(54)【考案の名称】ソーラープレート嵌込用フレームのコーナージョイント装置

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】力肯實業股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は一種のソーラープレート嵌込用フレームに係り、特に該フレームの角部の二つの隣り合うフレームバー間に接続されるL状ジョイント、及び該L状ジョイントに設けられて該ソーラープレートの角部が嵌め込まれる嵌め溝に関する。

【従来の技術】

【0002】
一般に見掛けるソーラープレートはフレームにより組み合わされてマトリクス状とされ、ソーラーシステムを構成する。
【0003】
該フレームは、通常、複数のフレームバーが接続されてなり、太陽電池は一般に矩形を呈するため、各フレームバーの間もまた矩形配列され、且つフレームの角部の二つの隣り合うフレームバーの間は、L状ジョイントを使用して接続される。伝統的なL状ジョイントは、例えば特許文献1或いは2に記載されるように、フレームバー側面にチャネルとソーラープレート嵌め込み用の挿入溝が設けられ、且つチャネルはフレームバーの二端において嵌合溝が形成され、L状ジョイントの一端が嵌め込まれ、L状ジョイントに二つのフレームバーが接続される。
【0004】
このほか、特許文献3には、比較的進んだコーナージョイント装置が記載され、それはL状ジョイントの角部に一体に円角形ストッパが形成され、隣り合う二つの垂直なフレームバーが該ストッパの二つの隣り合う端辺に当接させられ、これによりコーナージョイント装置が隣り合う二つのフレームバーの間に露出させられ、且つ該ストッパの上半部にフレームバーに対応する嵌め溝が設けられ、ソーラープレートの角部が該嵌め溝内に嵌め込まれ、こうして該フレームバーの接合端が該ストッパの保持を受け、防護と美観作用を具備するものとされている。
【0005】

【効果】

【0009】
本考案の効果は以下のとおりである。
1.該保護スリーブが隣り合う二つのフレームバーの間に露出し、これにより上述のフレームバーの接合端を保護維持し、防護、美観及び組立に便利な効果を有する。
2.該保護スリーブとL状ジョイントは単一保護スリーブ及び単一L状ジョイントの構造の複雑度を簡易化し、且つコーナージョイント装置の成形性を向上し、並びにその製造コストを減らす。
3.該耳板が該L状ジョイントと該フレームバーの間に組み合わされて、該保護スリーブ、L状ジョイント、フレームバー及びソーラープレート間の組合せの強度をアップする。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】本考案の好ましい実施例の立体分解図である。
【図2】図1の保護スリーブの立体図である。
【図3】図1の保護スリーブの正面図である。
【図4】図3の平面図である。
【図5】本考案の好ましい実施例の平面図である。
【図6】本考案の好ましい実施例の正面図である。
【図7】図5のA−A断面図である。
【図8】図6のB−B断面図である。
【図9】図8のC−C断面図である。
【図10】図8のD−D断面図である。
【図11】図1の次の使用状態図である。
【図12】図11のコーナージョイント装置の平面図である。
【図13】図12のE−E断面図である。
【図14】図1の別の使用状態図である。
【図15】図14のコーナージョイント装置及びフレームバーの平面図である。
【図16】図15のF−F断面図である。

【0011】
図1の本考案の好ましい実施例の立体分解図を参照されたい。並びに図5を組み合わせて本考案のソーラープレート嵌込用フレームのコーナージョイント装置10を説明する。該コーナージョイント装置10は、該フレーム40の角部401の二つの互いに隣り合うフレームバー4、4aの間に接続され、L状を呈するL状ジョイント1と、保護スリーブ2を包含する。
【0012】
該フレームバー4、4aは金属材料で製造され、並びに矩形を呈するソーラープレート3の周辺に沿って配列され、組合せられ、これにより該フレーム40が矩形を呈する。該フレームバー4、4aの側面の、ソーラープレート3周辺に接触する位置に、相互に平行な下層のチャネル41とソーラープレート嵌込用の上層の挿入溝43が形成され、該チャネル41はフレームバー4、4aの二端まで延伸され、フレームバー4、4aの二端でそれぞれ嵌合溝42を形成している。該挿入溝43もまた該フレームバー4、4aの二端まで延伸され、フレームバー4、4aの二端でそれぞれチャネル口44を形成している。
【0013】
該L状ジョイント1の二端はそれぞれ上述のフレームバー4、4aの端部方向に向けて延伸されて接続アーム11が形成され(図6、図8、図10参照)、該接続アーム11の末端にラチェット歯111が形成されて、該フレームバー4、4aの端部の嵌合溝42及びチャネル41内に挿入され、並びに該ラチェット歯111が該嵌合溝42と該チャネル41内壁に係合されて、L状ジョイント1が該フレームバー4、4aの端部に固定され、且つ該L状ジョイント1は折り曲げ端13と、該折り曲げ端13に沿って該接続アーム11上に延伸された嵌め溝12を有する(図7)。
【0014】
該保護スリーブ2は金属材料(例えば、アルミニウム、鉄、銅或いはその合金)で製造され、且つ該保護スリーブ2は矩形を呈し(図1から図4)、二つの、該フレームバー4、4aの端部に当接可能な接合面21、22を有する。該接合面21、22の間は直角を呈し、且つ該接合面21、22の間の保護スリーブ2内にそれぞれ上嵌め溝23と下嵌め溝24が形成されている。該上嵌め溝23と該下嵌め溝24は該接合面21、22にて対外に開放され、該上嵌め溝23に該ソーラープレート3の角部31が嵌め込まれ(図7及び図9)、該下嵌め溝24に該折り曲げ端13が嵌め込まれ、且つ該下嵌め溝24内に、該嵌め溝12内に埋め込まれ並びに該嵌合溝42内に嵌合される耳板25が一体に形成される(図5、6、8、10、11、12及び図13)。該耳板25は実質上、V字形を呈し、第1側端251と第2側端252を具え、該第1側端251及び第2側端252はそれぞれ該L状ジョイント1の二端の接続アーム11の嵌め溝12内に挿入可能である。該第1側端251及び該第2側端252の間の耳板25の端辺に角溝253(図10)が形成され、該角溝253は互いに隣り合うフレームバー4、4aの夾角上に位置し、これにより耳板25がソーラープレート3の角部401への太陽光線の照射を妨害するのを防ぐ。これにより、該保護スリーブ2に該L状ジョイント1と該ソーラープレート3が嵌め込まれる。
【0015】
このほか、該保護スリーブ2は外円弧面26を具え(図1から図6)、該外円弧面26は該接合面21、22において対称であり、該外円弧面26は該フレーム40の角部に位置させられる。該下嵌め溝24の上部或いは底部内壁に、該折り曲げ端13の離脱を防止するフック27、28が設けられ、該フック27、28から下嵌め溝24の端部内壁までの距離は、ちょうど、該L状ジョイント1の折り曲げ端13の嵌め込みが可能に形成される。本実施例では、該下嵌め溝24の上部内壁に下向きにフック27が延伸形成され、並びに該下嵌め溝24の底部内壁に上向きに別のフック28が延伸形成され、これにより該L状ジョイント1が該下嵌め溝24内に位置決めされる。
【0016】
このほか、該保護スリーブ2はまたプラスチック材料で形成可能であり(図1から図4)、保護スリーブ2が弾性伸縮能力を有するものとされる。これにより、該折り曲げ端13が該下嵌め溝24に嵌め込まれる時、該折り曲げ端13により該フック27、28が押圧されて、下嵌め溝24内壁が弾性拡張し、これにより折り曲げ端13がスライドして該フック27、28を通過するのに便利である。
【0017】
以上の部品で構成され、本考案が実施され、そのうち、該L状ジョイント1の折り曲げ端13は該保護スリーブ2の下嵌め溝24内に嵌め込まれ(図1、図11、図12及び図13)、該耳板25の第1側端251と第2側端252がそれぞれ該L状ジョイント1の二端の接続アーム11の嵌め溝12内に嵌め込まれ、並びに該フック27、28によりL状ジョイント1の下嵌め溝24内に位置決めされる。
【0018】
該L状ジョイント1の二端の接続アーム11は実際の組立要求によりそれぞれフレームバー4、4a端部の嵌合溝42及びチャネル41内に挿入され(図10、図14、図15、及び図16)、並びにフレームバー4、4a内に内蔵され、並びに該ラチェット歯111により該L状ジョイント1が上述のフレームバー4、4aの端部に係止並びに位置決めされ、これによりL状ジョイント1とフレームバー4、4aの組合せの強度が向上される。また、該保護スリーブ2の耳板25の第1側端251と第2側端252はまたそれぞれ接続アーム11により該フレームバー4、4a端部の嵌合溝42内に嵌め込まれ、並びにフレームバー4、4a内に内蔵されてもよく、さらに良好な嵌合目的を達成できる。且つ保護スリーブ2の上嵌め溝23は該フレームバー4、4aの端部のチャネル口44及び挿入溝43に連通する。こうして、該保護スリーブ2は4周の接続されたフレームバー4、4aの間に位置し、且つ保護スリーブ2の外円弧面26はフレーム40の角部に位置する。
【0019】
上述のフレーム40の組合せ過程で、該ソーラープレート3の角部31は該保護スリーブ2の上嵌め溝23内に挿入され(図7及び図9)、同時に、該上嵌め溝23は該フレームバー4、4aの挿入溝43に連通し、これにより、ソーラープレート3の端辺はそれぞれ該フレームバー4、4aの挿入溝43内に挿入され(図8)、これにより該ソーラープレート3周辺に該フレーム40が組み合わされる(図5及び図6)。
【0020】
これにより、本考案の有する長所は以下のとおりである。
1.上述のフレームバー4、4aとコーナージョイント装置10が組み合わされる時、フレームバー4、4aの接合端或いはネジが露出する状況を発生せず、これにより全体の外観がよい。
2.フレームバー4、4aとコーナージョイント装置10が相互に組み合わされてソーラープレート嵌込用フレーム40を構成し、且つ保護スリーブ2及びその外円弧面26は該フレーム40の角部に位置し、これによりフレームバー4、4aの接合端を保護保持し、有効に該フレーム40が人を傷つける状況を防止し、防護の作用を有する。
3.該保護スリーブ2とL状ジョイント1はそれぞれ型で形成され、単一保護スリーブ2と単一L状ジョイント1の構造複雑度を簡易化し、コーナージョイント装置10の成形に有利で、その製造コストを減らせる。
4.該保護スリーブ2は該耳板25によりL状ジョイント1外側及び該フレームバー4、4aの間に組み合わされ、これにより該保護スリーブ2、フレームバー4、4a及びソーラープレート3の間にスライドや位置ずれが発生しにくく、これによりフレーム40の全体構造が強化され、並びに使用の安全性と実用性がアップされる。
【0021】
以上述べたことは、本考案の実施例にすぎず、本考案の実施の範囲を限定するものではなく、本考案の権利請求の範囲に基づきなし得る同等の変化と修飾は、いずれも本考案の権利のカバーする範囲内に属するものとする。
【0022】
1 L状ジョイント
10 コーナージョイント装置
11 接続アーム
111 ラチェット歯
12 嵌め溝
13 折り曲げ端
2 保護スリーブ
21、22 接合面
23 上嵌め溝
24 下嵌め溝
25 耳板
251 第1側端
252 第2側端
253 角溝
26 外円弧面
27、28 フック
3 ソーラープレート
31 角部
4、4a フレームバー
40 フレーム
401 角部
41 チャネル
42 嵌合溝
43 挿入溝
44 チャネル口

(57)【要約】

【課題】ソーラープレート嵌込用フレームのコーナージョイント装置を提供する。【解決手段】このソーラープレート3嵌込用フレームのコーナージョイント装置は、該フレームの角の二つの互いに隣接するフレームバー4,4aの間に接続され、L状ジョイント1及び保護スリーブ2を包含し、該L状ジョイントが該フレームバーの端部の係合溝内に挿入され、且つ該保護スリーブに該L状ジョイントと該ソーラープレートが嵌め込まれる。周知のコーナージョイント装置が単一部品構造であるために型を利用して製造するのが難しかった問題を解決する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):