(54)【考案の名称】無線タグ付ラベルプリンタ用紙またはシール

(73)【実用新案権者】株式会社ナカヨ通信機

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、製品に貼り付けられるラベルプリンタ用紙またはシールに関し、特にインクジェット記録方式に対応した無線タグ付のラベルプリンタ用紙またはシールの構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、ラベルプリンタ用紙と無線タグを一体化したものとして、感熱ロールラベルに無線タグ(ICチップ及びアンテナ)を貼り付けた技術がある(例えば、特許文献1)。この技術は感熱ロールラベルに汎用の無線タグ(ICチップ及びアンテナ)を貼り付けたものである。
【0003】

【効果】

【0007】
本考案によれば、無線タグを構成するICチップ及びアンテナの位置を含めて受像材でコーティングするので、ラベルプリンタ用紙またはシールの表面の全面を印刷面とすることが可能になるという効果がある。
【0008】
また、受像材がコーティングされた受像層内に無線タグを構成するICチップ及びアンテナが埋没するので、前記ICチップ及びアンテナが脱落する恐れが小さいという効果がある。
【0009】
さらに、無線タグを構成するICチップ及びアンテナが受像層で隠れるので、見栄えが良くなるという効果がある。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】本考案の無線タグ付ラベルプリンタ用紙またはシール2をロール台紙1に貼り付けた斜視図である。
【図2】図1のA−A断面図である。

【0011】
以下、本考案の無線タグ付ラベルプリンタ用紙またはシールの実施例について図面をもとに説明する。
【0012】
図1は、本考案の無線タグ付ラベルプリンタ用紙またはシール2をロール台紙1に貼り付けた図である。無線タグ付ラベルプリンタ用紙またはシール2は無線タグを構成するICチップ6とアンテナ7を内部に埋め込んだ構成である。
【0013】
図2は、図1のA−Aで切断した断面図である。
無線タグ付ラベルプリンタ用紙またはシール2を貼り付けて連続印刷を可能にすると共に粘着剤B3から剥離可能なロール台紙1と、無線タグ付ラベルプリンタ用紙またはシール2をロール台紙1に貼り付けることが出来る粘着剤B3と、無線タグ付ラベルプリンタ用紙またはシール2の基本材料となる基紙またはフィルム4と、無線タグを構成するICチップ6とアンテナ7と、無線タグを構成するICチップ6とアンテナ7を基紙またはフィルム4に固定するための粘着剤A5と、受像材でICチップ6及びアンテナ7を覆いコーティング処理した受像層8で構成されている。
【0014】
受像層8の受像材はICチップ6及びアンテナ7を覆い、被印刷面9が均一になるようにコーティングする。
【0015】
受像層8の厚さは印刷時に被印刷面9からインクが染み込んでICチップ6及びアンテナ7に到達しない厚さとする。受像材及びインクの材質により印刷時のインク浸透距離は異なるが、図2は被印刷面9とICチップ6及びアンテナ7の間隔を0.05mm、ICチップ6及びアンテナ7の高さを0.05mmとし、受像層8の厚さを0.10mmとしている。
【0016】
以上説明した通り、本考案によれば、ICチップ6及びアンテナ7を受像材でコーティングすることで、被印刷面9を均一にし、無線タグ付ラベルプリンタ用紙またはシール2の表面の全面を印刷面にすることが可能である。
【0017】
また、無線タグを構成するICチップ6及びアンテナ7が受像層8に埋没するので、前記ICチップ6及びアンテナ7が脱落する恐れが小さい。
【0018】
また、無線タグを構成するICチップ6及びアンテナ7が受像層8で隠れるので、見栄えが良くなる。
【0019】
さらに、無線タグを構成するICチップ6及びアンテナ7が受像層8に埋没することにより、全体の厚みが低減でき、無線タグ付ラベルプリンタ用紙またはシール2とロール台紙1を合わせた厚みが0.29mmとなり、汎用ラベルプリンタで印刷することが可能である。
【0020】
本考案は、上記の実施形態に限定されるものではなく、様々な変更が可能である。例えば、受像材に粘着性を持たせることにより、粘着剤A5を受像材に変更し、構成部品点数又は種類の低減を図ることが出来る。
また、ICチップ6とアンテナ7を統合した無線タグチップを使用しても良い。
【0021】
1・・・ロール台紙
2・・・無線タグ付ラベルプリンタ用紙またはシール
3・・・粘着材B
4・・・基紙またはフィルム
5・・・粘着材A
6・・・ICチップ
7・・・アンテナ
8・・・受像層
9・・・被印刷面

(57)【要約】

【課題】 ラベルプリンタとして、用紙と非接触で印刷面に多少の凹凸があっても印刷可能なインクジェット記録方式を採用すると共に、無線タグを構成するICチップ及びアンテナが脱落しにくい無線タグ付ラベルプリンタ用紙またはシールの構成を提供する。【解決手段】 無線タグを構成するICチップ6とアンテナ7を粘着剤A5により基紙またはフィルム4に固定し、受像材でICチップ6とアンテナ7を覆いコーティング処理した受像層8を作成する。受像層8の被印刷面9を均一になるようにコーティングすることにより、全面印刷及び無線タグを構成するICチップ6とアンテナ7の脱落防止を可能とする。また、無線タグ付ラベルプリンタ用紙またはシール2の粘着剤B3により剥離可能なロール台紙1に貼り付けることで連続印刷を可能とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):