(54)【考案の名称】ゴルフコース用のスコアカード

(73)【実用新案権者】株式会社エコーシステム

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、フェアウェイでプレー時に打数などを記録するゴルフコース用のスコアカードに関する。

【従来の技術】

【0002】
フェアウェイにおけるゴルフ競技では、各ゴルフ場専用のスコアカードを用いて、打数などの記録を鉛筆やボールペンなどの筆記具により記入するようにしている。
【0003】
ゴルフ場のフェアウェイでは、ゴルフの競技中に天候が急変して、風雨や雷鳴を伴うことがあり、風雨に遭遇した場合、木材パルプ製のスコアカードでは破れたり、筆記具の記入が不鮮明になり、正式な記録として認められなくなる虞がある。
これを防ぐ目的で、スコアカードをプラスチック材で構成したり、カード用紙の表面をプラスチック材でコーティングし、表面に微細な凹凸を設けて艶消し状(すりガラス面状)にし、鉛筆などの筆記具で記入ができるようにしたものがある(特許文献1)。
また、ゴルフの競技者(ゴルファー)がプレー時に自己のスコアを記入したスコアカードは、通常の場合、筆記具と一緒に競技者のポケットに収納している。
【0004】

(57)【要約】

【課題】雨水に濡れても破損せず、記入ができなくなることも記録が消えることもなく、競技後に別のカードに転記する必要がなく長期保存が可能なゴルフコース用のスコアカードを提供する。【解決手段】スコアカード1のカード用紙1aは、ストーンペーパー材により構成され、耐水性に優れ、取り扱い易い二つ折りの矩形用紙を形成し、水に濡れてもペンやボールペンあるいは鉛筆などの筆記具7により書き入れが可能であり、かつ書き入れが消えない。しかも、ゴルファーのポケット内でも筆記具7をホルダー部や補助ホルダー部8に安定させた状態で保持することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):