(54)【考案の名称】読取解析度を切り替えるバーコードスキャナー

(73)【実用新案権者】神▲ライ▼光電股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、バーコードスキャナーに関するもので、特に読取解析度を切り替えるバーコードスキャナーに係わる。

【従来の技術】

【0002】
バーコードスキャナーは、センサー部品を搭載した光学部品で、バーコードをスキャンして対応する情報を読み取るのに用いる。一般的に、バーコードスキャナーは、通常一種の特定の光学最高解析度があるだけで、使用時は最高解析度より低いバーコードをスキャンして対応する。
【0003】
バーコードの高解析度は既に通常となり、バーコードの体積及び材料コストを下げている。しかしながら、バーコードスキャナーの光学レンズの解析度と焦点深度は反比例し、それによって高解析度(< 4mil)のバーコードをスキャンできるバーコードスキャナーとなる。それは備える焦点深度(Depth oF Focus)が相対して短くなる。言い換えると、使用者はバーコードをバーコードスキャナー前方の一特定距離前後の一小範囲内に正確に置くことで、初めて有効にバーコードをスキャンする。反対に、低解析度(> 4mil)のバーコードをスキャンするバーコードスキャナーは、その焦点深度が反対に大きいため、使用上バーコードとバーコードスキャナーの間の距離をそれほど考慮しなくても、スキャナー効率は有効に高めることができる。
【0004】
そのため、販売店では上述の問題を解決するため、二種の異なる解析度のバーコードスキャナーを準備している。低解析度のバーコードスキャナーは一般の低解析度のバーコードをスキャンするのに用いるが、高解析度のバーコードに当たった時には高解析度のバーコードスキャナーでスキャンし、全体のスキャナー効率を高めている。
【0005】

【効果】

【0008】
本考案の読取解析度を切り替えるバーコードスキャナーは、スキャナー低解析度バーコードもしくは高解析度バーコードをスキャンする読取解析度を切り替え、設置コストを下げるという利点がある。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】本考案の読取解析度を切り替えるバーコードスキャナーの第一実施例の指示図である。
【図2】図1の読取解析度を切り替えるバーコードスキャナーの操作指示図である。
【図3】本考案の該読取解析度を切り替えるバーコードスキャナーの光路指示図である。
【図4】本考案の読取解析度を切り替えるバーコードスキャナーの第二実施例の指示図である。
【図5】本考案の図4の読取解析度を切り替えるバーコードスキャナーの操作指示図である。

【0010】
スキャナー低解析度バーコードもしくは高解析度バーコードをスキャンする読取解析度を切り替えるバーコードスキャナーを提供することを本考案の目的とする。
【0011】
上述の目的を達成するため、本考案の読取解析度を切り替えるバーコードスキャナーは、一バーコードをスキャンする。該バーコードは、高解析度バーコードもしくは低解析度バーコードであり、該バーコードスキャナー装置は、筐体、スキャナーモジュール,及び切替式拡大モジュールを含む。該筐体は開口を備える。該スキャナーモジュールは、該筐体内に設置し、該開口から該バーコードに向けて照明光線を照射する発光ユニット、及び該開口から照明光線によって照射した該バーコードが反射形成したバーコードイメージを感知するセンサーユニットを備える。該切替式拡大モジュールは、該バーコードイメージを拡大する拡大鏡、及び該拡大鏡を切り替えて該センサーユニットの位置を相対させる切替ユニットを備える。該切替ユニットが該拡大鏡を動かして該センサーユニットと該バーコードの間でない離軸位置及び該センサーユニットと該バーコードの間にある軸上位置の間で切り替える
【0012】
該切替ユニットで該拡大鏡を軸上位置に動かすと、高解析度バーコードをスキャンする。それは、該拡大鏡がその焦点内の高解析度バーコードに対して拡大イメージを発生し、同じ効果で高解析度バーコードの解析度をセンサーユニットが受け入れられる範囲内まで下げ、該センサーユニットが該拡大鏡を通して該拡大イメージをはっきりと感知し、それによって、該高解析度バーコード上のすべての関連情報を読み取るからである。
【0013】
本考案の技術内容、詳細説明及びその効果を、図と共に以下に説明する。
【0014】
図1に示すのは、本考案の読取解析度を切り替えるバーコードスキャナーの第一実施例であり、一バーコードをスキャンする(図未提示)。該バーコードは、普通の低解析度バーコード(> 4mil)でもよいし、もしくは一高解析度バーコード(< 4mil)でもよい。更にそのバーコードは一本のバーコードに制限されず二本のバーコードでもよい。該バーコードスキャナー装置は、主に筐体10、一スキャナーモジュール20,及び一切替式拡大モジュール30を含む。
【0015】
該筐体10は、持ち手式バーコードスキャナーの筐体で、手で握るためのグリップ11、更に該グリップ11上の縁に前向きに伸びるスキャナー部12を備える。該スキャナー部12前端には開口13を備える。特に説明するのは、本実施例の筐体10は持ち手式バーコードスキャナー筐体を例としているが、実際に実施する場合には、固定式バーコードスキャナー筐体もしくはデータ端末筐体でもよい。
【0016】
該スキャナーモジュール20は、該筐体10のスキャナー部12内に設置し、該スキャナーモジュール20は該開口13から該バーコードへ向けて照明光線を照射する発光ユニット21、及び該開口13から照明光線によって照射した該バーコードが反射形成したバーコードイメージを感知するセンサーユニット22を備える。図3について詳細に説明すると、該センサーユニット22は外界イメージを電気信号に転換するセンサー部品221,及び外界イメージを該センサー部品221上にイメージングする少なくとも一光学ミラー222を含む。該センサー部品221はCMOSセンサー部品もしくはCCDセンサー部品とする。
【0017】
図1に示すとおり、該切替式拡大モジュール30は、おおよそ該筐体10内に設置し、それは該バーコードイメージを拡大する拡大鏡31,及び該拡大鏡31を切り替えて該センサーユニット22の位置を相対させる切替ユニット32を備える。
【0018】
該拡大鏡31は、該筐体10のスキャナー部12内に位置し、およそ該センサーユニット22の前方に位置する。具体的には、該拡大鏡31は凸レンズである。該切替ユニット32は、該拡大鏡31に連接する支持部321、該筐体10上に成形して該支持部321を該筐体10外まで挿し込むための滑動槽322,及び該支持部321に連接し該筐体10外側に位置する操作部323を含む。指で該操作部323を移動することにより、該支持部321が該拡大鏡31の位置へ移動する。
【0019】
この他、本考案のバーコードスキャナーは、更に該開口13箇所に設置する透明片50を含み、光線を通してスキャナーモジュール20及び該切替式拡大モジュール30を筐体10の中で封鎖するのに用いる。
【0020】
図1及び図2に示すとおり、該切替ユニット32によって該拡大鏡31を動かし、該拡大鏡31を該センサーユニット22と該バーコードの間に位置しない離軸位置(例として図1)、及び該センサーユニット22と該バーコードの間の軸上位置(例として図2)の間で切り替える。
【0021】
図1に示すとおり、該拡大鏡31が離軸位置にある時、該センサーユニット22は、該バーコードのイメージを直接感知し、該バーコード上の関連情報を読み取る。その場合、このバーコードは低解析度バーコードに限られる。但し、該拡大鏡31を通さなくても良いので、この状態の該バーコードスキャナーは比較的長い焦点深度を備え、使用者が操作しやすく、スキャナー効率を有効に高める。
【0022】
反対に、図2及び図3に示すとおり、該拡大鏡31が軸上位置にある時、高解析度バーコード100に対してスキャンを行う。この高解析度バーコード100の解析度は4milより小さい。該拡大鏡31によってその焦点F内の高解析度バーコード100に対する位置に拡大イメージ110が発生し、同じ効果で高解析度バーコード100の解析度をセンサーユニット22が受け入れられる範囲内まで下げ、該センサーユニット22によって該拡大鏡31が該拡大イメージ110をはっきりと感知し、該高解析度バーコード100上に備わる関連情報が読み取りやすくなる。
【0023】
図4に示すのは、本考案の読取解析度を切り替えるバーコードスキャナーの第二実施例であり、それは第一実施例とほぼ同じであるが、異なる箇所は、該切替式拡大モジュール40が該筐体10外側に設置されることである。それは該バーコードイメージを拡大する拡大鏡41,及び該拡大鏡41と連接して該拡大鏡41を切り替えて該センサーユニット22の位置を相対させる切替ユニット42を含む。該拡大鏡41は該筐体10の外側に位置する。該切替ユニット42は、該筐体40上で枢設する二枢設部421、及び該枢設部421を連接して該拡大鏡41を設置する支持部422を含む。特に説明するべきこととして、該枢設部421の数は二個に限らず、実際に実施する場合は一個でもよい。
【0024】
図4及び図5に示すとおり、使用者が該切替ユニット42を上下移動させて,該拡大鏡41を動かし、該拡大鏡41を該センサーユニット22と該バーコードの間でない離軸位置(如図4)や該センサーユニット22と該バーコードの間の軸上位置(如図5)に変化して切り替える。
【0025】
以上は、本考案の良好な実施例であり、本考案の実施範囲を制限するものではない。本考案が申請する請求範囲と同効果の変化や修飾は、すべて本考案の請求範囲内に属する。
【0026】
10 筐体
11 グリップ
12 スキャナー部
13 開口
20 スキャナーモジュール
21 発光ユニット
22 センサーユニット
221 センサー部品
222 光学ミラー
30 切替式拡大モジュール
31 拡大鏡
32 切替ユニット
321 支持部
322 滑動槽
323 操作部
40 切替式拡大モジュール
41 拡大鏡
42 切替ユニット
421 枢設部
422 支持部
100 高解析度バーコード
110 拡大イメージ

(57)【要約】

【課題】設置コストを下げる読取解析度を切り替えるバーコードスキャナーを提供する。 【解決手段】該バーコードは、高解析度バーコードもしくは低解析度バーコードであり、該バーコードスキャナー装置は、筐体、スキャナーモジュール,及び切替式拡大モジュールを含む。該筐体は開口を備える。該スキャナーモジュールは、該筐体内に設置し、該開口から該バーコードに向けて照明光線を照射する発光ユニット、及び該開口から照明光線によって照射した該バーコードが反射形成したバーコードイメージを感知するセンサーユニットを備える。該切替式拡大モジュールは、該バーコードイメージを拡大する拡大鏡、及び該拡大鏡を切り替えて該センサーユニットの位置を相対させる切替ユニットを備える。該切替ユニットが該拡大鏡を動かして該センサーユニットと該バーコードの間でない離軸位置及び該センサーユニットと該バーコードの間にある軸上位置の間で切り替える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):