(54)【考案の名称】薬液容器用分割ラベル

(73)【実用新案権者】株式会社岩田レーベル

(73)【実用新案権者】株式会社三宅

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、薬液容器用分割ラベルに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来より、複数の片に分割可能に構成され、それぞれを用途に応じて貼り分けることができる分割ラベルが知られている。このような分割ラベルは、医療物品等の用途に用いられることが多い。例えば、薬液用のアンプルやバイアルでは、その胴部にラベルにて所定の事項を表示することが義務付けられている。かかるラベルにおいて、副片を設け、ここに胴部(主片)に表示された所定の事項と同様の情報を記入しておき、その後、その副片を主片から分割して注射器やカルテなどに別途貼付することで、薬液の誤投与、カルテの記録ミス等の医療ミスの抑制に貢献している。また、現在は、製造番号、使用期限などの情報を、バーコード、2次元コードといったアナログコードを表示ラベルに印字することで設け、製品の生産管理、またその流通管理を行っている。
【0003】

(57)【要約】

【課題】より詳細且つ多量な情報を盛り込むことが可能で、用途に応じて貼り分けることができる薬液容器用分割ラベルを提供する。【解決手段】薬液容器用分割ラベルでは、ラベル基材の裏面に粘着層を備えるとともに、当該ラベル基材は第一領域とその第一領域に隣接する第二領域とが分割可能に構成され、ラベル基材の第一領域の表面には薬液情報を表示され、第二領域の表面には第一領域の表面に表示した薬液情報を含む薬液情報が表示され、ラベル基材は粘着層によって薬液用容器に貼付可能になっている。薬液用容器の薬液に関する識別情報を記憶したICチップと、当該ICチップに接続され、外部機器との間で識別情報の送受信を行う送受信部と、を有するIDタグが、第一領域及び第二領域の一方若しくはそれぞれの粘着層を備えた裏面に設置されてなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):