(54)【考案の名称】ポータブルデータコレクタ

(73)【実用新案権者】神▲ライ▼光電股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図5

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はデータコレクタに関し、特にポータブルデータコレクタに関する。

【従来の技術】

【0002】
市販されている製品の多くでは、包装の表面、或いは外箱上にバーコードが印刷されている。
該バーコードは、一定のコーディング原則に基づきコンパイルされており、各製品のバーコードは、その商品の名称、商品番号、価格等データを表す。
すなわち、バーコードを応用することで、正確、迅速、かつ便利に、商品管理を自動化することができる。
【0003】
さらに一般に、商品には棚卸、在庫チェックが必要で、これにより商品の入出荷状況を制御することができるが、棚卸には、パーム型のデータコレクタが使用されている。
該データコレクタは、頂点面に多数のインプットボタンを設置し、頂点面或いは側面には、走査ボタンを設置する。
商品バーコードを手動インプット、或いは親指で走査ボタンを押し商品のバーコードをスキャンすることで、該バーコードが表す商品情報を該データコレクタにインプットすることができる。
【0004】
しかし、上記したデータコレクタは、通常は、片手で持って操作するため、親指により、頻繁に、しかも持続的に該走査ボタンを押し、大量の商品を棚卸、在庫チェックすることで、使用者の手のひら或いは親指の筋肉に疼痛を生じ、労働傷害を引き起こす恐れがある。
本考案は、従来のデータコレクタの上記した欠点に鑑みてなされたものである。
【考案が解決しようとする課題】
【0005】
本考案が解決しようとする第一の課題は、ハウジングの底面に引き金状の走査ボタンを設置し、薬指により走査ボタンを押しスキャナー装置を起動することで、大量の商品情報を収集することができるポータブルデータコレクタを提供することである。
本考案が解決しようとする第二の課題は、ハウジングの底面に、握って操作するための便を図るグリップを結合し、グリップ上の引き金は走査ボタン外側に対応して設置され、グリップ上の引き金を押すことで走査ボタンを触発し、これによりスキャナー装置を起動することができ、こうして使用上の利便性を高めることができるポータブルデータコレクタを提供することである。

【効果】

【0007】
本考案のポータブルデータコレクタは、ハウジングの底面に走査ボタンを設置することで、薬指により操作して商品バーコードを走査でき、しかもハウジングの底面にはグリップを結合し、これにより使用者はグリップを握って持った状態で薬指により走査ボタンを押すことができる。
本考案のデータコレクタは、従来の構造に比べ、人体工学に適合した使用を提供でき、大量の商品を棚卸、在庫チェックする時にも、労働傷害の発生を回避することができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本考案ポータブルデータコレクタ片側の立体外観図である。
【図2】本考案ポータブルデータコレクタ反対側の立体外観図である。
【図3】本考案ポータブルデータコレクタの局部断面図である。
【図4】本考案ポータブルデータコレクタの使用模式図である。
【図5】本考案ポータブルデータコレクタとグリップ結合の様子を示す立体分解図である。
【図6】本考案ポータブルデータコレクタとグリップ結合の様子を示す立体外観図である。
【図7】本考案ポータブルデータコレクタとグリップ結合の様子を示す局部断面図である。
【図8】本考案ポータブルデータコレクタとグリップ結合状態における使用模式図である。

【0009】
以下に図面を参照しながら本考案を実施するための最良の形態について詳細に説明する。
【0010】
図1、2、3は、本考案ポータブルデータコレクタ片側の立体外観図、反対側の立体外観図、及び局部断面図である。
【0011】
データコレクタ1は、商品情報の入力、及び商品バーコードの走査に用い、ハウジング10、回路板20、複数のインプットボタン30、走査部品40、走査ボタン50及び表示スクリーン60からなる。
【0012】
該ハウジング10は、頂点面11、及び該頂点面11に相対する底面12を備える。
【0013】
該ハウジング10内には、回路板20を設置し、該頂点面11及び該底面12には、複数のインプットボタン30、及び引き金状を呈する走査ボタン50をそれぞれ設置する。
【0014】
該各インプットボタン30及び走査ボタン50は、該回路板20と電気的に連接する。
【0015】
さらに、該ハウジング10の前方には、該走査部品40を設置する。
【0016】
該走査ボタン50は、該ハウジング10の底面12に設置し、該回路板20と電気的に連接する。
【0017】
これにより、該走査部品40がバーコードを走査、或いは該各インプットボタン30を押すと、それに対応して発生する情報は、該表示スクリーン60上に表示される。
【0018】
本考案ポータブルデータコレクタの使用模式図である図4に示すように、該回路板20には、感知部品21を設置する。
【0019】
該感知部品21を触発することで、該走査部品40を作動させることができる。
【0020】
よって、使用者が該データコレクタ1を手に持ち、商品バーコードを走査しようとする時には、薬指で該走査ボタン50を押せば、該走査ボタン50は該感知部品21を押し、該回路板20を経て、該走査部品40は商品バーコードの走査を行うことができる。
【0021】
図5、6は、それぞれ本考案ポータブルデータコレクタとグリップ結合の様子を示す立体分解図、及び立体外観図である。
【0022】
図5、6に示すように、該データコレクタ1はさらに、グリップ70を備える。
【0023】
該グリップ70は、該ハウジング10の底面12に結合する。
【0024】
本実施例中では、該ハウジング10と該グリップ70との結合方式は、該ハウジング10の底面12に、第一結合部101、102を設置するものである。
【0025】
また、該グリップ70上には、第二結合部71を対応させて設置し、該ハウジング10の底面11には、第一定位部103を設置する。
【0026】
該グリップ70は、相互に対応する位置に、第二定位部72を設置し、該第一結合部101、102と該第二結合部71とは、相互に嵌合する。
【0027】
同時に、該第一定位部103を該第二定位部72中に定位し、これにより該グリップ70を、該データコレクタ1の底面12に固定する。
【0028】
本実施例中では、該第一結合部101、102は、フック槽で、該第二結合部71には、対応する係合フックを設置し、該第一定位部103は凸ほぞで、該第二定位部72は凹ほぞである。
【0029】
図7、8は、それぞれ本考案ポータブルデータコレクタとグリップ結合の様子を示す局部断面図である。
【0030】
図に示すように、該グリップ70は、該走査ボタン50位置に対応し、引き金73を設置する。
【0031】
該引き金73は、該走査ボタン50の外側に接触し、該走査ボタン50を押すと、該走査ボタン50は押されて、該感知部品21を触発する。
【0032】
該グリップ70を該ハウジング10の底面12に結合することで、ピストル型のデータコレクタ1を形成する。
【0033】
使用者は、該グリップ70を握り持ち、さらに薬指で、該引き金73を押すと、商品バーコードの走査作業を行うことができる。
【0034】
上記の本考案名称と内容は、本考案技術内容の説明に用いたのみで、本考案を限定するものではない。本考案の精神に基づく等価応用或いは部品(構造)の転換、置換、数量の増減はすべて、本考案の保護範囲に含むものとする。
【産業上の利用可能性】
【0035】
本考案は実用新案登録の要件である新規性を備え、従来の同類製品に比べ十分な進歩を有し、実用性が高く、社会のニーズに合致しており、産業上の利用価値は非常に大きい。
【0036】
1 データコレクタ
10 ハウジング
101 第一結合部
102 第一結合部
103 第一定位部
11 頂点面
12 底面
20 回路板
21 感知部品
30 インプットボタン
40 走査部品
50 走査ボタン
60 表示スクリーン
70 グリップ
71 第二結合部
72 第二定位部
73 引き金

(57)【要約】

【課題】薬指で走査ボタンを押すポータブルデータコレクタを提供する。【解決手段】ポータブルデータコレクタは、商品情報の入力、及び商品バーコードの走査に用い、ハウジング10、ハウジング10内に設置する回路板、回路板と電気的に連接する複数のインプットボタン、表示スクリーン、走査部品及び走査ボタン50からなり、ハウジング10は頂点面11、及び頂点面11に相対する底面12を備え、インプットボタンはハウジング10の頂点面11に設置し、走査部品を起動して走査光線を発しバーコードを読み取り、表示スクリーンはハウジング10の頂点面11に設置し、走査部品はハウジング10内部に設置し、走査ボタン50は引き金状を呈し、ハウジング10の底面12に設置する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):