(54)【考案の名称】太陽光発電装置

(51)【国際特許分類】

H01L 31/052

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】鴻金達能源科技股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、発電装置に関し、特に太陽光発電装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
図10は太陽光発電装置の従来例を示す。この従来例の発電装置は、太陽エネルギー収集板11を取り付けたキャリヤ12と、キャリヤ12に設けられ太陽光を十分に受けられる方向に向けるための複数のセンサー15を有する感知ユニットと、キャリヤ12を移動可能に駆動するドライバー13と、感知ユニットによる感知結果に基づいてドライバー13を制御するコントローラー14とを備えている。こうして太陽エネルギー収集片11が移動可能に構成されるので、太陽エネルギーの収集効率を向上させることができる。
【0003】

(57)【要約】

【課題】太陽エネルギーを利用して発電する太陽光発電装置を提供する。【解決手段】並列する複数の集光レンズ23によって太陽光を太陽エネルギー収集板22に集中させる。感知ユニットは太陽光の入射方向を表す感知情報をコントローラに送出する。コントローラが感知情報に基づいて駆動ユニットによる円盤体32の回転と伸縮ロッド部材34の長さを制御する。円盤体32の回転及び伸縮ロッド部材34の長さの調整により、太陽エネルギー収集板22を太陽光に対して適当な角度に設定することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):