(54)【考案の名称】支持フレーム構造

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、支持フレーム構造に関するものであり、さらに詳しくは、タブレット型パソコン又はタブレット型電子機器を支持するために用いる支持フレーム構造に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
ノート型パソコンは、適切な角度で使用したり展示したりする際、支持フレームに設置することが一般的である。従来の支持フレームは、ノート型パソコンのスクリーンを設置するために用いる基板を有する。かかる基板は、ノート型パソコンの本体を支持するために用いる底板を底端に有し、基板を支持するために用いる支持板を頂端に有するように構成されている。
【0003】
ところで、近年、ノート型パソコンより優れ、便利なタブレット型パソコンが開発されているが、ノート型パソコンで使用できるように設計されている従来の支持フレームは、かかるタブレット型パソコンには、通常、使用できないという問題がある。従って、従来の支持フレーム構造にタブレット型パソコンを無理に使用した場合、タブレット型パソコンが滑り落ちて損壊する虞がある。
【0004】
かかる状況下において、タブレット型パソコンに使用可能な支持フレームの開発が切望されてきた。

【効果】

【0010】
本考案の支持フレーム構造は、タブレット型電子機器又はタブレット型パソコンを設置するために用い、握持用孔により携行し易くし、各構成要素を係合させることにより、容易に組み立て及び分解をすることができ、使用上の価値が高いものである。

(57)【要約】

【課題】タブレット型電子機器又はタブレット型パソコンを設置するために用い、握持用孔により携行し易くし、組立時は部品を単にはめ合せるだけの構造として、組み立て及び分解が容易な支持フレーム構造を提供する。【解決手段】支持フレームは、底板1、2つのサイドパネル3及び2つの支持板2を備えたものである。2つのサイドパネル3は、底板1の左右側部に配置されている。2つの支持板2は、底板1の両面にそれぞれ配置され、一方の支持板2の自由端が他方の支持板2に係合されるように構成されたものである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):