(54)【考案の名称】クリップ装飾用シール

(73)【実用新案権者】永坂シール印刷株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ゼムクリップに貼着させるクリップ装飾用シールに関する。

【従来の技術】

【0002】
一般に利用されているゼムクリップ(2)は、図8(a)(b)に示すように、所定長さの金属製線材等を順に屈曲させることにより扁平な略長円形や略三角形に形成されている。このゼムクリップ(2)は、一端側に一重のU字状の巻線部(21)が、他端側に内外二重に位置する大小一対のU字状等の外巻線部(22)、内巻線部(23)が形成されて、これら外、内巻線部(22)(23)間に用箋等の被挟持物を複数枚まとめて挟み込んで使用される。
この種のゼムクリップ(2)は機能のみが重視された形状であり装飾性は考慮されていない。よって、ゼムクリップ(2)の使用時には、用箋等の被挟持物の両面に、略長円形状や略三角形状の金属線材が露出するに過ぎない。
【0003】
ところで、装飾性を考慮したクリップとして、図9(a)に示すように、金属製線材の折り曲げ方を工夫してハート型に構成したものが知られているが(特許文献1)、これは、クリップ自体を装飾性を具備させる特別な形状に形成したものであり、既存のゼムクリップ(2)に簡易に装飾性を付加させることはできない。
【0004】
又、図9(b)に示すように、ゼムクリップ(2)にリボン(3)をつけたものがあるが(特許文献2)、これは、一重巻線部(21)に結び付けたリボン(3)がゼムクリップ(2)の中程にずれ易く、且つ、ゼムクリップ(2)から脱落し易いため、装飾性を安定して保持させ難いものであった。
【0005】

【効果】

【0011】
本考案によれば、ゼムクリップの所定箇所を、第1、第2装飾部で挟み込んで両者の裏面相互を貼着させるだけで、線材からなる通常のゼムクリップを、装飾性に富んだおしゃれで可愛いクリップとして楽しむことができる。第1、第2装飾部は、ゼムクリップの一重巻線部の外側ではもちろん、一重巻線部の内側においても裏面相互が全域的に貼着する態様に装着されるから、ゼムクリップに装着後のシール基材は不用意に一重巻線部から剥がれ落ちることはなく、その装飾性が安定して保持され、且つ、第1、第2装飾部の粘着面が他の部分に不用意に貼着する不都合もない。
又、ゼムクリップの内、外巻線部間に用箋等の被挟持物を挟持した状態にて、第1、第2装飾部は被挟持物の端縁から突出する態様となるから、これら第1、第2装飾部をインデックスとしても利用することができる。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本考案の実施の形態のクリップ装飾用シールが多数印刷された様子を示す平面図である。
【図2】図1の要部拡大断面図である。
【図3】本考案の実施の形態のクリップ装飾用シールをゼムクリップに貼着させる過程を示す説明図である。
【図4】本考案の実施の形態のクリップ装飾用シールの使用状態を示す説明図である。
【図5】本考案の実施の形態のクリップ装飾用シールの使用状態を示す他の説明図である。
【図6】本考案の実施の形態のクリップ装飾用シールの他の例を示す説明図である。
【図7】本考案の実施の形態のクリップ装飾用シールのさらに他の例を示す説明図である。
【図8】既存のゼムクリップを示す説明図である。
【図9】従来例としてのゼムクリップを示す正面図である。

(57)【要約】

【課題】既存のゼムクリップに簡易に装飾性を付加することが可能であり且つゼムクリップから装飾が不用意にずれたり脱落したりしないクリップ装飾用シールを提供すること。【解決手段】一本の線材を所定箇所で屈曲させて、一端側に一重の巻線部(21)が、他端側に内外二重に位置する大小の外巻線部 (22)及び内巻線部(23)が形成されたゼムクリップ(2)に対してその装飾性を向上させるクリップ装飾用シールに関し、シール基材(10)の中心線の両側に、前記中心線に対して相互に線対称な形状からなる一対の第1、第2装飾部(11)(12)が設けられ、第1、第2装飾部(11)(12)の一方又は両方の裏面全域に粘着面(30)が設けられ、シール基材(10)を中心線で二つ折りにすることにより、第1、第2装飾部(11)(12)は、ゼムクリップ(2)の一重巻線部(21)を挟み込んだ状態にて、その裏面相互が貼着する構成とした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):