードに関する。

【従来の技術】

【0002】
防災(サバイバル)カードは、従来、冊子(紙)により作成されている場合が多い。それに対して、携帯電話に関しては、画面を保存する機能やウェブサイトをブックマークする機能を有する。また、昨今の携帯電話はGPS(Global Positioning System)機器が搭載されている。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
冊子(紙)の防災カードはいつでもどこでも身につけなければならない。

【効果】

【0005】
格段に防災カードを常に持つことになり、災害時に防災カードの使用率が上がる。また、携帯電話(スマートフォン含むモバイルデバイス)機能のGPSによる現在地から最寄りの避難場所を検索及びナビゲーションすることができ、飛躍的に冊子の防災カードより避難サポートを可能とする。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】携帯電話(モバイルデバイス含む)を使用した防災(サバイバル)カードのシステムの全体構成を示す模式図である。
【図2】携帯電話(モバイルデバイス含む)上における防災(サバイバル)カードのコンテンツ表示の一例を示す模式図である。
【図3】携帯電話(モバイルデバイス含む)上による避難ナビゲーションの模式図である。

【0007】
1 携帯電話(スマートフォン含むモバイルデバイス)
1a GPS機能
1b ウェブブラウザ
1c ウェブサイト保持手段
2 インターネット
3 防災カードシステム
4 ウェブサーバ
5 アプリケーションサーバ
5a 防災カード情報表示手段
5b 最寄りの避難場所検索手段
5c 外部地図サービス等への連携手段
6 データーベースサーバ
6a 防災カード情報テーブル
6b 避難場所情報テーブル
6c 地図情報テーブル

(57)【要約】

【課題】災害時に備えていつでもどこでも携帯電話(スマートフォン含むモバイルデバイス)上に防災(サバイバル)カードを持つことにより、災害時の防災カードの使用率を高める防災カードシステムを提供する。【解決手段】ユーザ保有の携帯電話(スマートフォン含む)1と、ユーザ保有の携帯電話のGPSにより位置情報を取得し最寄りの避難場所を検索する機能5b、最寄りの避難場所を検索する機能5bの検索結果を有する防災カードを携帯電話に表示する機能5a、最寄りの避難場所の位置情報を外部地図サービス等への連携機能5c、を有するサーバ5を配して防災カードシステム3を構成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):