(54)【考案の名称】太陽電池モジュールの接続構造

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、複数の太陽電池モジュールを取付部材で屋根本体に連設する際の取付部材同士の連結及び太陽電池モジュールのリード線の配線技術に関する。

【従来の技術】

【0002】
近年は地球温暖化の対策のため、屋根に太陽電池モジュールを取り付ける技術開発が行われている。一般的な方法としては、屋根板に複数のスタンドを部分的に取り付け、太陽電池モジュールの左右端部に屋根本体に所定高さに設置するための取付部材を設け、その取付部材をスタンドに固定して複数の太陽電池モジュールを屋根本体の傾斜方向に沿って連設する方法がある。太陽電池モジュールの下面の出力端子から伸びるリード線は、太陽電池モジュールの下面又は屋根板あるいは取付部材に沿って配線している。
【0003】
ところで、前記技術では、取付部材が太陽電池モジュール毎に独立しているから、前後の取付部材を直線状に正確に連設することは難しく、設置位置がずれると見栄えが悪くなることがあった。また、連設される太陽電池モジュールは別々に取り付けられているから、強風が太陽電池モジュールの下を流れた際に太陽電池モジュールが浮き上がろうとすることがあり、設置強度に満足できるものではなかった。一方、リード線は外部に露出するから、強風にあおられたりして耐久性に劣る問題があり、配線する際もリード線をケーブルタイ等で部分的に緊締する必要があり、作業に手間を要していた。
【0004】

【効果】

【0007】
本考案の前記1)記載の構成によれば、前後の取付部材同士をジョイナーで連結したから、連設された前後の太陽電池モジュール同士が一体的な構造となり、直線状に正確に設置されるとともに設置強度が向上する。また、リード線は取付部材の配線室に配線してシールドカバーで被覆したから、外部に露出する部分が少なくなって耐久性を維持でき、従来技術のようにケーブルタイ等で部分的に緊締する必要がなくて容易に配線作業できる。さらに、ジョイナーは取付部材同士の連結とリード線の配線を兼ねているから、連結と配線が同時に成され、施工が短時間に行える。
【0008】
本考案の前記2)記載の構成によれば、前後の太陽電池モジュールから伸びるリード線同士をシールド材に備えたプラグによりワンタッチで接続でき、施工がより短時間に容易に行える。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】実施例の太陽電池付き瓦棒屋根の斜視図である。
【図2】実施例で使用する部材の斜視図である。
【図3】実施例のジョイナーの斜視図である。
【図4】実施例の太陽電池モジュールの接続を示す裏面図である。
【図5】実施例の太陽電池付き瓦棒屋根の拡大断面図である。

【0010】
以下、本考案を実施するための形態を実施例と図面に基づいて具体的に説明する。
【0011】
図1〜5に示す実施例は、太陽電池付き瓦棒屋根を施工する例である。図1は実施例の太陽電池付き瓦棒屋根の斜視図、図2は実施例で使用する部材の斜視図、図3は実施例のジョイナーの斜視図、図4は実施例の太陽電池モジュールの接続を示す説明図、図5は実施例の太陽電池付き瓦棒屋根の拡大断面図である。
【0012】
図中、1は野地板、2はアスファルトルーフィング、3は取付台、4はネジ、5は掛止具、5aは掛止片、6は屋根板、6aは載せ部、6bは折返し片、7は太陽電池モジュール、7aはリード線、7bは出力端子、8は取付部材、8aは立上り片、8bは配線室、9はジョイナー、9a,9bはシールド材、9cは雄型プラグ、9dは雌型プラグ、9eはシールドカバー、10は空隙、11は終端部材、11aは立上り片、11bは通気穴、12はキャップ、12aは押え片である。
【0013】
図2,3に示すように、取付台3はアルミニウム合金製で、断面逆凹状に折り曲げている。その取付台3の上面には先端が折り曲げ可能な鋼板製の掛止具5をリベット等で固着している。屋根板6は長尺のカラー鋼板製で、その長辺両端を立ち上げて水平に折り曲げて取付台3に載せる載せ部6aを形成し、その載せ部6aの先端部を立ち上げて内側へ折り曲げて折返し片6bを形成している。
【0014】
太陽電池モジュール7は、多数のセルを縦横に配列した長方形状で、その裏面にリード線7a付きの出力端子7bを備え、他の太陽電池モジュール7の出力端子7bと接続できるようになっている。太陽電池モジュール7の長辺両端にはアルミニウム合金を押し出し成形した取付部材8を取り付けている。取付部材8は、その端部に立上り片8aを形成し、内側に太陽電池モジュール7のリード線7aを通す配線室8bを前後に渡って形成している。
【0015】
ジョイナー9は、図3,4に示すように、2体に分割された弾性を有する硬質の合成ゴム製のシールド材9a,9bで構成し、その各シールド材9a,9bに雄型プラグ9cと雌型プラグ9dをそれぞれ設け、出力端子7bから伸びるリード線7aの途中位置を一方のシールド材9aで被覆して雄型プラグ9cとT字状に接続し、その一方のシールド材9aから伸びるリード線7aの終端位置を他方のシールド材9bで被覆して雌型プラグ9dに接続している。シールド材9a,9b間のリード線7aは、太陽電池モジュール7の長さとほぼ同じ長さに形成している。シールドカバー9eは長尺の塩化ビニル樹脂製で、取付部材8の配線室8bを閉塞してリード線7aを被覆するためのものである。
【0016】
終端部材11はカラー鋼板製で、左右の両端に立上り片11aを形成し、前後の端面には通気穴11bを備えている。キャップ12は長尺のカラー鋼板製で、断面逆凹状に折り曲げ、その長辺両端に内側へ付勢する押え片12aを形成している。
【0017】
本実施例では、以下の手順で施工する(図1,4,5参照)。
1)野地板1の上面にアスファルトルーフィング2を敷設する。
2)アスファルトルーフィング2の上面に複数の取付台3を傾斜方向に所定間隔おいてネジ4で取り付け、さらにその傾斜方向の複数の取付台3を左右方向に一定間隔おいてネジ4で複列に取り付ける。
3)左右の取付台3間の位置に複数の屋根板6をその長辺が傾斜方向を向くように配置し、その載せ部6aを取付台3に載せる。
4)掛止具5の掛止片5aを折り曲げて隣接する左右の屋根板6の折返し片6bに掛止する。
5)太陽電池モジュール7の左右端部に有する取付部材8の立上り片8aを屋根板6の短辺端部から折返し片6bに差し込んで係止し、太陽電池モジュール7と屋根板6との間に放熱用の空隙10を形成する。前後の太陽電池モジュール7同士の接続は、ジョイナー9のシールド材9a,9bを取付部材8の配線室8bの前後端部に嵌合するとともに、シールド材9a,9b間のリード線7aを配線室8bに配線し、対向した雄型プラグ9cと雌型プラグ9d同士を接続し、シールドカバー9eを配線室8bに接着剤で接着して閉塞する。
6)終端部材11の立上り片11aを屋根板6の折返し片6bに差し込んで係止し、掛止具5の掛止片5aを折り曲げて立上り片11aに掛止する。
7)掛止具5と屋根板6の折返し片6bをキャップ12で被覆し、その押え片12aで圧接して固定する。
【0018】
このように、本実施例によれば、取付部材8同士をジョイナー9で連結したから、連設された前後の太陽電池モジュール7同士が一体的な構造となり、直線状に正確に設置されるとともに設置強度が向上している。また、リード線7aは取付部材8の配線室8bに配線してシールドカバー9eで被覆したから、外部に露出する部分が少なくなって耐久性を維持でき、従来技術のようにケーブルタイ等で部分的に緊締する必要がなくて容易に配線作業できている。また、ジョイナー9は取付部材8同士の連結とリード線7aの配線を兼ねているから、連結と配線が同時に成され、施工が短時間に行えるようになっている。また、前後の太陽電池モジュール7から伸びるリード線7a同士をシールド材9a,9bに備えた雄型プラグ9cと雌型プラグ9dによりワンタッチで接続できており、施工がより短時間に容易に行えるようになっている。
【産業上の利用可能性】
【0019】
本考案の技術は、学校・体育館・レジャー施設・工場・倉庫・店舗・車庫等の屋根に利用される。
【0020】
1 野地板
2 アスファルトルーフィング
3 取付台
4 ネジ
5 掛止具
5a 掛止片
6 屋根板
6a 載せ部
6b 折返し片
7 太陽電池モジュール
7a リード線
7b 出力端子
8 取付部材
8a 立上り片
8b 配線室
9 ジョイナー
9a,9b シールド材
9c 雄型プラグ
9d 雌型プラグ
9e シールドカバー
10 空隙
11 終端部材
11a 立上り片
11b 通気穴
12 キャップ
12a 押え片

(57)【要約】

【課題】複数の太陽電池モジュールの左右端部に取付部材を設けて屋根上に前後に連設し、その前後の取付部材同士をジョイナーで連結し、各太陽電池モジュールの下面の出力端子同士をリード線で接続した太陽電池モジュールの接続構造において、太陽電池モジュールを高い強度で直線状に正確に連設し、しかもリード線の耐久性を維持し、その配線作業も容易にする。【解決手段】取付部材8の内側にリード線7aを通す配線室を前後に渡って形成し、ジョイナー9を取付部材8の配線室に嵌合できる形状に形成してリード線7aの途中位置に設ける。そのジョイナー9を配線室の端部に嵌合して前後の取付部材8同士を連結するとともにリード線7aを配線室に配線し、その配線室に長尺のシールドカバーを嵌合してリード線7aを被覆する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):