(54)【考案の名称】電動足踏み機

(73)【実用新案権者】広州飛達運動マッサージ器材有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は健康器材の構造に関し、特に電動足踏み機の構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
体を鍛える時間を作りにくいサラリーマンにとって、自分に合ったトレーニング方法を探している。しかし、多くの人は部屋が小さく、健康器材を置くスペースがないため、体積の小さい、運動効果のある足踏み機が案出された。“足踏み機”のようなトレーニング、ダイエットマシーンは、発売するや否や、大ブームとなった。
【0003】
足踏み機の体積は小さく、単独でトレーニング、ダイエット、心肺機能を強化すると同時に、全身及び下肢の運動を行うことができる。足踏み機は有酸素運動となるため、従来の運動機械と比べ疲れにくい。足踏み機は主に下半身(臀部及び太もも)を鍛える機械であり、十分なトレーニングを行い、ダイエットすると共に、美しい下半身の曲線を作ることができる。踏むスピードを速くすると、心肺機能をトレーニングすることができ、心肺機能に与える刺激が温和である。足踏みを行うと同時に、腰をひねる動きをプラスすると、下腹部とウェストを引き締める。足踏みを行うと同時に、臀部に力を入れると、更にヒップアップ効果がある。また、足踏みを行うと、有効的に坐骨神経及び中枢神経を刺激し、素晴らしいトレーニング効果を得ることができる。足踏み機でトレーニングする際、同時に上半身と腕を動きに合わせて振ると、同じくトレーニングの効果を得ることができる。
【0004】
従来技術の足踏み機はシリンダータイプであり、足踏みの回数はシリンダーの摩擦のよって制限され、足踏みのスピードに基づいて任意に調整することができないことを鑑みて、更なる改善が必要であった。
【0005】

【効果】

【0009】
電機の駆動によって、ループの上下及びスウィング運動を実現し、ユーザーの足踏み速度に基づき、随意に調節することができ、トレーニング効果を高めると同時に、運動ダメージを減らすことができる電動足踏み機である。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】本考案における内部構造の略図である。
【図2】図1の分解略図である。

【0011】
図1及び図2に示すように、台座1、縦棒9、スタンド2、左右のペダルスタンド4、5、左右の連動棒6、16、振り棒14、ベアリング組立部品18、タービンボックス22を含む。台座1を水平に地面に置き、先端の中央に回転軸7、スウィング固定軸8及び縦棒設置台10を設置する。縦棒9の下端を台座1の縦棒設置台10に固定する。スタンド2を台座1に設置し、スタンド2の先端に管3を設置し、該管3を台座1の回転軸7に嵌合し、該管3の上に横軸15を設置する。左のペダルスタンド4を前記横軸15の左側に設置し、右のペダルスタンド5を前記横軸15の右側に設置する。左の連動棒6の両端をそれぞれ左スタンド4の先端と左のクランク12に接続し、右の連動棒16の両端をそれぞれ右スタンド5の先端と右のクランク13に接続する。振り棒14の一端は関節ベアリング組立部品56を通してから台座1のスウィング固定軸8に固定し、別端は左クランク12と接続する。ベアリング組立部品18は左クランク12と右クランク13を接続し、該ベアリング組立部品18に従動ギア72を設置する。タービンボックス22をスタンド2の後部に設置し、接続している主動ギア71はベルト69によって、従動ギア72と連動する。
【0012】
ユーザーが上肢運動しやすいように、図2に示すように、縦棒9の上端にハンドル11を設置する。
【産業上の利用可能性】
【0013】
本考案の電動足踏み機の作動原理は:電機70が駆動することにより、タービンボックス22にある主動ギア71が回転し、ベルト69によってベアリング組立部品18の従動ギア72も同時に回転する。互いに接続している左クランク12が左連動棒6を動かすことで、左ペダルスタンド4は横軸15を定点に上下運動を行う。同じく、右クランク13が右連動棒16を動かすことで、右ペダルスタンド5が横軸15を定点に上下運動を行う。左ペダルスタンド4が下向きに動く際、左連動棒6、左クランク12と接続する振り棒14がその力を受けて、関節ベアリング組立部品56を通じて、台座1にあるスウィング固定軸8の働きにより、左ペダルスタンド4が横軸15を定点に下向きに動き、スタンド2は台座1の回転軸7を定点に左に動く。同時に左クランク12、右クランク13と回転軸7の動きにより、右ペダルスタンド5は左ペダルスタンド4と相対するスウィング運動が生じる。よって、電機の駆動により、ユーザーが左右のペダルスタンドに立つと、ループの上下及びスウィング運動を行うことができる。
【0014】
更に本考案の電機70の駆動により、タービンボックス22にある主動ギア71が回転し、該回転の速度率70は、該電機70と外付けする音源装置(デジタルウォークマンやMP3、MP4など)に利用することができる。該音源装置(図に未掲載)は回路或いはコードレストランスミッションを使って音源シグナルを電機70に送り、電機70は該音源シグナルの拍子或いは強弱によってコントロールされて、相応するリズムが生まれる。ユーザーの操作時の楽しみを増やすことができる。
【0015】
1 台座
2 スタンド
3 管
4 左ペダルスタンド
5 右ペダルスタンド
6 左連動棒
7 回転軸
8 スウィング固定軸
9 縦棒
10 縦棒設置台
11 ハンドル
12 左クランク
13 右クランク
14 振り棒
15 横軸
16 右連動棒
18 ベアリング組立部品
22 タービンボックス
56 関節ベアリング組立部品
69 ベルト
70 電機
71 主動ギア
72 従動ギア

(57)【要約】

【課題】電動足踏み機の構造を提供する。【解決手段】主に台座1と縦棒9、機械スタンド、左右のペダルスタンド4,5、左右の連動棒、振り棒14、ベアリング組立部品18、タービンボックスで構成したものである。台座の先端の中央に回転軸7、スウィング固定軸及び縦棒設置台を設置する。縦棒の下端を台座の縦棒設置台に固定する。スタンドを台座に設置し、スタンドの先端に管を設置し、該管を台座の回転軸に嵌合し、該管の上に横軸を設置する。左のペダルスタンドを前記横軸の左側に設置し、右のペダルスタンドを前記横軸の右側に設置する。左の連動棒の両端をそれぞれ左スタンドの先端と左のクランク12に接続し、右の連動棒の両端をそれぞれ右スタンドの先端と右のクランク13に接続する。振り棒の一端は関節ベアリング組立部品を通してからスウィング固定軸に固定し、別端は左クランクと接続する。ベアリング組立部品は左クランクと右クランクを接続し、該ベアリング組立部品に従動ギアを設置する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):