(54)【考案の名称】メモ帳

(73)【実用新案権者】瑞宝興業株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、広告が記載されたメモ帳に関し、特に、十分な大きさのメモ記載部を有して使い勝手がよく、十分な大きさの広告記載部により、より高い広告効果を得るのに有用なものである。また、対外的なメモとして使用する際にも有用なものである。

【従来の技術】

【0002】
従来より、メモ帳は個人的な用件の記載や、伝言、連絡などに使用されている。
【0003】
このメモ帳は、個人的に製作したもの、市販されているもの、企業から顧客等に配布されるものなどがある。個人的に製作したメモ帳は、例えば、一方の面が使用済みの紙を使い易い大きさに裁断したものがクリップなどで束ねられている。市販されているメモ帳は、使用者の用途に合わせて選択できるように、罫線や「年月日」など様々な項目が印刷されている。
【0004】
企業から顧客等に配布されるメモ帳には、配布企業の広告(企業名、住所、電話番号、FAX番号、企業のキャッチフレーズ等)や、伝言を記載した人と、伝言を受取る人の名前を記載するための欄など、配布企業が独自に必要とする内容が初めから記載されている。これらはメモ用紙の端部に記載されている場合(例えば、特許文献1及び特許文献2参照)、メモ用紙とは別に設けられた表紙に企業の広告が記載されている場合(例えば、特許文献3参照)など様々である。
【0005】
しかし、これらのメモ帳は企業が広告用として配布したものであり、必ずしも使用者にとって使い勝手のよいものではない。
【0006】
例えば、配布側は広告効果をねらって、大きな広告を各ページに印刷すると、使用者にとってはメモ領域が小さく、不便である。また、対外的に使いにくい。これに対して、メモ専用ページに表紙をつけ、表紙のみに広告をつけた場合、表紙が捨てられると、もはや広告の用をなさない。
【0007】
このように、配布側と使用者側とでは、メモ帳に対して求めているものが相違している。
【0008】

【効果】

【0020】
本考案によれば、十分な大きさのメモ記載部を有して使い勝手がよく、十分な大きさの広告記載部により、より高い広告効果を得ることができ、対外的にも使用できるメモ帳が提供される。
【図面の簡単な説明】
【0021】
【図1】本考案の一実施形態に係るメモ帳の斜視図である。
【図2】本考案の一実施形態に係るメモ帳におけるメモ用紙と広告用紙の説明図である。
【図3】本考案の他の実施形態に係るメモ帳の斜視図である。

【0022】
図1は本考案の一実施形態に係るメモ帳の斜視図、図2は本考案の一実施形態に係るメモ帳におけるメモ用紙と広告用紙の説明図である。
【0023】
図1、図2に示すように、メモ帳1は、メモ用紙10と、メモ用紙10と同形状の広告用紙11とから構成されている。そして、メモ用紙10は広告記載部12を有さず、メモ記載部13が設けられている。このメモ記載部13は、使用者が筆記用具により自由に文字等を記載することができる領域であり、広告記載部12を有さないというのは、広告がなく、メモ用紙10全面にメモが記載できるということである。例えば、本実施形態におけるメモ用紙10には数本の罫線とメモ記載日を記載するための「年月日」のみが記載されている。
【0024】
広告用紙11は全面に広告記載部12を有している。この広告記載部12はメモ帳1を配布する企業が自社の広告(企業名、住所、電話番号、FAX番号、企業のキャッチフレーズ等)を記載したものである。
【0025】
また、このメモ用紙10と、広告用紙11とは一辺側の縁部がのりづけ部14により剥離可能にのりづけされており、積層された状態を保持している。
【0026】
広告記載部12を有さないメモ用紙10は、所定の枚数積層したメモ用紙群15を構成している。メモ用紙群15と、広告のみが記載されている広告用紙11とが交互に積層されていることで、メモ帳1が構成されている。
【0027】
かかる構成により、メモ用紙10は十分な大きさのメモ記載部13を有するので、メモ領域が大きくて使い勝手がよく、十分な大きさの広告記載部12を得ることができる。
【0028】
また、所定の枚数のメモ用紙10を使用するたびに広告用紙11を不意に出現させることができるので、より高い広告効果を得ることができる。
【0029】
さらに、メモ用紙10と広告用紙11とが別々に設けられているため、メモをとる際に広告記載部12が邪魔にならず、メモ用紙10を対外的なメモとして郵便物に同封する際等に使用することができる。
【0030】
なお、積層されたメモ用紙10と広告用紙11とが色違いであるので、広告記載部12に記載された企業の住所や電話番号、FAX番号等の情報が知りたい場合、メモ帳1の側面を見れば色の違いが明確であり、容易に広告用紙11を探し当てることができる。また、広告としても目立たせることができる。
【0031】
図3は本考案の他の実施形態に係るメモ帳の斜視図である。
【0032】
図3に示すように、メモ帳2は、メモ用紙10と、メモ用紙10と同形状の広告用紙11とから構成されている。そして、メモ帳2は、メモ用紙10に設けられたメモ記載部13及び、広告用紙11に設けられた広告記載部12を有する面の裏面一辺側の端部が、他のメモ用紙10又は、広告用紙11の表面に繰返し貼着され、剥離可能にのりづけされたのりづけ部16を有している。これにより、メモ記載後にメモ用紙10を剥離し、任意の場所に貼着することができる。
【0033】
また、のりづけ部16側端部近傍には、筆記用具17を挿入するための穴18が設けられている。この穴18はメモ用紙10と、広告用紙11との同一位置の厚さ方向に貫通して設けられており、メモ用紙10と、広告用紙11とは、各々設けられた穴18が重なるように積層している。これにより、メモ帳2の穴18に筆記用具17を挿入しておけば、急にメモをとらなければならない場合にも、容易にメモ帳2と筆記用具17とを準備することができる。
【0034】
なお、メモ帳1及びメモ帳2の大きさは、メモをとることができ、机上に載置しても邪魔にならない程度の大きさであることが好ましい。
【産業上の利用可能性】
【0035】
本考案は、広告用としてメモ帳を配布する産業分野で利用することができる。
【0036】
1、2 メモ帳
10 メモ用紙
11 広告用紙
12 広告記載部
13 メモ記載部
14、16 のりづけ部
15 メモ用紙群
17 筆記用具
18 穴

(57)【要約】

【課題】十分な大きさのメモ記載部を有して使い勝手がよく、十分な大きさの広告記載部により、より高い広告効果を得ることができ、対外的にも使用できるメモ帳を提供する。【解決手段】メモ帳1において、広告記載部12を有さず、メモ記載部13が設けられたメモ用紙10が所定の枚数積層したメモ用紙群15と、前記メモ用紙10と同形状であり、前記広告記載部12が設けられた広告用紙11とがのりづけ部14によって剥離可能にのりづけされ、交互に積層している。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):