(54)【考案の名称】飲食店用のメニュー

(73)【実用新案権者】有限会社シンビ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、飲食店において利用されるメニューに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
飲食店用のメニューに関連する技術として、本出願人は実用新案登録第3117247号公報ではメニューブック及び同第3154767号公報ではメニューホルダー(以下「従来例1及び従来例2」という。)をそれぞれ提案した。
従来例1は、カバー部の内側に綴じ具によってメニューファイルを取り外し可能に取り付け、メニューファイルにおける透明な袋状のファイル部の開口部からメニュー用紙を差し入れて収納するものである。
従来例2は、カバー部が折り込み部を中心として折り込み可能であって、この折り込み部の内面にメニュー表示ファイルを磁気的固定手段の磁着片と被磁着片を介して着脱可能に取り付け、上記メニュー表示ファイル内にメニュー用紙を開口部から差し入れて収納するものである。上記磁着片は折り込み部の両端に取り付けられ、この磁着片の磁気力によってメニュー表示ファイルの一側端辺に設けてある被磁着片を吸着するものである。
【0003】

【効果】

【0006】
この考案のメニューによれば、袋体の開口部を複数段の封止用チャックで密閉することができるので、確実に袋体内への浸水を阻止することができ、防水性が高められ、また、密閉性を確保しながら、封止用チャックの開閉操作がし易いので、袋体からのメニュー用紙の出し入れが簡単となり、メニューの扱いが容易である。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】この考案に係る飲食店用のメニューの第1の実施形態を示す一部切欠正面図である。
【図2】図1のII−II線拡大断面図であって、中間を省略している図である。
【図3】図1における飲食店用のメニューの袋体を示す一部切欠正面図である。
【図4】この考案に係る飲食店用のメニューの第2の実施形態を示す一部切欠正面図である。

【0008】
この考案に係る飲食店用のメニューの第1の実施形態を図1〜図3を参照して説明する。
図1及び図2に示すメニュー1は、開口部2aを有する袋体2と、この袋体内面に設けてあってかつ上記開口部を密閉可能である複数段の封止用チャック3a,3bと、上記袋体内に上記開口部を介して収納可能であるメニュー用紙4と備えている。
【0009】
袋体2は、図1及び図2に示すように上端に開口部2aを有するプラスチック製のものである。袋体2は、その内部に開口部2aを介してメニュー用紙4を収納可能である大きさを備えている。袋体2は、2枚の透明な長方形状のシート2b,2cを重ねて、重ねられている双方のシートの上端辺を除く他の三端辺を溶着して袋状にしたものである。2dは溶着部である。
【0010】
各封止用チャック3a,3bは、袋体2の開口部2aを開閉かつ上記袋体の内部を密閉するための封止手段である。各封止用チャック3a,3bは、袋体2の幅方向(図1左右方向)に沿って幅全長に亘って設けてあって、図示の例では2段としている。上下2段の各封止用チャック3a,3bは互いに隣接して配置されており、また、いずれもチャック用凹部3a2,3b2と、各チャック用凹部に離脱可能には嵌め込んであるチャック用凸部3a1,3b1とからなる。
図2に示すように、上段の封止用チャック3aにおいて、チャック用凸部3a1は背面側のシート2c内面に、チャック用凹部3a2は正面側のシート2b内面にそれぞれ形成してある。チャック用凸部3a1は、チャック用凹部3a2内に密着状態にかつ離脱可能に嵌合されている。また、下段の封止用チャック3bにおいて、チャック用凸部3b1は背面側のシート2c内面に、チャック用凹部3b2は正面側のシート2b内面にそれぞれ形成してある。チャック用凸部3b1は、チャック用凹部3b2内に密着状態にかつ離脱可能に嵌合されている。
【0011】
袋体2の開口端の上端辺縁部に袋状の案内部5を上方に向けて突出してある。案内部5は、図2に示す例では袋体2の背面側のシート2cの開口端の上端辺の縁部に溶着によって取付けられている。案内部5は、図3に示すように上端辺と図右側端辺が溶着部5bによって溶着されており、図左側辺が差し込み口5aとして開けてある。案内部5内には、差し込み口5aを通じて案内用紙6を差し入れてある。案内用紙6は、メニュー用紙4に記載されているメニュー項目を一目で顧客に理解できるようにするためのインデックスである。
案内用紙6には、案内項目としてメニュータイトル7を、例えばメニュー用紙4のメニュー項目がランチメニューを示すものであれば「LUNCH」(図1及び図3参照)、中華料理に関するものであれば「中華」、お肉料理を示すものであれば「肉料理」、モーニングサービスメニューを示すものであれば「モーニング」、お酒を示すものであれば「酒」を、飲み物であれば「DRINK」をそれぞれ印刷などの手段によって表示してある。
メニューを用途別にする必要がない場合には、案内用紙6には案内項目として、例えば店名などを表示する。
【0012】
メニュー1の使用に際して、用途別にメニューを複数用意する必要があれば、用途別の各メニュー用紙4をそれぞれの袋体2内に収納し、各袋体の案内部5内に用途に応じたメニュータイトル7を表示してある案内用紙6を入れておく。
このようにすれば、各種のメニュー1がテーブル上に重ねられて置かれていても、案内部5を通して目視することができる案内用紙6のメニュータイトル7によって、各メニューの内容の把握が容易となる。この結果、使用者にとって保管や顧客への対応がしやすくなり、また顧客も希望するメニュー項目の種類の特定が素早くできる。
【0013】
この考案に係る飲食店用のメニューの第2の実施形態について図4を参照して説明する。
図示するメニュー11は前記メニュー1とその基本構成が同一であるので、メニュー1と対応する構成部分を示す符号をメニュー1の説明に用いた符号をそのまま使用する。
メニュー11の特徴は、使用者の保管及び利用をし易くするために、袋体2の幅方向の一方(左方)の縁部に取付け片18を設けていることである。
取付け片18には取付け孔18aを開けてある。取付け片18をファイルの綴じ具(図示せず。)に取付け孔18aを通じて、メニュー11を取付ける。また、メニュー11が複数ある場合には、上記ファイルに各メニューを取り付けておけば、メニューが束ねられた状態で保管されるので、整理上都合が良く、保管や取扱いがし易いと共に、使用時に顧客にとってもメニューを一括して扱うことができ、識別が容易となる。
【0014】
図示するメニュー1,11によれば、袋体2の開口部2aを複数段(図では2段)の封止用チャック3a,3bで密閉しているので、例えばテーブル上に置かれたメニューの使用中に水をこぼしても、上段の封止用チャック3aに水漏れがあっても、下段の封止用チャック3bで袋体内への浸水を阻止することができるから、防水性が高められる。また、密閉性を確保しながら、各封止用チャック3a,3bによる密閉手段が凹凸による嵌合・離脱の構成であるから、開口部2aの開閉操作がし易く、袋体からのメニュー用紙4の出し入れが簡単となるから、メニューの扱いが容易である。
【0015】
メニュー1,11の案内部5の取付け位置は図示の例に限定されない。すなちわ、図1及び図4において、案内部5は袋体2の開口部縁部(シート2cの上端辺の縁部)に取付けているが、図1に示すメニュー1では袋体の両側辺の一方の縁部又は下辺の縁部であっても良く、図4に示すメニュー11では袋体の右側辺の縁部又は下辺の縁部であっても良い。また、案内部5は、案内用紙6を差し入れて、これを交換可能とする構成である。交換可能にすれば、メニュー用紙4のメニュー項目に対応した案内項目が表示されている案内用紙を差し替えるだけで、メニュー用紙の変更に際して袋体を含めてメニュー全体を変更する必要がない。もっとも、メニュー用紙を交換可能な構成とする上例に限定されず、メニュー用紙を案内部内に密封するもの、又は案内部自体に案内項目を表示するものであっても良い。
【0016】
1,11 メニュー
2 袋体
2a 開口部
2b,2c シート
3a,3b 封止用チャック
3a1,3b1 チャック用凸部
3a2,3b2 チャック用凹部
4 メニュー用紙
5 案内部
5a 差し込み口
6 案内用紙
7 メニュータイトル(案内項目)
18 取付け片
18a 取付け孔

(57)【要約】

【課題】 防水性を高めると共に使い易いメニューを提供する。【解決手段】 透明な袋体2内には開口部2aを通じて出し入れ可能であるメニュー用紙4を収納してあり、袋体内には開口部2aを密閉するための2段の封止用チャック3a,3bを設けてあり、各封止用チャック3a,3bが袋体2の幅方向に沿って幅全長に亘ってそれぞれ配置され、かつチャック用凹部3a2,3b2と、各チャック用凹部に離脱可能に嵌め込んであるチャック用凸部3a1,3b1とからなるものである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):