(54)【考案の名称】名刺ホルダーメモ

(73)【実用新案権者】カール事務器株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、名刺を保持するためのホルダーに関し、特に、名刺に係る人物に関する情報又は名刺に係る人物に向けてのメッセージを、該名刺と関連付けた状態で名刺を保護することができる名刺ホルダーメモに関する。

【従来の技術】

【0002】
初対面の人から名刺を貰った場合、名刺の人物に関する情報を思い出すことができるようにするために、名刺にその人物に関する情報を記載する場合があるが、貰った名刺に直接記載するのは失礼に当たるとして抵抗を感ずる者も多く、また名刺を保護する観点からも好ましくない。
また、目的の人物との対面が叶わない場合、名刺のみで来訪の目的を伝えようとして、自己の名刺にメッセージを記載する場合があるが、自己の名刺に直接記載することに抵抗を感ずる者もある。
このため、長方形の台紙上に用件を伝えるメモ欄と、名刺を着脱自在に収容する名刺挿入口を設けたメモ欄付名刺挿入用台紙が提案されている(特許文献1参照)。
また、名刺を受け取った者が、気兼ねなく名刺に必要事項を記載することができるように、メモ欄を設けた名刺も提案されている(特許文献2参照)。
【0003】

【効果】

【0008】
請求項1に係る名刺ホルダーメモは、折り曲げ部において名刺の少なくも2つの角部を包囲することで該名刺を保持するホルダーであって、そのホルダーの裏面部又は前記折り曲げ部に情報記入領域を設けたので、その情報記入領域に、貰った名刺と名刺に係る人物に関する情報、又は渡そうとする名刺と渡す相手に対するメッセージを記載することによって、名刺を汚すことなく、その名刺と名刺に係る人物の情報、又は名刺を渡そうとする人へのメッセージを関連付けることができる。
また、この名刺ホルダーメモは、折り曲げ部において名刺の少なくも2つの角部を包囲することで名刺を保持するので、名刺と略同一の大きさに形成することができ、汎用されている名刺整理用具に、通常の名刺と同様に収容することができる。
【0009】
これによって、貰った名刺と名刺に係る人物に関する情報、又は渡そうとする名刺と渡す相手に対するメッセージを関連付けることができると共に、通常の名刺と同様の取り扱いができ、名刺を保護することもできる。
請求項2に係る名刺ホルダーメモは、前記折り曲げ部を、名刺の1つの角部を包囲する第1の折り曲げ部と、この角部の対角を包囲する第2の折り曲げ部とで構成したので、名刺ホルダーメモに収容された名刺を外れ難くすることができる。
【0010】
請求項3に係る名刺ホルダーメモは、環状に形成された透明又は半透明のシート材によって名刺を包囲するホルダーであって、表面部又は裏面部に、名刺に係る人物に関する情報又は名刺に係る人物に向けてのメッセージを記入する情報記入領域を設けたので、その情報記入領域に、貰った名刺と名刺に係る人物に関する情報、又は渡そうとする名刺と渡す相手に対するメッセージを記載することによって、名刺を汚すことなく、その名刺と名刺に係る人物の情報、又は名刺を渡そうとする人へのメッセージを関連付けることができる。
このホルダーは、環状に形成されたシート材で名刺を包囲するので、名刺と略同一の大きさに形成することができ、汎用されている名刺収整理用具に、通常の名刺と同様に収容することができる。また、透明又は半透明のシート材によって名刺を包囲しているので、シート材を透して名刺の表示を視認することができ、名刺の表示を視認するためにホルダーから名刺を取り出す必要がない。
これによって、貰った名刺と名刺に係る人物に関する情報、又は渡そうとする名刺と渡す相手に対するメッセージを関連付けることができると共に、通常の名刺と同様の取り扱いができ、名刺を保護することもできる。
【0011】
請求項4に係る名刺ホルダーメモは、前記情報記入領域を、日付を記入する欄と、時間を記入する欄と、場所を記入する欄と、天気を記入する欄と、名刺に係る人物に関する情報を記入する欄とを含んで構成したので、必要な情報を漏れなく記載することができ、その情報を活用することで、後日、その者と面接した際のコミュニケーションを良好なものとすることができる。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本考案の第1実施形態に係る名刺ホルダーメモを示す正面図である。
【図2】上記名刺ホルダーメモの使用状態を示す斜視図である。
【図3】上記名刺ホルダーメモの背面図である。
【図4】上記名刺ホルダーメモを展開した状態を示す展開図である。
【図5】情報記入領域の変形例を示す背面図である。
【図6】本考案の第2実施形態に係る名刺ホルダーメモを示す正面図である。
【図7】上記名刺ホルダーメモの使用状態を示す斜視図である。
【図8】上記名刺ホルダーメモを展開した状態を示す展開図である。
【図9】上記名刺ホルダーメモの変形例を示す展開図である。
【図10】本考案の第3実施形態に係る名刺ホルダーメモを示す正面図である。
【図11】上記名刺ホルダーメモの使用状態を示す斜視図である。
【図12】上記名刺ホルダーメモを展開した状態を示す展開図である。
【図13】上記名刺ホルダーメモの変形例を示す正面図である。
【図14】本考案の第4実施形態に係る名刺ホルダーメモの使用状態を示す斜視図である。
【図15】上記名刺ホルダーメモを展開した状態を示す展開図である。
【図16】本考案の第5実施形態に係る名刺ホルダーメモの使用状態を示す斜視図である。

【0013】
本考案の好適な実施形態について、添付図面に基づいて説明する。なお、実施形態は以下の形態に限定されるものではなく、本考案の課題を解決しうるものであれば他の態様も実施可能である。
【0014】
図1は、本考案の実施形態に係る名刺ホルダーメモ1を示す正面図である。
この名刺ホルダーメモ1は、図2に示すように、名刺2に係る人物に関する情報を、その名刺2と関連付けた状態で管理することを可能にするものであり、名刺2を保持するホルダーの裏面12に、情報記入領域20を設けたものである(図3参照)。
このホルダーは、名刺2の少なくも2つの角部を包囲することで、この名刺2を保持するようになっており、名刺2を収容した際には、名刺2の右上の角部を包囲する第1の折り曲げ部14と、この角部の対角を包囲する第2の折り曲げ部16とが表れるようになっている。
【0015】
このホルダーの裏面部12には、図3に示すように、情報記入領域20が形成されている。
この情報記入領域20は、名刺2に係る人物に関する情報を記載する領域であって、名刺2を受け取った日付を記入する日付欄21と、面接した時間や時刻を記入する時間欄22と、面接に係る場所を記入する場所欄23と、その日の天気を記入する天気欄24と、名刺の人物の特徴、面接の目的や内容等を自由に記入する自由記載欄25とによって構成される。
【0016】
上記名刺ホルダーメモ1を展開すると、図4に示す形状のシート材30になる。すなわち、このシート材30は、四角形状の裏面部12と、その対角に位置する角部に連続する三角形状の折り曲げ部14、16と、夫々の折り曲げ部14、16に連続するのりしろ15、17とによって構成されたもので、裏面部12には、上記情報記入領域20を有している。
このシート材30は、紙など、筆記具で文字を記載することができる材料からなり、四角形状の裏面部12は、一般的な名刺の大きさに合わせて形成されている。
【0017】
このシート材30の折り曲げ部14、16を裏面部12の四角形状の辺に沿って折り曲げ、さらに、のりしろ15、17を三角形状の辺に沿って折り曲げ、裏面部12の内側面に、のりしろ15、17を介して糊などで接着することによって、図1に示す名刺ホルダーメモ1を製造することができる。
次に、上記構成の名刺ホルダーメモ1の使用方法を説明する。
名刺2を受け取った後、名刺2の人物に関する記憶が新しい内に、名刺ホルダーメモ1の情報記入領域20に必要事項を記入する。そして、折り曲げ部14、16に名刺2の角部を差し込む。すると、通常の名刺と同一のサイズになるので、通常の収納方法で収納できる。
【0018】
また、名刺ホルダーメモ1の裏面部12は通常のメモ用紙のように見えるので、会議中、情報記入領域20に必要事項をメモしておき、会議が終わった後に、その名刺ホルダーメモ1に名刺2を差し込むようにすれば、名刺2の差出人に関する情報が名刺2と関連付けられた状態でメモされているということが悟られ難い。その者との次回の面会時には、情報記入領域20に記載された情報を確認しておくことで、相手に好印象を与えることができ、円滑なコミュニケーションが可能となる。
なお、本考案における情報記入領域20’は、図5に示すように、自由に記載ができるような無地の領域であってもよい。
【0019】
次に、本考案の第2実施形態に係る名刺ホルダーメモ101を、図6を参照して説明する。
この名刺ホルダーメモ101は、図7に示すように、名刺2の両側縁部を切込み118、119に差し込むことによって名刺2を保持している点、及び表面に位置する折り曲げ部114に情報記入領域120が設けられている点で、第1実施形態に係る名刺ホルダーメモ1と相違する。
【0020】
この名刺ホルダーメモ101は、図8に示す形状のシート材130を折り曲げることによって製造される。すなわち、シート材130は、四角形状の裏面部112と、それに連続する四角形状の折り曲げ部114と、それに連続するのりしろ115とによって構成されており、折り曲げ部114の両側縁部には、名刺2の縦の長さに対応する長さの切込み118、119が形成されている。
切込み118と切込み119の間の情報記入領域120には、名刺に係る人に関する情報や、名刺を渡そうとする人へのメッセージを書き込むことができるようになっている。
【0021】
このシート材130を、裏面部112の四角形に沿って折り曲げ、さらに、のりしろ115を折り曲げ部114の四角形に沿って折り曲げ、裏面部112とのりしろ115を接着することで、図6に示す名刺ホルダーメモ101を製造することができる。
情報記入領域120にメモ書きをした後、夫々の切込み118、119に名刺の側縁部を差し込むことによって、図7に示すように、折り曲げ部114において四隅を包囲した状態で、名刺2を保持できる。
【0022】
このようにすることで、あたかも名刺2を装飾的に保護したような状態で、名刺2に係る人物とその人に対する情報とを関連付けたり、受取人に対してメッセージを表示したりすることができる。
なお、図9に示すように、裏面部112に、所定の記載枠からなる情報記入領域120’を設けても良い。
【0023】
本考案の第3実施形態に係る名刺ホルダーメモ201について、図10を参照して説明する。
この名刺ホルダーメモ201は、折り曲げ部214において、名刺2の隣接する2つの角部を包囲することで名刺2を保持している(図11参照)。
この名刺ホルダーメモ201は、図12に示すように、名刺2の大きさに対応する四角形状の裏面部212と、縦方向にして裏面部212の約1/3の大きさの折り曲げ部214とからなる無地のシート材230を、それらの境界線に沿って折り曲げ、両側縁に設けられたのりしろ215、217において接合したものである。
【0024】
折り曲げ部214は、図11に示すように、名刺2を渡そうとする人へのメッセージを記載することで、情報記入領域220とすることができる。名刺2を直接手渡すことができない場合、渡そうとする人へのメッセージを名刺2に直接記載しないで済むので、名刺2を美しい状態に保つことができる。
なお、図13に示すように、折り曲げ部にメッセージ欄を設けることによって、情報記入領域220’としてもよい。
【0025】
本考案の第4実施形態に係る名刺ホルダーメモ301について、図14を参照して説明する。
この名刺ホルダーメモ301は、窓枠状の折り曲げ部314によって、名刺2の全ての角部を包囲するものである。この名刺ホルダーメモ301は、図15に示すシート材330をのりしろ315で接合することによって形成されている。この名刺ホルダーメモ301の裏面部312には、情報記入領域320が設けられている。
【0026】
次に、本考案の第5実施形態に係る名刺ホルダーメモ401について、図16を参照して説明する。
この名刺ホルダーメモ401は、環状に形成された透明又は半透明のシート材によって名刺2を包囲するホルダーであって、表面部又は裏面部の任意の情報記入領域420に、名刺の人物に関する情報又は名刺の人物に向けてのメッセージを記入できるようになっている。この名刺ホルダーメモ401に名刺2を収容することで、名刺2を汚すことなく、名刺2に必要情報を書き込んだのと同様の視覚的効果を与えることができる。
【0027】
また、環状に形成されたシート材で名刺2を包囲するので、名刺3と略同一の大きさにすることができ、通常の名刺と同様に管理することができる。
【産業上の利用可能性】
【0028】
本考案は、名刺に係らず、クレジットカード、病院の診察券等を、そのカードに関する情報と関連付けた状態で保持するためにも利用することができる。
【0029】
1、101、201、301、401…名刺ホルダーメモ
2…名刺
12、112、212、312…裏面部
14、16、114、214、314…折り曲げ部
15、17、115、215、217、315…のりしろ
20、120、220、320、420…情報記入領域
21…日付欄
22…時間欄
23…場所欄
24…天気欄
25…自由記載欄
30、130、230、330…シート材
118、119…切込み


(57)【要約】

【課題】貰った名刺と名刺に係る人物に関する情報、又は渡そうとする名刺と渡す相手に対するメッセージを関連付けることができ、通常の名刺と同様の取り扱いができ、名刺を汚すことも防止できる名刺ホルダーメモを提供する。【解決手段】折り曲げ部14、16において名刺の2つの角部を包囲することで名刺を保持するホルダーであって、裏面部12に情報記入領域を設けたので、名刺に係る人物に関する情報等を記載することによって、名刺を汚すことなく、名刺と名刺に係る人物の情報とを関連付けた状態で名刺を保管することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):