(54)【考案の名称】太陽電池

(51)【国際特許分類】

H01L 31/052

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、太陽電池であって、特に太陽光線を利用して電気を発生させる太陽電池に関する。

【従来の技術】

【0002】
一般に導光板は光源を利用して反射マスクを装着して光線を導光板に投射する。
【0003】
光源が導光板の上方と下方とで全反射と拡散を繰り返し、反射せず露出した光線は、反射フィルムで再度、導光板に反射されて利用される。
【0004】
パッケージの部分、或いは突出部が損壊すると、導光板の転化線からの光源分布が輝度均一面の高原となり、拡散フィルムの均光作用とプリズムフィルムの集光作用で光源の輝度と集光度とを上昇させることができ、保護フィルムを介して単面の光線の射出、拡散が発光エリア内に分布する。
【0005】
現在、関連業界では単一の導光板で両面から射出するような効果を得ることができる目的を達成するため、導光板が簡単な構造を介して確実に両面からの射出効果を得ることができるようになった。
【0006】
しかしながら、上述の両面射出導光部材、集光部材とその他関連構造とを合わせた全体の構造が非常に複雑で、室内や特定の限られた土地に複数の太陽電池モジュールを設けることができない。
【0007】
よって、製品の応用範囲も限られていた。

【効果】

【0020】
この考案の太陽電池は、重畳することができるため設置するための空間を節減するとともに、需要に応じて複数設置することができて実用的であるという効果を有する。

(57)【要約】

【課題】太陽電池のモジュールを重畳して収納し、複数のモジュールを設けることができる太陽電池を提供する。【解決手段】集光ユニット140と、集光ユニットが吸収した光エネルギーを伝送する少なくとも一以上の光伝送ユニット130と、少なくとも1以上の太陽電池ユニット120とを含んでなり、導光部材121と、少なくとも一以上の光電転換部材とを含んでなり、導光部材が少なくとも一以上の光電転換部材122と緊密に接続し、導光部材が光電伝送部材により集光ユニットが吸収した光エネルギーを伝送し、接収した光エネルギーを導光部材の射出面から光電転換部材の受光面に均一に拡散し、光電転換部材の受光面が導光部材が均一に拡散した光エネルギーを吸収し、光エネルギーを電気エネルギーに転換するための構造からなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):