(54)【考案の名称】太陽エネルギーの接続箱構造

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】景懋光電股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽エネルギーの接続箱構造に関するもので、特に太陽エネルギーモジュール側辺に設置する接続箱で、太陽エネルギーモジュールの電力を出力し、該太陽エネルギーモジュール背面は異なる物品上に設置することで組立の便利性及び実用性を高める太陽エネルギーモジュール接続箱構造に係わる。

【従来の技術】

【0002】
国際石油価格は高騰し、常に最高価格を更新している。更に世界的な石油資源が有限であることから、伝統的な石油、石炭等で発電する方式は制限がある。そのため、世界主要国では近年来、鉱物燃料発電に代わるエネルギーについて研究し、伝統的な発電方式が生み出す汚染問題を軽減しようとしている。代替エネルギーの中で、太陽エネルギー、風力エネルギー、バイオエネルギー等に関わらず、すべて先進国が共同で進めて行く目標である。そのうち、太陽エネルギー発電設備は、低汚染の特性を備え、製品の寿命が長く20年以上に達し、加えて太陽光は枯渇しないことや土地の限定を受けないことから各国では再生エネルギーの主な項目となっている。
【0003】
太陽電池は、太陽エネルギーモジュールで太陽光エネルギーを電気エネルギーに転換し、次に太陽エネルギー接続箱を通して転換した直流電気エネルギーを変圧器等制御ユニットに伝送し、特定の処理を経た後、電子設備で用いる。ただし、実際の応用時、太陽エネルギーモジュールの或るエリアが地形の影響で遮られて影になると、影になったモジュールはその他モジュールの電流通過が熱効率の損失を受ける。この種のホットスポットロスがテンプレート寿命に影響を与えるを避けるため、「METHOD AND APPARATUS FOR DETECTING FAILURE IN SOLAR CELL MODULE,AND
SOLAR CELL MODULE」(参考文献1参照)に示すとおり、少なくとも一太陽エネルギーモジュールを備え、該太陽エネルギーモジュールは片側にダイオードを連接し、該太陽エネルギーモジュールの失効状態をサーチして,熱効率損失の問題を改善している。
【0004】
また太陽エネルギー接続箱の別一作用として、太陽エネルギー板モジュールの背面に太陽エネルギー発電ユニットの各電極を整合した後、該太陽エネルギー接続箱に連接し、導線でその他の太陽エネルギー板モジュールに直列で繋ぐか、もしくは一消費電力負荷物へ出力する。
【0005】

【効果】

【0008】
本考案の太陽エネルギーの接続箱構造は、組立の利便性及び実用性を高めるという利点がある。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】本考案の接続箱の構造分解図である。
【図2】本考案のバネ片と接続端子の構造立体図である。
【図3】本考案のバネ片の構造立体図である。
【図4】本考案の太陽エネルギーモジュール側辺に設置する接続箱の構造立体図である。
【図5】本考案のバネ片と接続端子の構造指示図である。
【図6】本考案のコンセントの構造断面図である。
【図7】本考案の太陽エネルギーモジュール側辺に設置する接続箱の構造指示図である。

【0010】
太陽エネルギーモジュール側辺に設置する接続箱を提供し、太陽エネルギーモジュールの電力出力に用い、該太陽エネルギーモジュール背面を異なる物品上に設置して組立の利便性及び実用性を高めることを本考案の主な目的とする。
【0011】
上述の目的を達成するため、本考案の接続箱は絶縁本体、該絶縁本体内に設置するダイオード、一対の接続端子及び一対のバネ片を含む。該対の接続端子の一端は、該ダイオードと連接し、別端は該導線と相互に連接する第一接続部を備え、更に該対のバネ片は挟持部によって該対の接続端子と該対の帯状電極を挟持する。該接続箱は一対の導線及び太陽エネルギーモジュールの一対の帯状電極によって電気連接する。
【0012】
本考案の接続箱は太陽エネルギーモジュール側辺に設置するが、公知の接続箱のように太陽エネルギーモジュールの背面に設置しても影響を与えない。
【0013】
図1から図3に示すとおり、本考案の接続箱1は以下を含む。
【0014】
絶縁本体10は、横向きに相対する両端に一対の端開口11を設置する。
【0015】
ダイオード20は、該絶縁本体10内に設置する。
【0016】

一対の接続端子30は、該絶縁本体10内に横向きに排列し、該対の接続端子30一端は該ダイオード20と連接し、別端は第一接続部31を備え、各第一接続部31は、それぞれ該対の端開口11に露出し、且つ對接続端子30の適する位置に対して第二接続部32を備える。
【0017】
一対のバネ片40は、絶縁本体10内に設置し、各バネ片40は連接部41と該連接部41から伸びた一対の挟持部42を成形し、該対のバネ片40の連接部41には開孔43を設置する。
【0018】
そのうち,該接続箱1は、太陽エネルギーモジュール5側辺に設置し、図4に示すとおり、一対の導線6及び太陽エネルギーモジュール5の一対の帯状電極51が電気連接する。該太陽エネルギーモジュール5は、複数の太陽エネルギー発電ユニット52を設置し、各太陽エネルギー発電ユニット52の電極は該帯状電極51で接続箱1まで連接する。全体を組み立てる時、該太陽エネルギーモジュールの接続箱1は太陽エネルギーモジュール5側辺に設置し、該絶縁本体10側辺の該対の第二接続部32に相対する箇所に一対の開口12を設置する。該開口12には帯状電極51を挿入し、該対のバネ片40の挟持部42によって該対の接続端子30と該対の帯状電極51を挟持して図2及び図5に示すとおり、電気連接する。更に該対の接続端子の第二接続部32は複数の凹凸歯321を設置し、該開口12箇所には、更に被せ蓋33を設置して各開口12を閉じ、且つ該絶縁本体10と被せ蓋33の間には更に掛合装置を設置する (凹槽91及び凸塊92で相互に掛合する)。
【0019】
他に、一対のコンセント7であるが、該対の導線6を該コンセント7一端に設置し、該対のコンセント7は、絶縁本体10の該対の端開口11箇所にそれぞれ差し込み、図6に示すとおり、更に該絶縁本体10とコンセント7間には更に掛合装置 (凹槽91及び凸塊92を相互に掛合してもよい)を設置し、該対の接続端子30の第一接続部31を該対の導線6と電気連接し、該接続箱1を該対の導線6及び該対の帯状電極51の電気連接で構成する。勿論、図4の実施例に示すとおり、該太陽エネルギーモジュールの各太陽エネルギー発電ユニット21は、複数の対の帯状電極51及び複数の接続箱1を直列連接したり、または導線6で串接その他の太陽エネルギー板モジュール5を直列連接したり、図7に示すとおり、消費電力負荷物100へ出力したりしてもよい。
【0020】
更に複数個の溶接材8を含み、それを該導電端子の第二接続部32に設置し、図5に示すとおり、該バネ片40、該第二接続部32と該帯状電極51によって溶接して電気連接する。
【0021】
本考案の接続箱は、太陽エネルギーモジュール側辺に設置し、該太陽エネルギーモジュール背面使用空間に影響を与えず、該太陽エネルギーモジュールを異なる物品上に設置し、組立の便利性及び実用性を高める。更に本考案の導線は、コンセント構造によって簡単に差し込むだけで、電気連接する。
【0022】
上述のとおり、本考案は、実行可能な太陽エネルギーの接続箱構造を提供し、実用新案登録を申請する。本考案の技術内容及び技術特徴は既に上述のとおりであるが、本領域に習熟した者が本考案の提示に基づき、本考案の精神から乖離しない入替、修飾をするかもしれない。拠って、本考案の保護範囲は、実施例に制限されず、本考案から乖離しない各種入替及び修飾も以下の請求項に含まれるものとする。
【0023】
1 接続箱
10 絶縁本体
11 端開口
12 開口
20 ダイオード
30 接続端子
31 第一接続部
32 第二接続部
321 凹凸歯
33 被せ蓋
40 バネ片
41 連接部
42 挟持部
43 開孔
5 太陽エネルギーモジュール
51 帯状電極
52 太陽エネルギー発電ユニット
6 導線
7 コンセント
8 溶接材
91 凹槽
92 凸塊
100 消費電力負荷物

(57)【要約】

【課題】組立の利便性及び実用性を高める太陽エネルギーの接続箱構造を提供する。【解決手段】太陽エネルギーの接続箱構造は、絶縁本体10、該絶縁本体内に設置するダイオード20、一対の接続端子30及び一対のバネ片40を含む。該対の接続端子の一端は、該ダイオードと連接し、別端は該導線と相互に連接する第一接続部を備え、更に該対のバネ片は挟持部によって該対の接続端子と該対の帯状電極を挟持する。該接続箱は一対の導線及び太陽エネルギーモジュールの一対の帯状電極によって電気連接する。本接続箱は太陽エネルギーモジュール側辺に設置するが、公知の接続箱のように太陽エネルギーモジュールの背面に設置しても影響を与えない。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):