(54)【考案の名称】省スペース太陽光発電装置

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、狭い設置面積で発電量を増やす省スペース太陽光発電装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来の太陽光発電装置は受光パネル部に反射板を使い太陽光を当てているが受光パネル部は平面であり設置面積は狭く出来ない。また、ジャバラ式にした太陽光発電装置は反射鏡を使わず、その上太陽光の入射角度が悪くなり面積当たりの発電量が小さくなるのが一般的である。
出願番号 特開2007−150220
出願番号 特開2005−294787

【効果】

【0005】
本考案に係わる太陽光発電装置は3面で発電出来るように発電パネルを三角柱に組む。その1面を太陽に向けて地上と平行となる様に設置し、残り2面にも太陽光が当たる様に両側に反射鏡を置く。そして両側の反射鏡に影を射さない様に太陽軌道に沿うように設置すれば効率良く3面で発電できる。三角柱に組むことで立体構造となり設置面積を小さく出来るので設置面積当三角柱に組むことで立体構造となり設置面積を小さく出来るので設置面積当り発電量が増える。また、多角柱立体構造でも少ない面積で設置面積当り発電量を増やす事が出来る。屋根とか携帯電話、など多方面で利用できる。

(57)【要約】

【課題】太陽光発電パネルを三角柱に組み立て立体構造とし、3面の内1面を太陽に向けて地上と平行に設置し、残り2面の発電パネルにも太陽光が当たるように反射鏡を設置する事で狭い設置面積で発電量を増やす省スペース太陽光発電装置を提供する。【解決手段】太陽光発電装置は3面1、2、2aで発電出来るように発電パネルを三角柱に組む。その1面を太陽3に向けて地上と平行となる様に設置し、残り2面にも太陽光が当たる様に両側に反射鏡4を置く。そして両側の反射鏡に影を射さない様に太陽軌道に沿うように設置すれば効率良く3面で発電できる。三角柱に組むことで立体構造となり設置面積を小さく出来るので設置面積当三角柱に組むことで立体構造となり設置面積を小さく出来るので設置面積当り発電量が増える。また、多角柱立体構造でも少ない面積で設置面積当り発電量を増やす事が出来る。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):