(54)【考案の名称】ソーラー発電パネル設置用架台

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】大東金属株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本発明は、ソーラー発電パネルの取付設置の為の架台の材質及び構造を考慮し、建屋の壁、屋上屋根、平地、河川、湖沼、高架道路、掘割道路、盛土道路、砂漠等の空間を利用し設置出来る安価且つ強度な構造のソーラー発電パネル設置用架台に関する。

【従来の技術】

【0002】
本来この技術は、地球規模のコンセンサスで低炭素社会招聘の為に、石油、石炭の化石燃料エネルギー転換からソーラー発電設備の設置が要望され、社会的ニーズが高まっている。ソーラー発電パネルの据付けには比較的に広いスペースが要求されるが、限られた場所、空間を利用して、既存構築物や、砂漠でも設置できる架台を提供するものである。
【0006】

【効果】

【0007】
現行電気料金と比較して、ソーラー発電料金は高いので、ソーラー発電システムを支える架台設置を安くし発電システムの普及促進を図れる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本考案のソーラー発電パネル設置用架台のシステム構成
【図2】本考案のソーラー発電パネル設置用架台の取付構成
【図3】本考案のソーラー発電パネルの台座の取付構成 (a)台座の帯鋼への取付 (b)金網をくぐらせた帯鋼

【0009】
図1と図2で本考案のソーラー発電パネル設置用架台の構成を説明する。
図1は本考案のソーラー発電パネル設置用架台の構成、図2は本考案のソーラー発電パネル設置架台の取付構成を示す。
土中アンカー6とターンバックル2で緊張固定した溶融亜鉛メッキ型鋼による支柱1を複数備え、その支柱間を四角状にワイヤーロープ3を張り、その上に溶融亜鉛メッキ撚り線による金網4をコイルジョイント7で取り付けて固定し張る。
【0010】
金網4に2本の帯鋼10をくぐらせて並行に取付け、その上に、ソーラー発電パネル5の台座8をボルト・ワッシャー9で締結し取り付ける。その台座の上にソーラー発電パネル5を設置する。
【0011】
図3は本考案のソーラー発電パネル台座の取付構成である。(a)は台座の帯鋼への取付け(b)は金網をくぐらせた帯鋼である。
図3(a)に示すように、ソーラー発電パネル5の台座8と、金網4にくぐらせた帯鋼10とをボルト・ワッシャー9で締結する。図3(b)に示すように、帯鋼10を金網4にくぐらせて、動きにくいように設置している。
【産業上の利用可能性】
【0012】
本考案のソーラー発電パネル設置用架台により、ソーラー発電パネルを、広い範囲の場所があれば、容易に金網を用いて設置できる。又、本考案のソーラー発電パネル設置用架台は、比較的軽量で、強度、耐久性に優れ且つ安価なので、官民問わず広く利用が期待出来る。
【0013】
1 支柱
2 ターンバックル
3 ワイヤーロープ
4 金網
5 ソーラー発電パネル
6 土中アンカー
7 コイルジョイント
8 台座
9 ボルト・ワッシャー
10 帯鋼

(57)【要約】

【課題】ソーラー発電パネルの据付けにおいて、限られた場所、空間を利用して、既存構造物や、砂漠でも設置できる架台を提供する。【解決手段】土中アンカーとターンバックルで緊張固定した溶融亜鉛メッキ型鋼による支柱を複数備え、その支柱間を四角状にワイヤーロープ3を張り、その上に溶融亜鉛メッキ撚り線による金網4をコイルジョイント7で取り付けて固定し張り、金網4に2本の帯鋼10をくぐらせて並行に取付け、その上にソーラー発電パネル5の台座8をボルト・ワッシャーで締結し取付け、その台座8の上にソーラー発電パネル5を設置する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):